【男子バスケットボール】【バスケットボール】中大を下し、見事ベスト8入り!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第55回関東大学バスケットボール新人戦 於代々木第二体育館
◆結果◆
青学大○80-68●中大
1P 24-14
2P 15-24
3P 17-13
4P 24-11

◆スターティングメンバー◆
#2 日野翔太(法2)
#4 戸田晃輔(国1)
#8 時田康佑(国2)
#10 高橋浩平(総1)
#32 前田悟(総1)

勝てばベスト8という大事な試合。中大は関東大学選手権で敗北している相手だ。第1ピリオドでは2桁リードを奪うも、第2ピリオドでは追い上げられ苦しい展開に。しかし、第3ピリオドで点差を広げると、第4ピリオドでは流れを掴み、18点差での白星をあげた。今回は新人戦チームでの試合ではあったが、見事雪辱を果たした。

第1ピリオド、序盤は#2日野と#8時田の3Pシュートで得点を重ねる。中盤からターンオーバーで中大にチャンスを与えてしまう場面が増えるも、24-14と10点差をつけ第1ピリオドを終える。

20150611 戸田晃輔

第2ピリオド、転倒した#8時田のボールを受け取った#32前田が、そのまま3Pシュートを決め会場を沸かす。1年生同士の連携もうまくいき、着実に加点していく。しかし中大の追い上げに中盤から押され始め、残り2分を切り、中大の2連続3Pシュートで逆転を許す。終了間際に#2日野がボールを押し込み、39-38となんとかリードを奪い、前半を終える。

20150611 前田

第3ピリオド、#2日野、そして#8時田の2連続シュートによって、中大に攻撃する間を与えない。しかし中大も食らいつき、2点差まで迫られた青学大はタイムアウトで悪い流れを断ち切る。その後は勢いを取り戻し始め、56-51と点差を広げ、最終ピリオドへ。

20150611 日野

第4ピリオド、序盤から積極的なプレーが目立つ。とにかく走る青学大。主導権を完全に握った。#32前田、#2日野、#10高橋が確実にシュートを沈め、得点を重ねていき、80-62と勝利。見事にベスト8入りを果たした。

20150611 高橋

着実に勝利を重ね、成長を見せる新人戦チーム。明日も勝利を手にし、ベスト4進出を目指す。(大澤佳奈)