【レスリング】【レスリング】木村が2年連続の3位入賞!全日本女子オープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

全日本女子オープン選手権 10月20日 於・焼津市総合体育館

◆結果◆

〈シニアの部〉

50㌔級 永尾さくら(済2)1回戦敗退
50㌔級 澤田千優(総4) 2回戦敗退
65㌔級 木村夕貴(済4) 3位

 

長谷川恒平監督の地元である静岡県焼津市で行われた今大会。青学大からは3選手が出場し、木村が昨年度に続く3位入賞を果たした。

 

50㌔級に出場したのは永尾と澤田。

1回戦に出場した永尾だが、相手の猛攻を前に為す術なく、1Pで無念のTフォール負けを喫した。

 

昨年度3位の澤田は1回戦シードで迎えた2回戦は、昨年度の準決勝で敗れた埼玉栄高の後輩・中村(Sports Design Lab)と激突。相手の巧みな攻撃に翻弄され、得点を重ねられる。まずはひとつポイントを取りたいところだったが、反撃の糸口を見つけられず無得点のままTフォール負けとなり、昨年度の雪辱は果たせなかった。

 

65㌔級の木村は2回戦からの登場。
テイクダウンで先手を取るも、パッシブで1点差に詰め寄られる。追加点は奪えなかったがそのまま逃げ切り準決勝へ。
準決勝では積極的に前へ出てくる相手に苦戦を強いられる。カウンターから2ポイントを先取するが、グランドでもつれ相手に逆転を許す。押さえ込まれフォールとなり決勝進出とはならなかった。

 

少ない人数で挑んだ大会だったが、満足の行く結果とはならなかった。
残り少ないシーズンを悔いなく送るため、日々鍛練に励む。

(文・写真=長尾凜)

 

~以下、選手インタビュー~

木村選手

ー大会総括
組み合わせがよかったというのはあるんですけど、1試合目も2試合目も自分のやりたいことが出せなかったので、反省点の方が多く残りました。
ー初戦は追われる時間が長かったが
1点差で追われてるときとかは時間が経つのが遅く感じて苦手なんですけど、(ポイントを)やっちゃいけないという気持ちも強かったし、取られる感じもしなかったので、自分の攻めで追加点を取りに行けたらもっとよかったのかなと思います。
ー準決勝では先制するもフォール負けを喫したが
相手の攻めを受けてから防御で取るって感じだったので、自分の技で攻めて点をとって行けたらよかったかなと思います。2回目アタックされたときは防御もうまくいかなくてフォールまで持ってかれてしまったので、そこも直していかないといけないなと思います。
ー今後へ向けて
出るとしたら天皇杯なので、悔いの残らないように戦いたいと思います。