【硬式野球】【硬式野球】森の2度目の完封勝利で第3戦へと持ち込む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球 秋季2部リーグ 対東農大 第2回戦 9月22日 於・大田スタジアム

◆結果◆
東農大000000000|0
青学大10100000✕|2
◆出場選手◆
1 ニ 山田拓也 東海大相模
2 捕 西川尚希 比叡山
3 遊 泉口友汰     大阪桐蔭
4 三 片山昂星 東海大菅生
5 指 南木寿也 桐蔭学園
6 中 恩地偉仁 桐光学園
7 右 井上大成 日大三
8 一 亀谷昇平 九州国際大付→山中稜真 木更津総合→鈴木蓮夢 常葉菊川
9 左 田窪惇 佼成学園→野口智優 成田→冨樫智也 関東一→山本皓大 敦賀気比
P 森圭名 富山第一

前日東農大に悔しい敗戦を喫した中で迎えた東農大との第2回戦。ここで東農大相手に勝ち点を落とすわけにはいかない。この状況で先発のマウンドには前日に4番手で登板した森が上がった。

前日に続いてマウンドに上がった森

「前日負けて絶対に負けられない試合だったので思い切り腕を振って完封してやろうという思いでマウンドに上がった」という森は試合前半は毎回ランナーを出すも要所を締めるピッチングでスコアボードにゼロを並べた。「序盤にペースを上げた」と話す森の球速は最速で140㌔後半をマークした。後半以降はペース配分を意識したピッチングで東農大打線を打ち取った。

森の好投に応えたい打線は1回裏、1番の山田と3番泉口のヒットでチャンスをつくると4番片山が左中間深くに犠牲フライを放ち先制点。

犠牲フライを放つ片山

さらに、3回裏、好調の泉口がセンター前ヒットで出塁すると、2アウト1塁から南木の大きなフライを東農大のライトが落球、2点目をもぎ取る。

ライトのエラーで三塁まで到達した南木

6、7、8回を三者凡退に抑えた森だが9回に制球が乱れる。先頭の東農大の4番若林にフォアボールで出塁を許すと続いて5番昆野にセンター前にはじき返される。ここで安藤監督がマウンドへ。「気合入れていけ」と伝えられた森は7番相川から三振を奪い、最後は8番白石を打ち取り試合を締めた。

「気合入れていけ」と声をかけた安藤監督
完封勝利し、ハイタッチを交わす西川主将(左)と森

 

東農大との第2戦を勝利し、翌日の第3戦へと持ち込んだ青学大。安藤監督は「明日勝ってこそ本当の意味がある。選手にはっぱかけていきたい」と意気込んだ。勝ち点獲得へ。絶対に負けられない第3戦へと挑む。(石岡亮)