【女子ラクロス】【女子ラクロス】リーグ開幕 早大相手に引き分ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東学生リーグ1部Aブロック 対早大 於フクダ電子スクエア

◆結果◆
青学大2-2早大

前半1-1
後半1-1

昨年入替戦に勝利し1部に昇格した青学大。今年は「誓」をチームスローガンに掲げる。夏合宿を経て挑んだ初戦の相手は早大だ。

女子ラクロス1 8.14

青学大ボールからスタートし、序盤からせめて行く。試合が始まり5分が経ったころ、ファールをもらった青学大は古澤愛梨(4年)のゴールで先制に成功。仲西麗(4年)がシュートを放つなどチャンスは続く。しかし、なかなか得点できない。タイムアウトの後、早大の猛攻にあい1点を失ってしまう。その後も青学大にとって苦しい時間が続くがゴーリーをはじめとしたディフェンス陣の粘りにより前半を同点で終えた。

女子ラクロス2 8.14

後半が始まり早大のシュートをゴーリーの横川奈々(3年)が好セーブした後、新保美南(4年)からのパスに反応した岩部香(3年)がシュートを 決め2-1とリードする。その後も青学大は追加点を狙い積極的にせめる。しかし追加点は奪えず、試合も終盤に。残り3分となったころにはお互い一歩もひかず攻守ともに激しさは増していく。青学大はその中でもなんとか失点を防いでいく。ところが勝利が見えた残り30秒、早大にゴールを決められ引き分けに。その後もあきらめずゴールを目指した青学大だったが得点は奪えず引き分けのまま試合終了となった。

女子ラクロス3 8.14

初戦を惜しくも勝利で飾れなかった青学大。しかし、負けたわけではないとチームは前を向いている。日本一を目指してたたかっていく。(舟橋冴香)

古澤愛梨主将のコメント
・今日の試合を振り返って
自分たちが最後まで勝ってたんですけど自分たちの最後の詰めの甘さで負けてしまったなと思っていてただ、初戦でこういう思いができたので次の試合では絶対修正して徐々にチームを仕上げていきたいなと思います。
・夏合宿の練習
早稲田のスカウティングを元に早稲田がこうしてくるだろうと予想しながら練習していました。その練習が活かせたところは活かせましたが、自分たちの最後に1点決められてしまったように精度が甘かった部分があったので、自分たちが確認していたところの精度をもう少しあげていければなと思います。
・自身のゴールについて
最初から今日は先制点を狙おうと思っていて強い気持ちでゴールに向かってファールもらってシュートを決められたのでチームを少しでも引っ張れたかなと思います。
・次の試合に向けて
今日の悔しさをバネに絶対に圧勝したいと思います。