【陸上競技】【陸上競技】箱根駅伝、区間エントリー発表!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走  於・大手町⇔芦ノ湖

◆区間エントリー◆
1区 村井駿(情3)
2区 一色恭志(営3)
3区 秋山雄飛(国3)
4区 山村隼(法4)
5区 神野大地(総4)
6区 小野田勇次(営1)
7区 小椋裕介(社4)
8区 池田生成(社3)
9区 中村祐紀(国2)
10区 茂木亮太(総3)

〈補欠〉
久保田和真(教4)
橋本崚(国4)
渡邉心(教4)
渡邉利典(史4)
下田裕太(教2)
田村和希(営2)

※箱根駅伝では、補欠メンバーから最大4名の当日メンバー変更が認められている。

12月29日、来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根)の区間エントリーが発表された。

前回大会と同じく花の2区には、「日本人史上4人目の66分台を狙う」と意気込む一色が抜てきされた。各校のエースが集う2区は拮抗したレース展開が予想される。
往路優勝、そして総合優勝のカギを握る5区の山上りには神野主将がエントリー。三代目・山の神と称されたものの、この1年故障に苦しんできた神野主将が今年度も最高峰を駆け上る。
7区には4年連続となる小椋が起用された。昨年度区間賞を獲得した同区で、今回こそは区間記録更新を狙う。
8区・池田、9区・中村と今年度結果を残してきた二人がエントリーされた。箱根への強い思いをぶつける走りに期待である。

また、チームの主力である久保田、下田、田村らが補欠に。出雲、全日本と好走し、青学大にとって欠かせない存在である3選手がどの区間で起用されるのか、レース当日のメンバー変更にも注目だ。

いよいよ箱根まで3日となった。全日本で優勝を逃し、もう一度チームを立て直した青学大。集大成となる箱根で有終の美を飾れるか。連覇へ、箱根路を駆け抜ける。(原しおり)