【ラグビー】【ラグビー】関東大学対抗戦、立教大に快勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学対抗戦Aグループ 対 立教大 於 ニッパツ三ツ沢球技場
◆結果◆
青学大◯42-0●立教大
前半(12-0)
後半(30-0)

◆スターティングメンバー◆
#1PR 小原洋
#2HO 大石紘輝
#3PR 鈴木健也
#4LO 安東大揮
#5LO 遠藤孝一郎
#6FL 森篤嗣
#7FL 崔玄祺
#8No.8 佐々木岳大
#9SH 高橋敏也
#10SO 岩満亮
#11WTB 向井誠
#12CTB 高野祥太
#13CTB 長岡聖史
#14WTB 越智拓哉
#15FB 高野恭二

◆リザーブ◆
#16清原拓哉
#17猪飼惇
#18増田潤
#19谷頭智也
#20宮川修二郎
#21古賀駿汰
#22森田健仁
#23澤田康一郎

◆交代◆
#8佐々木→#20宮川(後半17分)
#13長岡→#23澤田(後半17分)
#1小原→#16清原(後半23分)
#2大石→#17猪飼(後半23分)
#3鈴木→#18増田(後半23分)
#9高橋→#21古賀(後半23分)
#14越智→#22森田(後半27分)

 小雨がちらつく中行われた関東大学対抗戦。青学大は立教大に対し、7トライ、2ゴール、1ペナルティーゴールを決め42-0で勝利した。

IMG_0018

前半3分、蹴りだしたボールに反応した向井がトライを決め青学大は先制する。続いて岩満がコンバージョンゴールを狙ったが惜しくもバーに当たり追加点ならず。
その後も敵陣の22メートルライン、ゴールラインの間でのラインアウトなどチャンスは続く。
 10分が経過した頃、高野(祥)が相手をかわし前進したのをきっかけに密集を作り、そのまま安東主将がトライを決めた。続くコンバージョンゴールを岩満が成功させ、12-0とリードを広げた。

IMG_0070

その後も青学大はゴールライン前でプレーをするが得点は奪えない。時折、相手に攻められる場面もあったが効果的なタックルで防ぎ無失点で前半を終了する。

 サイドがかわった後半1分、パスを受けた越智が抜け出し右端にトライし後半も幸先のよいスタートを切る。

IMG_0031

その後、青学大は攻められる時間が続くが、相手のミスにも助けられしのいだ。13分、高橋、長岡とサイドにつなぎパスを受けた向井がこの日2つ目となるトライを決め、22-0に。青学大は勢いに乗り、怒涛の攻撃をみせる。4分後には、佐々木から高野(恭)にボールをつなぎゴールラインをかけ抜けトライ。後半20分にはペナルティーゴールの機会を得、岩満が落ち着いてキックを成功させ30-0とさらに点差をつけた。
22分には高橋からのパスを岩満がキックでゴールラインまで進め、鈴木のトライで35-0とする。その後、高野(祥)のトライ、高野(恭)のゴール成功で42-0となる。その後は両大学とも得点ならず、ノーサイドとなった。

IMG_0048

IMG_0054

立教大に完勝した青学大、次の試合は12月6日に行われる慶應大戦だ。青学大は春からターゲットとしている慶應大相手にどんなプレーを見せるのか。注目したい。
(舟橋冴香)