【男子バスケットボール】【バスケットボール】大接戦となるも、拓大に惜敗

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第90回関東大学バスケットボールリーグ戦 於郡山総合体育館

◆結果◆
青学大 62-69 拓大
1Q 14-27
2Q 22-6
3Q 15-16
4Q 11-20

◆スターティングメンバー◆
#5 高橋貴大(法4)
#7 野本建吾(総4)
#9 安藤周人(総2)
#11 田中光(国3)
#13 鵤誠司(総3)

関東学連90周年記念事業として、リーグ戦の郡山大会が開催された。
会場の郡山総合体育館には多くの人が集まり、終始盛り上がり、熱気に包まれた。

開幕4連勝中の青学大が迎えたのは、拓大との試合。6月に行われた関東インカレ3位決定戦で敗北している相手なだけに、油断はできない。
第1ピリオドで大きくリードされるも、第2ピリオドで逆転し、第3ピリオドでもリードを保つ。しかし、第4ピリオドで拓大に押され、敗北。連勝ストップとなった。

%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E4%BC%9A%E5%A0%B4.jpg

%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E2%91%A0.jpg

%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E2%91%A1.jpg

第1ピリオド、拓大の勢いに押される青学大。#9安藤の3Pシュートなどで後を追うも、14-27と大きくリードされ、第1ピリオドを終える。

%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E2%91%A3.jpg

第2ピリオド、序盤はお互いに得点を決め、点差に変わりはない。しかし、中盤で#14柏倉哲平(法2)が連続でシュートを決めると、それをきっかけに少しずつ追い上げていく。#13鵤のバスケットカウントで流れを青学大に引き寄せ、そして残り1分で#7野本の3Pシュートが決まり、逆転に成功。拓大のオフェンスを6点得点と抑え込み、36-33でリードする。

%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E2%91%A4.jpg

第3ピリオド、前半は激しく競り合い、両者譲らない展開となる。残り3分で#9安藤が3Pシュートを決め、青学大が点差を7点まで広げる。しかし、拓大も3Pシュートなどで追い上げ、同点にされる場面もあった。51-49となんとかリードを守りきり、最終ピリオドへ。

%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E2%91%A0.jpg

第4ピリオド、序盤に拓大が逆転するが、青学大も必死で食いつく。残り2分で2点差というところで拓大が3Pシュートを決め、残り1分を切ったところで7点差にされてしまう。そのまま点差は縮まらず、62-69で試合終了。惜しくも勝利を逃した。

%E9%83%A1%E5%B1%B1%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E2%91%A1.jpg

敗北はしたものの、この大接戦は最後まで会場を沸かせ、魅了し続けた。
今回でリーグ前半戦も折り返しとなり、残り4試合。後半戦まで勢いを継続させるためにも、1敗を守りたい。(大澤佳奈)