【硬式野球】【硬式野球】打線が振るわず完封負け…1勝1敗で勝負の行方は第3回戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球春季1部2部入替戦 対中大 第2回戦 於神宮球場

◆結果◆
青学大 000 000 000|0
中 大 000 001 11x|3

◆出場選手◆
1 (指) 渡邊郁也 → (走・指) 山本皓大
2 (二) 吉澤岳志
3 (右) 佐藤将
4 (三) 西村大樹
5 (左) 長野勇斗
6 (遊) 遠藤康平
7 (一) 内田遼汰
8 (捕) 山田誠也
9 (中) 徳本健太朗
投手 近藤卓也 → 河端優馬

前日の鮮やかな逆転勝利から一夜明け、小雨が降りしきる中行われた第2回戦。昨日の勢いそのままに連勝で1部復帰を決めたい青学大だったが、中大先発の鍬原を打ち崩せず0‐3で完封負け。これで1勝1敗のタイに持ち込まれ、勝負の行方は翌日の第3回戦へゆだねられることとなった。

入替戦第2回戦の先発は近藤卓也。
入替戦二回戦近藤さん
初回こそヒットを許したものの、その後は中大打線を完璧に抑え込み、5回まで三塁を踏ませない見事なピッチングを見せる。

近藤の好投を援護したい打線だったが、中大先発の鍬原を攻めあぐね、こちらも5回までに放ったヒットはわずか一本。なかなか攻撃の糸口がつかめないまま両チーム無得点で後半戦へ入る。

ここまで中大を抑え込んでいた近藤だが6回。先頭打者にヒットを打たれ出塁を許すと、これをきっかけに1点を先制される。また、7回にも1点を追加され点差は2点に。

まずは1点を返したい青学大は8回。ツーアウトから1番・渡邊郁也がレフト前へヒットを放ち出塁する。
入替戦二回戦渡邊さん
続く吉澤岳志もライト前へヒット。
入替戦二回戦吉澤さん
1、2番の連打でツーアウトながら1、2塁のチャンスを作る。久々に生まれた好機だったが、青学大にミスが出て、この回得点ならず。依然1点が遠い、苦しい試合運びとなる。

8回からは河端優馬がマウンドへ。
入替戦二回戦河端さん
テンポよく抑えたい河端だったが、2本のヒットで1点を失う。これで0‐3。6回から3イニング連続で1点ずつ失い、徐々に点差を広げられる。

そして迎えた最終回。なんとか一矢報いたい青学大だったが、3人で抑えられゲームセット。残念ながらこの試合で1部復帰を決めることはできなかった。

これで次の試合に勝つしかなくなった青学大。リーグ戦で培ってきたここぞの場面での集中力を発揮し明日こそは勝利を。1部復帰の悲願を達成すべく、チーム一丸となって最後の戦いに挑む。(笠原優香)