【男子バレーボール】【男子バレーボール】「粘り」のバレーでリーグ2勝目!コンビバレー対決を見事に制す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

秋季関東大学バレーボール1部リーグ 対明大 9月21日 於·小田原アリーナ

◆結果◆

青学大○3ー1●明大

第1セット25-19

第2セット25-21

第3セット23-25

第4セット25-23


◆メンバー◆

1渡辺周馬(済4)
2薬師寺泰介(マ4)
3佐々木拓真(営4)
4横田未毅(教4)
5工藤龍(法1)
6中道紘嵩(営3)
7原口祥大(済3)
8望月祐(済3)
9中西規介(国経3)
10山口真輝(マ3)
11宮崎優希(史2)
12小森山世仁(法2)
13小田島拓也(済2)
14長田康矢(済2)
15青山幹(国経2)
16山本光太(総1)
17今橋祐希(営1)
18山田亜藍(済1)


先週、筑波大と中大相手に好ゲームを演じた青学大。いよいよリーグも中盤に差し掛かる。4戦目は春の1部リーグで3位と好成績を残している明大。実績十分な実力校だ。「安定したレシーブからのコンビバレー」といった青学大と似たバレーをするチームに「負けられない」思いで試合に挑んだ。

試合前整列する選手達

第1セットは青学大持ち味のコンビバレー冴え渡る。小田島のスパイクでブロックアウトを誘うとその後も得点を積み重ねる。セッター望月の巧みなトスから山田や薬師寺が相手のブロックをかわしながらスパイクを決める。攻撃のリズムが噛み合った第1セットは25-19で見事に勝ち取った。

巧みなトスを上げる望月
サーブを打つ薬師寺

第2セットでも青学大のリズムで試合が進んだ。明大のブロックを弾くような強いスパイクで次々とブロックアウトを誘う。守備面ではサーブレシーブ等をしっかり決めしっかりとゲームを運んだ。明大の攻撃を振り切り、第2セットは25-21と2セット目も奪った。

選手を見つめる谷口コーチ

1部上位校明大にも意地があった。トスを広く分散させて青学大のブロックの薄いところに巧みにスパイクを打ち込んでくる。第3セットでは明大に主導権を握られ、追う展開に。それでもベンチからは「踏ん張ろう」と声がかかり選手はくらいついていった。第3セットは23-25と接戦を演じ、相手にプレッシャーを与え続けた。

チームを奮い立てる渡辺主将

そして第4セットでは主将渡辺がブロックを決めて流れを呼び寄せた。山田も持ち前の強いサーブでサービスエースを決め7-3とリードする。そこから常にリードする展開に持ち込む青学大であったが、明大もサイドからのアタックで得点を重ね21-19と迫られる。「ミスをしない」ことを試合前目標にしていた青学大は最後まで渡辺主将中心に粘りきった。

ここぞという場面で流れを呼ぶスパイクを打つ渡辺主将
強いサーブが持ち味の山田
試合に勝利し、喜ぶ選手達

筑波大に続いて格上の相手から勝利を手にし、勢いに乗る青学大。リーグ2週目以降は好ゲームを演じ続けている。渡辺主将は「あくまでチャレンジャー」と謙虚な気持ちで前を見つめた。チャレンジャーとしての思い切りの良いバレーで上位校に立ち向かっていく。(石岡亮)