【硬式野球】【硬式野球】悲願達成ならず…完封負けで2部残留決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球春季1部2部入替戦 対中大 第3回戦 於神宮球場

◆結果◆
中 大 001 001 000|2
青学大 000 000 000|0

◆出場選手◆

1 (指) 渡邊郁也 → (打) 小坂井智朗
2 (二) 吉澤岳志
3 (右) 佐藤将
4 (三) 西村大樹
5 (左) 長野勇斗
6 (遊) 遠藤康平
7 (一) 内田遼汰
8 (捕) 山田誠也
9 (中) 徳本健太朗
投手 岡野祐一郎 → 葛川知哉

泣いても笑ってもこれですべてが決する第3回戦。先勝したものの第2回戦で黒星を喫し、1勝1敗のタイでこの日を迎えた。勝てば悲願の1部昇格、負ければ2部残留。2部降格から3季目でようやく掴んだ一部復帰へのチャンスを何とかものにしたい青学大と何とか1部の意地を見せたい中大の決死の勝負。リーグ戦とは大きく違った雰囲気が立ち込める神宮球場で、最終戦の幕が開けた。

負けられない青学大はマウンドをエース・岡野祐一郎に託す。
最終戦岡野さん
第1回戦で3点を失った嫌なイメージが残る初回も、きっちり3人で打ち取り、良いムードで試合に入る。

ゲームの主導権を握りたい青学大。前の試合での完封負けを払しょくするような打撃を見せたいところだったが、1回、2回とノーヒットに終わる。

先取点を許したくないチーム。しかし3回、先頭打者に死球を与え出塁されると、犠打で1死2塁とされる。その後の打者は打ち取ったものの、青学大にエラーが出て、1点を献上。嫌な形で先制される。

1点を追う青学大はその裏、1死から徳本健太朗がレフト前に運び、出塁。
最終戦徳本さん
ここから攻撃につなげたいところだったが後続が倒れ、得点を奪えない。

一方の岡野は5回にランナーを三塁に背負う苦しいピッチング。
最終戦岡野さん2
しかし要所を締めこれ以上の失点は許さず、1点ビハインドで後半戦へ入る。

6回。テンポよく抑え、攻撃につなげたい岡野。しかし、1死から三塁打を許し、大きなピンチを迎える。続く打者にも二塁打を許し再び1点を追加される。これで0‐2に。岡野が次の打者を三振で抑えたところで投手交代。第1回戦で相手に一本のヒットも許さない完璧なピッチングを見せた葛川知哉がマウンドへ上がる。
最終戦葛川さん

その裏の攻撃。青学大は先頭の徳本がレフト前に運び出塁。
最終戦徳本さん2
続く渡邊郁也の二ゴロでランナーを二塁に進めるが、吉澤岳志が打ち取られ2死2塁となる。続くバッターは佐藤将。しかしここも内野ゴロに倒れ、万事休す。なかなか相手ピッチャーを攻略できない、苦しい展開となる。

6回から代わった葛川は危なげないピッチング。9回まで相手打線をわずかヒット一本に抑え、打線の援護を待つ。
最終戦葛川さん2

しかし青学大は7回、8回とヒットが出ず、嫌なムードのまま最終回へ。

9回先頭はこの回1番・渡邊代わり代打で起用された小坂井智朗。しかし投ゴロで1死。続く打者は第1回戦でツーランホームランを含む3打数3安打3打点の大活躍を見せた吉澤。
最終戦吉澤さん
レフト前に運び、1死ながらランナーを出す。何とか続きたい青学大は3番・佐藤に打席が回る。
最終戦佐藤さん
しかし、内野ゴロに倒れ2死1塁。続くバッターは西村大樹。
最終戦西村さん
頼れる主砲に望みを託す。だが、ライトフライに倒れゲームセット。2014年秋以来の1部復帰の夢が潰えた瞬間だった。

春季リーグ戦前に「チームに核となるバッターがいない。それでも選手一人ひとりがしっかりと自分の仕事をすれば補える」と自信のこもった表情で話した佐藤主将。その言葉通り、今季はチーム力を生かした勝利が数多くあった。今季は惜しくも涙を呑む結果となったが、来季こそは1部の舞台へ。この悔しさを糧に、さらなる成長を誓う。(笠原優香)