【男子バスケットボール】【バスケットボール】白鴎大に勝利!リーグ3勝目を飾る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第91回関東大学バスケットボールリーグ戦 於国士大多摩キャンパス
◆結果◆
青学大○66-51●白鴎大
1P 20-12
2P 19-7
3P 14-16
4P 13-16

◆スターティングメンバー◆
#18 笠井康平(社4)
#11 田中光(国4)
#21 石黒岳(国3)
#24 安藤周人(総3)
#32 前田悟(総1)

2勝4敗で8位に落ち込んでいた青学大。前回の明大戦で大敗し、今回こそ白星を勝ち取りたいところだ。
白鴎大との対戦は、第1ピリオドから青学大がリードを奪う。後半に相手の追い上げにあうが、そのまま逃げ切り、66-51で見事勝利を収めた。

第1ピリオド、序盤は互いに追いつき追いつかれの展開となる。苦しい状況だったが、#24安藤の3Pシュートで青学大が一歩前に出ると、#10高橋浩平(総1)を中心にシュートを決め、20-12でリードする。

20150926高橋

第2ピリオド、#11田中が青学大に流れを呼び寄せ、チームが勢いづく。白鴎大はすかさずタイムアウト。しかしその後も青学大が得点を重ね、堅いディフェンスで相手を一桁得点に抑える。39-19とリードを広げる

20150926木田

第3ピリオド、序盤から青学大が連続得点で流れを掌握する。白鴎大も黙ってはいない。3Pシュートやバスケットカウントなどで追い上げ、青学大にも攻めきれなさが表れる。残り1分切ったところで#18笠井、#11田中の4年生のシュートで点差を保ったまま、53-35で最終ピリオドへ。

20150926笠井

第4ピリオド、青学大の堅守速攻で、白鴎大の食らいつきも振り切る。終盤からは下級生も試合に出場して経験を積ませる余裕も見せる。66-51でリーグ3勝目を収めた。

20150926石井

少しでも上位に行くためには負けられない。明日の慶大戦もこの勢いで勝利したい。(大澤佳奈)

廣瀬ヘッドコーチコメント
「(今日の試合を振り返って)攻撃力が不足しているが、その分ディフェンスはよく頑張ったと思います。(切り替えは)自分たちがやってきたことをしっかりやろう、難しいことではなくシンプルなことをやろうということで、特にディフェンス。オフェンスも今外打ちになっているからもう少し中使おうよというところくらいですね。(明日の慶大戦に向けて)慶大は粘りがあるチームなので、こちらも粘り強くディフェンスから頑張っていきたいと思います。」

笠井主将コメント
「(今日の試合を振り返って)良い時間帯は、リバウンドとディフェンス頑張っていて流れが作れたので良かったと思うんですけど、途中集中力が切れる場面もあったので、そこは修正していかないと強いチームには勝ちきれないと思います。(切り替えは)明大戦は気持ちと体が全然マッチしていなくて、空回りしていた部分もあったし、気持ちが入っていない部分もあったので、もう一回相手のことより自分たちのことを考えてやろうということでディフェンスを頑張って今日の結果になったのは良かったと思います。(アシストなどで勝利に貢献したが、どのような気持ちで試合に臨んだか)周りが焦っても最後自分が何かやればいいというくらいの余裕を持って、ここ最近の試合は挑もうと思っていて、今日はしっかり見える部分は見えていたし、シュート打たなければいけないところは打てたので、そこは続けていければなと思います。(慶大戦に向けて)上位に行くためには負けられないし、負けたら入替戦の可能性も出ると思うので、とにかく内容より結果にこだわって、勝つことを前提に、その中でディフェンス頑張ってリバウンドとって走る、ということをやれば点差は開いていくと思います。今日のようにディフェンスを頑張りたいと思います。」