【硬式野球】【硬式野球】初回の4点守り切り首位浮上!!森が粘投で5勝目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球 秋季2部リーグ 対日大 第3回戦 10月10日 於・大和スタジアム

◆結果◆
青学大40000000|4
日 大10000110|3

◆出場選手◆
1 左 山本皓大 敦賀気比
2 捕 西川尚希 比叡山
3 遊 泉口友汰  大阪桐蔭
4 三 片山昴星 東海大菅生
5 中 恩地偉仁 桐光学園
6 右 井上大成 日大三
7 指 南木寿也 桐蔭学園
8 二 山田拓也 東海大相模
9 一 亀谷昇平 九州国際大付→鈴木蓮夢 常葉菊川
P 森圭名 富山第一

優勝へ向けて絶対に落とせない一戦。息の詰まる接戦を制したのは青学大だった。初回に打線が繋がり4点を先取するが、その後は日大投手陣の前に沈黙。それでも先発の森が初回の4点を守り切った。これで青学大が単独首位。2部優勝、入れ替え戦進出に向けて前進した。

試合は初回から動く。日大先発の山本龍之介を捉えた青学大打線は2番西川尚希のライト前ヒット、3番泉口の左中間への2塁打でチャンスをつくると、4番片山がバットを折りながらも1,2塁間を破る先制のタイムリーを放つ。「しっかりと振り切ったから抜けた。気持ちの部分が勝った」と、4番の仕事をしっかりと果たした。続いて、井上のタイムリー、山田拓也のタイムリーエラーで初回から打者一順の猛攻で一挙4点を先取する。

バットを折りながらもタイムリーを放つ片山
2点目となる犠牲フライを放つ恩地

中1日でマウンドに上がった先発の森は「この秋で一番調子が良くなかった」。150キロに迫る速球も鳴りを潜め、厳しい状態での投球になったが、ここで崩れないのが森。試合前には西川主将と「中1日で調子が上がらないと思うので変化球をうまく使おう」と相談していた。初回に1点を失うが、「打たせていこう」と、普段の投球とは異なるスタイルで強力日大打線を抑える。ランナーを出す回も多かったが、冷静沈着な投球で5回を1失点にまとめ、先発の仕事を十分の果たす。

先発の森は9回3失点で完投勝利

好投の森を援護したい打線だったが、日大投手陣の小刻みな継投に翻弄される。好機を作るが、あと一本が出ずに試合の流れは徐々に日大へと傾いていく。

すると6回、ここまで粘投を続けてきた森がついに日大打線に捕まる。一死二塁から、代打の古谷にタイムリーを浴び1失点。さらに7回にも二死から失点し、1点差に迫られる。

しかし森に「焦りはなかった」。8回、先頭打者のショートゴロはアウトに見えたが、判定はセーフ。そのランナーが二塁に進み、一打同点のピンチを背負うが、ここ一番で気迫の投球を見せ後続を絶った。9回も勢いそのままに日大打線をねじ伏せた。最後の打者を抑えると、普段は冷静な森がどうだとばかりに吠えた。

試合終了後に吠える森

首位攻防戦なだけに、両校の選手がヒートアップし、異様な雰囲気の中で行われた今日の一戦。冷静にチームと森をリードした西川主将は「しんどい試合だったけど勝てたことは良かった」と安堵の表情を見せた。

安藤監督は「勝てましたけど、試合の内容は昨日の方が良かった。ここは通過点なので、次の専大戦にむけて良い準備をしたい」と早くも次を見据えている。(石岡亮、海野大輔)