【硬式野球】【硬式野球】専大から勝ち点を落とし、2部優勝ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球 秋季2部リーグ 対専大 第3回戦 10月30日 於・上尾市民球場
◆結果◆
専 大000000002|2
青学大000000000|0
◆出場選手◆
1 左 山本皓大 敦賀気比
2 捕 西川尚希 比叡山
3 遊 泉口友汰 大阪桐蔭
4 三 片山昴星 東海大菅生
5 中 恩地偉仁 桐光学園
6 右 井上大成 日大三
7 指 南木寿也 桐蔭学園→鈴木蓮夢 常葉菊川
8 二 山田拓也 東海大相模
9 一 亀谷昇平 九州国際大付
P 森圭名 富山第一→佐藤和希 大分舞鶴

勝てば2部優勝が決まる最終戦、息詰まる投手戦となったが、最終回に痛恨の2失点。これが決勝点となり、黒星。そして専大から勝ち点を落とす結果となった。

この重要な1戦の先発を託されたのは防御率、勝数ともにリーグトップを誇る森。前回の登板で思うような投球ができなかった森だが、この試合では中盤まで本来の実力を取り戻しスコアボードに次々とゼロを並べていく。

力投する森

援護したい打線だが、専大の投手陣の前にチャンスをつくることができない。5回までにヒット1本に抑え込まれ、流れを掴めないまま中盤まで試合が進む。

7回裏にようやく青学大にチャンスが訪れる。先頭の恩地がエラーで出塁すると続く井上がライト前ヒット、さらに送りバントと山田の申告敬遠で1死満塁とする。しかし、亀谷、山本皓大が連続三振に倒れ、チャンスをものにできなかった。

ヒットを放つ井上

悪い流れで迎えた8回。森は指のけがの影響で制球が定まらない。先頭を四球で歩かせると、ワイルドピッチなどで1死満塁のピンチを背負う。ここで治療のため一度ベンチに下がるが、戻ってきた森は連続三振を奪い無失点で切り抜けた。

連続三振を奪いベンチに戻る森

しかし、最終回の守備、先頭の3番今里にヒットを打たれ、さらに4番火ノ浦に四球を許し、送りバントで1死2,3塁のピンチを招くと、6番岡本にライトに犠牲フライを許す。さらに6番池間にもタイムリーを浴び2点目を奪われる。今大会堂々としたピッチングをしてきた森も悔しさが全面に出ていた。

犠牲フライで生還され、先制点を奪われた
専大の池間にタイムリーを浴び、森の悔しさが前面に現れた

ここで、森はマウンドを降り、残りの打者は佐藤が三振にとった。しかし、裏の攻撃は三者凡退に倒れ試合終了。今リーグも専大から勝ち点を奪うことはできなかった。

最後の打者となった鈴木

この試合後に行われた日大対拓大の結果次第では2部優勝の可能性があった青学大だが、拓大が勝利したため2部優勝は拓大となり、悲願の1部昇格を今期果たすことはできなかった。

優勝を決めた瞬間の拓大、多田
拓大が入れ替え戦への切符を手にした

試合後、西川尚主将は「7回のチャンスをものにできず、相手に流れがいってしまった。自分もミスをしてしまい主将の役割を果たせなかった。これが2部にいる今の青学の弱さだとおもう。後輩にはこういうチームにならないようにやってほしい」と話した。

春、秋とあと1勝のところで2部優勝、そして1部昇格を逃すこととなった。これが戦国東都の厳しさであることを痛感したことは間違いないはずだ。来年、この悔しさを晴らし1部へと這い上がる新しい青学大に期待したい。(石岡亮)