【未分類】【バスケットボール】新人戦開幕!明海大を圧倒し快勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第54回関東大学新人戦 於代々木第二体育館

◆結果◆
青学大107-32 明星大
1Q 39-5
2Q 28-8
3Q 28-8
4Q 12-11

◆スターティングメンバー◆
#1 大崎裕太(総2)
#6 木田貴明(総1)
#9 安藤周人(総2)
#14 柏倉哲平(法2)
#21 石黒岳(国2)

1・2年生のみが出場ができる新人戦。青学大は7人と少人数で臨む。本日初戦を迎え、明海大を相手に快勝。白星スタートとなった。

第1ピリオドから相手を圧倒し、残り3分まで相手を無失点に抑える。相手に初得点を決められた後も#2日野翔太(法1)を中心に得点を重ね、#1大崎が3Pシュートをブザービーターで決め、39-5で第1ピリオドを終える。

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%88%E3%81%86%EF%BC%93.jpg

第2ピリオド、相手に先制されるも、#9安藤がリバウンドをとり会場を沸かせたり、他の選手もコンスタントに得点を重ねたりと、主導権を渡さない。最後まで流れを掌握し、第1ピリオドと同じく#1大崎が3Pシュートをブザービーターで決め、67-13と大幅にリードし、前半を終える。

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%84%E3%81%A1.jpg

第3ピリオド、#1大崎が3Pシュートを3本決める活躍を見せる。相手に70点以上も差をつけ、最終ピリオドへ。

%E3%81%B6%E3%82%8D%E3%81%90%E3%82%88%E3%81%862%E3%83%94%E3%83%AA.jpg

第4ピリオド、青学大のオフェンスが沈黙。相手のファールにより、フリースローで得点する。しかし、リングに嫌われシュートが決まらない。残り19秒で#9安藤がこのピリオド初のシュートをようやく決めた。107-32と申し分のないスコアだが、後味の悪い勝利となった。

%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%88%E3%81%86yonn.jpg

昨年度は準優勝と悔しい結果だった新人戦。細かいミスはあるが、この勢いを継続し、最後まで走り抜けて優勝を目指す。(大澤佳奈)

廣瀬ヘッドコーチ
「第4ピリオドはミスが多くて出来が良くなかったので修正しなければならない。(去年と比べて)サイズも小さくなって、戦力も落ちているが、2年生が精神的にも支えているので、大きく崩れることはなかった。(大会を通して選手達には)我慢強くディフェンスを頑張ることを身に付けて欲しい。」