【アメリカンフットボール】「劇場型フットボール」を支えた田中大誠は縁の下の力持ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

ライトニングのDB田中大誠の持ち味は視野の広さだ。周りのことをよく考えた行動やプレーでチームを支えてきた。

「劇場型フットボール」を信じて

2019年12月15日に行われた成蹊大との入れ替え戦。青学大は試合序盤で成蹊大にタッチダウンを献上。リードを許す展開となった。それでも、オフェンス陣はランプレーで必死に食らいつき、山田健士郎のフィールドゴール、川畑慶太のタッチダウンで反撃。4点差で前半を折り返した。

劣勢だった前半、DB田中は焦りを感じながらも「どこかでいけるだろうと思った」と語る。「代々青学は『劇場型フットボール』。やられて最後に盛り返すというのがあった」。前半の最後に得点を決めたため、試合の流れは成蹊大から青学大に傾いていた。だが、まだまだ勝負は後半から。クオータータイムで集中力を切らさないよう、田中は「まだ負けてるから」と声をかけ、チームを鼓舞した。

後半、青学大は粘りを見せた。ディフェンスは最後まで相手を完封。オフェンスはランプレーを展開しファーストダウンを着実に更新。そして第4Q、フィールドゴールで逆転に成功し、ライトニングはBIG8残留を決めた。見事「劇場型フットボール」を体現したのだ。

チームメイトと喜びあう

BIG8での戦い、残留に田中のフォローやプレーは不可欠だっただろう。田中は自分たちのチームを「盛り上がりに左右される」と分析。テンションが常に良い方向に向くようにサイドラインから声を出し続けたという。フィールド上では派手なプレーだけでなく泥臭いディフェンスをしっかりとこなした。そんな田中はライトニングの縁の下の力持ちといえよう。

チームを盛り上げる
タックルを決める田中

アメフト愛でチャンスをものに

田中のポジションはDBだが、実は入部当初はQBだった。「(QBは)自分の能力に合わない」とDBに移った。だが、田中と同期のDBには経験者が多く、大学からアメフトをはじめた田中には厳しい部分もあった。

「自分にプレッシャーかけないと(試合に)出場できないまま終わってしまうとずっと思っていた」。だが、それは杞憂に終わった。田中は多くの試合に出場し、チームに貢献。ディフェンスの中心メンバーとなった。

「アメフト好きなやつが一番アメフト強くなれると思う。楽しんだ者勝ちという風にずっと4年間楽しんでやってきた」。純粋にアメフトを愛する心を忘れなかった田中はチャンスを自らものにした。

「来年から厳しい戦いになるが、頑張って」と後輩にエールを送る

アメフトへの愛とチームを信じる心が縁の下の力持ち・田中を4年間突き動かした。

(記事=大澤実玖)