【硬式野球】【硬式野球】森が3試合連続完封で3勝目!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球 秋季2部リーグ 対拓大 第1回戦 10月2日 於・大田スタジアム

◆結果◆
青学大1001 0000|2
拓     大 00000000|0
◆出場選手◆
1 ニ 山田拓也 東海大相模
2 捕 西川尚希 比叡山
3 三 片山昴星 東海大菅生
4 遊 泉口友汰  大阪桐蔭
5 中 恩地偉人 桐光学園
6 右 井上大成 日大三
7 指 南木寿也 桐蔭学園
8 左 山本皓大 敦賀気比
9 一 亀谷昇平 九州国際大付
P 森圭名 富山第一

前節の東農大戦で勝ち点を落とし、絶対に負けられない状況に追い込まれた青学大。迎えた今日の拓大戦では2年生の森が先発し、今季3回目の完封勝利を果たした。打っては同じく2年生の井上がタイムリーを放つなど2得点。2年生コンビの活躍で、1部昇格へ向けて絶対に落とせないカードの初戦を白星で飾った。

試合後に整列する青学ナイン

試合は初回から動く。一死から2番の西川尚希主将がレフト前ヒットで出塁すると、3番片山もライト前ヒットでチャンスを拡大する。続く4番泉口の打席で、変化球がワンバウンドした。ここで二塁走者の西川尚は、「相手捕手がボールを見失っている」と判断して三塁へ進塁。「脚には自信がないですが、集中していたので」と好走塁を振り返った。
その後相手投手の一塁牽制が悪送球となり西川尚が生還。幸先よく先制点を奪った。

先発の森はここまで2試合連続完封で未だ自責点ゼロ。今日も「良い準備ができた状態でマウンドに上がることができた」と、最速149キロをマークするなど、自慢の直球が唸りを上げる。しかし意識したのはコントロールだった。打順にかかわらず、ストライク先行の投球を続け淡々とアウトを積み重ねた。

先発の森。初回に最速149㌔をマークするも「制球重視の投球」で試合を作った。

森の好投を援護したい打線は4回に繋がりを見せる。5番恩地が一塁線を破るツーベースで出塁すると、6番井上が一二塁間をしぶとく破るタイムリーを放つ。井上は「打ったのはカウントを取りに来たフォーク。恩地さんは足が速いので、単打でもホームに帰ってきてくれると思っていた。当たりは良くなかったが狙い通り打てて良かった」と笑顔で打席を振り返った。今日の試合を終えて、井上の打率.529、打点7はリーグトップ。2年前U‐ 18日本代表として活躍したスラッガーが、ついに覚醒しつつある。

2点目となるタイムリーを放つ井上
井上のタイムリーで生還する恩地

その後は両校の先発が好投し、試合は投手戦の様相を呈する。森は6回以降も140キロ台中盤の直球を軸に、拓大打線を寄せ付けない。走者を背負っても制球が乱れる事はなく、危なげない投球で今季3回目の完封勝利。27イニング連続自責点0という記録も継続中で、試合後は「次も完封します!」と意気込んだ。
(海野大輔)

9回のマウンドで力投する森。3試合連続完封で3勝目を手に入れた