【男子バスケットボール】【バスケットボール】流れをつかめず、筑波大に敗戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第90回関東大学バスケットボールリーグ戦 於日体大世田谷キャンパス

◆結果◆
青学大●67-80○筑波大
1P 12-20
2P 12-29
3P 17-11
4P 26-20

◆スターティングメンバー◆
#5 高橋貴大(法4)
#7 野本建吾(総4)
#9 安藤周人(総2)
#11 田中光(国3)
#13 鵤誠司(総3)

筑波大との対戦。序盤から相手の堅いディフェンスによりなかなか得点を取ることができず、第1、2ピリオドを終える。第3、4ピリオドでは、青学大のペースを掴む場面はあったものの大きく離れてしまった点差を縮める事はできず、悔しい敗北となった。

第1ピリオド、#5高橋の3Pシュートで試合が始まる。#7野本のドライブで攻撃を展開したいところではあったが、筑波大の好守によりシュートまでつなげる事が出来ず12-20と8点のリードを許し第1ピリオド終了。

IMG_2176%E2%91%A1.jpg

第2ピリオド、リバウンドから速攻を決められ相手のペースで時間が流れていく。青学大は足を使ったディフェンスを見せるが、筑波大の息の合ったプレーにより24-49と大きくリードを広げられ前半を終えた。

IMG_2260%E2%91%A12%E3%83%94%E3%83%AA.jpg

第3ピリオド、果敢なドライブやリバウンドを続け良い出だしを切る。#8時田康佑(国1)や#18笠井康平(社3)のシュートにより点差を縮めたが、依然流れは筑波大のまま。41-60で最終ピリオドを迎えた。

IMG_2655%E2%91%A1%EF%BC%93%E3%83%94%E3%83%AA.jpg

第4ピリオド、追い上げを図りたい青学大は連携したディフェンスから相手のミスを誘う。#9安藤、#8時田らがシュートを決めるも大きく開いた点差を埋める事はできず、67-80で敗戦した。

IMG_2659%E2%91%A1%EF%BC%94%E3%83%94%E3%83%AA.jpg

先日の慶大戦に続き連敗の青学大。悔しい結果から見えてきた反省点を改善し、青学らしいバスケで残りの試合に挑む。