【陸上競技】【陸上競技】箱根駅伝3年ぶりの往路優勝!王座奪還へ王手!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走 1月2日~3日 於・東京・読売新聞社前~箱根・芦ノ湖間

◆結果◆

往路

優勝 青学大 5:21:17(=往路新)

1区 𠮷田圭太(地3) 1:01:31 区間7位
2区 岸本大紀(社1) 1:07:03 区間5位
3区 鈴木塁人(総4) 1:01:32 区間4位
4区 吉田祐也(教4)1:00:30  区間賞・区間新
5区 飯田貴之(総2)1:10:40  区間2位・区間新

 

 

青学大が3年ぶりの往路優勝を果たした。これまでの大会記録を5分以上縮め、5時間21分17秒の往路新記録を樹立。

出雲駅伝5位、全日本大学駅伝2位と、あと一歩のところで涙をのんできたチームが悔しさをバネに変貌を遂げた。

 

 

1区

〈写真提供=青山学院大学新聞〉

 

当日変更で1区にエントリーされたのはエース𠮷田圭太。原監督から12月の時点で1区と言われていたという。

スタート後、勢いよく飛び出した𠮷田は集団の先頭で落ち着いた入りを見せる。西山(東洋大)、鬼塚(東海大)と共に集団を引っ張る展開になり、昨年よりも30~40秒ほど速いペースでレースが進む。10㌔付近では2年連続の区間賞の西山らが遅れをとるなど集団が減る中で、𠮷田は確実に先頭集団を守る。六郷橋に差し掛かり集団がスパートを仕掛けると、𠮷田も食らいつく。19㌔付近で藤木(国学大)が前に出ると先頭集団から少し遅れる。それでも懸命な走りを見せ7位、トップとの差17秒で岸本に襷をつないだ。

 

2区

(中央=岸本)

2区を任されたのはスーパールーキー岸本。襷を受け取ると、快調の走りでスピードに乗り、2.5㌔付近で先頭集団に追いつく。集団走が続き、権太坂で土方(國學大)や太田(早大)がペースを上げる中、岸本は遅れることなく集団後方につき落ち着いた表情で好機をうかがう。
驚異的なスパートを見せたのはラスト500㍍。「余裕もあり、これはいけるな、と思った」という岸本は、最後の上り坂で一気にスピードを上げ先頭に立つ。塩澤(東海大)らを振り払い、集団を飛び出した勢いそのままに笑顔で戸塚中継所へ飛び込み、キャプテンの鈴木に襷を託した。
エースが集う花の2区、坂を味方につけた岸本は、1年生日本人歴代1位の好記録をマーク。期待に応える走りでチームへ良い流れを引き寄せた。

 

3区

3区トップで岸本から襷を受け走り出した鈴木主将。去年は10区を任され、笑顔でゴールテープを切ったものの悔しさが残った。「僕がアンカーを走って負けて、本当に悔しい思いで始まった1年間だった」と語る鈴木にとってこの箱根駅伝には強い思いがある。5㌔地点で、1秒差で襷渡しをして並走していた早大を突き放し、首位に返り咲く。徐々に迫ってくるヴィンセント(東国大)に11㌔で追いつかれ、首位を譲る。18㌔地点では國學院大に一時は抜かされるものの、4年生の意地をみせ突き放す。トップと1分21秒差で2位で襷を吉田祐に渡す。3位の國學院大とは1分26秒差をつける。

 

4区

笑顔のタスキリレーでスタートした4区。これまで「11番目の選手」だった吉田祐也にとって、今回が最初で最後の箱根駅伝だ。

3㌔地点で中西(国学大)に後ろにつかれるも、6㌔過ぎには突き放す。同時にトップ東国大との差もじりじり詰め、9㌔地点(二宮)ではタイム差を33秒まで縮めた。給水では笑顔をみせ、その後はしっかりと前を見据えてひたひたと走る。12㌔過ぎ、ついに佐伯(東国大)の姿を捉えると、14㌔で首位に躍り出る。昨年度の相澤(東洋大)の区間記録を上回るペースをきざみ、原監督の「区間新出るよ!」という声掛けにも右手をあげて応えた。そのままペースを落とさず、襷を掲げて笑顔で中継所へ。2位に1分2秒の差をつけて、後輩の飯田に託した。

「この1時間のために10年頑張ってきた」という吉田は、区間新記録と区間賞で往路優勝に大きく貢献した。まさに競技生活の締めくくりにふさわしい、有終の美を飾った。

 

5区

吉田祐也から襷を受け取ったのは2年生の飯田。「最初の1キロは速く入ってしまった」と振り返ったが、序盤から力強く足を進める。後ろから浦野(国学大)が逆転を狙う中でも、飯田の走りはぶれない。

「入り、けっこう速く入ってしまうけれどそのまま山上れるから、のびのび走ってこい」。昨年5区を務めた竹石からのアドバイスが飯田を支えた。飯田は最後まで自分のリズムを貫き、堂々のフィニッシュ。雄叫びをあげながら往路優勝のゴールテープを切った。

 

 

3年ぶりに往路を制した青学大。2位との差は1分33秒。虎視眈々と逆転を狙うライバルたちを振り抜き、王座奪還なるか。「やっぱり強い」青学に期待がかかる。

 

(記事=1区・石岡亮/2区・山本路葉/3区・川上紗英/4区・圷彩那/5区・大澤美久)