【硬式野球】【硬式野球】4年生の意地!因縁の相手専大から逆転勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球 秋季2部リーグ 対専大 第2回戦 10月24日 於・サーティーフォー相模原球場
◆結果◆
青学大000011200|4
専 大010010000|2
◆出場選手◆
1 左 山本皓大 敦賀気比
2 捕 西川尚希 比叡山
3 遊 泉口友汰 大阪桐蔭
4 三 片山昴星 東海大菅生
5 中 恩地偉仁 桐光学園
6 右 井上大成 日大三
7 指 南木寿也 桐蔭学園
8 二 山田拓也 東海大相模
9 一 亀谷昇平 九州国際大付
P 仲澤龍良 成田→佐藤和希 大分舞鶴

専大との第1回戦に敗れ、後がない状況となった青学大。因縁の専大相手に接戦を演じたものの投手陣の粘り強いピッチングと少ないチャンスをものにした打線の活躍で2戦目を勝利で飾った。

先発の仲澤は持ち前のテンポのよいピッチングで初回を無失点に抑えるが、2回に2死1塁からセンター前にヒットを浴びる。センター恩地が好返球を魅せるが、クロスプレーで西川主将が落球し、先制点を献上する。しかし、その後は仲澤は落ち着いたピッチングで強力な専大打線に流れを渡さない。5回にも連打を浴び1点を失うも、5イニングを投げて2失点と先発の役割を果たし、チームによい流れをもたらす。

先発の仲澤は2失点はしたもののチームに良い流れをもたらすピッチングをした
クロスプレーがセーフになり先制点を献上した

ここ最近繋がりを魅せる青学大打線も力を発揮する。5回に5番恩地がレフトへの二塁打で出塁すると、7番南木がレフト線へのタイムリーヒット、そして6回にも片山のタイムリーが飛び出し2−2と同点に追いつく。

同点のタイムリーを放つ南木
この日もタイムリーを放った片山

好投していた仲澤に代わり、6回からは佐藤がマウンドに上がった。「なんとしてでも流れを持ってきたい。」という気持ちでマウンドに上がった佐藤は6回以降低めにボールを集め相手打線を打ちとった。

6回からマウンドに上がった佐藤は今リーグ1番の好投を魅せた

そして7回、2死走者無しから亀谷がエラーで出塁すると1番山本皓大が完璧な当たりでライトスタンドにホームランを放つ。「インコースを狙っていた、自分でもびっくりするような当たりだった」と頼れる4年生のバットで貴重な勝ち越し点をもぎとった。

ホームランを放ちガッツポーズの山本皓大

佐藤は残りのイニングはランナーを許しても、危なげないピッチングで相手打線に空きを与えなかった。「4年生と1日でも長く野球がやりたい、その気持ちが今日のボールに現れた」と、最終回は連続三振を奪うなど三者凡退に抑え、勝利を呼び込んだ。

最終回を抑え笑顔を見せる佐藤

因縁の相手専大からようやく白星を飾ることができた青学大は2部優勝に1歩前進した。安藤監督は「4年生の意地を感じた、そういった意味で良いゲームだった」と喜びを噛み締めた。

専大との第3戦、勝利してリーグ戦を終えたいところだ

西川主将は「接戦をものにできたのが良かった。今日の試合は第3戦に繋がる良いゲームがだった」と振り返った。青学大が長い間苦しめられてきた専大から貴重な1勝をもぎとったこの試合はチームにとって大きなプラスになるはずだ。2部優勝に向けて、次の専大との第3回戦を勝利し、勝ち点を取って入れ替え戦へと持ち込みたいところだ。(石岡亮)