【レスリング】【レスリング】加賀田が優勝!5人が表彰台に インカレ2日目結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

全日本学生レスリング選手権大会 於 金岡公園体育館
◆結果(2日目)◆
グレコローマンスタイル
71㌔級 大山允長 準優勝
80㌔級 守部克秀 準々決勝敗退

女子
48㌔級 加賀田葵夏  優勝
     澤田千優   準優勝
53㌔級 佐々木なつみ 2回戦敗退
58㌔級 廣瀬瑠実   3位
     岩崎理栄   2回戦敗退
69㌔級 木村夕貴   準優勝

全日本学生選手権の2日目が行われた。青学大からは多くの選手が表彰台に上り、存在感を示した。

【71㌔級・大山】
1日目は「自分のレスリングができなかった」と話した大山は、勝つという強い気持ちをもって大会2日目に挑んだ。強敵相手に決勝まで勝ち進み、見事準優勝を果たした。
準々決勝は大山同様投げ技を得意とする選手との対戦となった。引手の取り合いとなるも自分から攻める姿勢で投げ技をかけ、4ポイントを先取する。その後、注意などを受け4-3と追い上げられる。2P、さらに相手に1ポイントが入り同点になってしまう。そのまま、4-4で試合は終了したがビッグポイントの差で大山は大一番を勝ち切り、準決勝へと駒を進めた。
勢いに乗った大山は準決勝でも、持ち味をいかしたレスリングを見せる。1P序盤から投げをかけポイントを奪い、4-0でインターバルへ。2P開始直後、見事に投げが決まり8-0でテクニカルフォール勝ちを収め、決勝進出を決めた。
IMG_6118
迎えた決勝戦、最初に2ポイントを奪われるも、1分が経過した頃投げ技で4ポイントをあげ、逆転に成功する。しかし、「レベルが全然ちがった」との本人の言葉通り、その後は防戦一方となってしまい2P途中でテクニカルフォール負けを喫した。
IMG_6330

【80㌔級・守部】
準々決勝に出場。試合序盤から投げ技やローリングを決められ0-8でテクニカルフォール負け。準々決勝敗退となった。
IMG_5990

【48㌔級・加賀田】
今年度、数々の試合で優勝してきた加賀田。今大会でも変わらぬ強さを見せ優勝を果たした。
加賀田は2回戦からの出場となった。ローリングなどでポイントを重ね6-0とリードした1P中盤、タックルに入ったすきを突かれ投げられてしまう。しかし、その後はペースをつかみ、フォール勝ちで準決勝進出。
準決勝は盤石の試合運びを見せ、23秒でフォール勝ち。決勝へと駒を進めた。
IMG_6060
決勝の相手はチームメイトでもある、澤田。「お互い手のうちが分っている」と加賀田は話す。いつも通りを心がけ、連続のローリングなどのポイントで10-0とテクニカルフォール勝ちで優勝に輝いた。
IMG_6265

【48㌔級・澤田】
終始あきらめない姿勢で臨んだ澤田は今大会、準優勝を果たした。
1回戦は「自分の動きができた」との言葉通り、投げ技をかけるなど順調にポイントを重ね、1Pでテクニカルフォール勝ちを収めた。
2回戦はポイントの奪い合いとなった。1Pでは澤田が6ポイントを先取し、一方的な試合となるかと思われたが、相手が巻き返しを見せ10-8まで追い上げられる。澤田はここを諦めない気持ちでしのぎ、12-10の判定勝ちで準決勝へ。
準決勝でも、序盤に攻撃を畳みかけ、4-0とリードする。両者得点をあげ10-6となった1P終盤、澤田は相手を抑え込みフォール勝ちを収めた。
迎えた決勝。加賀田との対戦となったが、自分のリズムを作ることができず敗れた。
IMG_6193

【53㌔級・佐々木】
1回戦、バックをとってポイントを得て、4-0で1Pを終える。2P、相手との攻防が多く見られたが相手に得点を許さず、8-0の判定勝ちで2回戦に進出を決めた。
続く2回戦は試合の主導権を握ることができずに失点を重ね1-11で試合を落とした。
IMG_5918

【58㌔級・廣瀬】
連覇を目指し挑んだ今大会。3位と表彰台入りは果たしたが、廣瀬にとって悔しさの残る大会となった。
2回戦から出場した廣瀬。10-2と判定勝ちを収め、「相手のタックルに反応できなかったが、自分の得意なローリングにいく前のグランドでポイントをとることができてよかった」と振り返った。
決勝、バックをとられ失点するもローリングには持ち込ませず、攻防が続く。0-6で劣勢の試合終盤、廣瀬はバックをとり2-6となる。しかし、得意のローリングが決まらずそのまま敗戦となった。
IMG_6240

【58㌔級・岩崎】
1回戦を不戦勝で突破し、迎えた2回戦。たびたび背後をコントロールされ、点差を広げられる。1P途中でフォール負けを喫した。
IMG_6077

【69㌔級・木村】
ケガの影響で、万全の状態では迎えられなかった今大会。力を出し切れず、準優勝となった。
初戦が決勝となった木村。試合開始約50秒で2ポイントを先取する。その後は、両者得点をなかなかあげられず、時間は経過する。木村の勝利が見えてきたラスト数秒、相手に2ポイントを奪われ逆転負け。悔しい結果となった。
IMG_6360

大会3日目は男子フリースタイルが行われる。果たして何人の選手が大会4日目まで残れるか。ワクワクする。(舟橋冴香)

以下、選手コメント
◆大山さん◆
・準優勝をどのようにとらえているか
この前の新人戦も2番で、インカレの組み合わせを見た時に結構いい位置にいて、第1シードは日体大の強い選手なのでその人のところまで勝ち進んで勝負できたらいいなと思っていました。昨日の立ち上がりがあまりよろしくなかったんですけど、今日からは絶対勝つという気持ちだけは曲げないで、試合に臨んだら、僅差だけど勝つことができて、そのままのって準決勝はフリーですごい強い人だったんですけど、その人に自分のレスリングで勝つことができました。自分としては予想外にいい方向に行けました。
・決勝戦の戦いについて
相手は下の階級の全日本チャンピオンでしたが、長谷川コーチには自分のやってきたことを出せと言われたので、勝つ気持ちでいきました。そうしたらたまたま相手が投げ技にかかって、爪痕は残せたかなと。グランドから体力のレベルが全然違ったので、そこはもっとつけなくてはと思いました。
・今日をどう戦おうと考えていたか
昨日は相手が攻めてこなかったので、技をかけ逃げされることが多くて、自分のレスリングができなくて。昨日は試合後部屋に戻って、ビデオを見て、気持ちを強く持って臨まないといけないなと思ってしっかり早く寝て、万全な状態で今日に臨みました。
・今後、目指すこと
これから始まる国体、全国大学グレコローマン、新人戦で優勝して、全日本選手権で優勝を目指す。そのために、日体大が強いので日体大のレスリングに慣れること、それと長谷川コーチにダメだったところを聞いてそれを反復するだけです。長谷川コーチにも勝てるようにがんばりたいと思います。

◆加賀田さん◆
・優勝した気持ち
優勝でよかったなという。4月のクイーンズカップでやった相手とか6月の全日本とかでやった自分が負けた選手にまだ勝てていないので、(インカレで)勝ってもまだ悔しい気持ちがあります。
・優勝できた要因
決勝戦(青学生同士)はお互い手の内が分っているというか、それがいいところでもあり、悪いところでもあったのかな、と。いつも通りやろうという風に思ってやったのがよかったのかなと思います。
・初戦、ポイントを許したが
投げられて。初戦で少し緊張していて動きが悪かったのもあったんですけど、タックルに入った時の自分の態勢が悪かったので。でも、ああいう風に投げられたりはあまりしないので、逆にそういう所を気を付けないといけないんだなって思いました。そこに注意する、意識することができたんで、良くはないけど良かったなと思いました。
・今後、目指すこと
今、ジュニアの世界代表が出ていなくてその中で1番になったというのもあるので、そういう選手たちも出てくる全日本で優勝できるようにがんばっていきたいと思います。

◆澤田さん◆
・準優勝した気持ち
悔しいのがまず1番で、試合内容に関してはいつも練習でやってることがあまり出せなかったので、また帰って練習したいと思います。
・今日はタフな試合が多かったが
決勝はいつもの練習のような感じで自分から攻めて、自分から展開を作ってというのがあまりできなくてそこが反省点です。初戦は自分の動きができたので良かったです。2回戦目に、最初は攻めれたんですけど、2P目に巻き替えされてしまって体力がないのが目立ったのかなと、そこも反省点です。簡単にポイントをとらせないようにというところですかね。
・その中でも勝てた要因は
諦めないことですね。いつも緊張するんですけど、いつもの緊張よりかはあまりなく、いい緊張感で出来たと思います。
・今後について
ライバルが同じチームにいるのでそこで切磋琢磨して、もっと自分が強くなっていけたら彼女(加賀田さん)のためにもなると思うので、頑張っていきたいと思います。

◆廣瀬さん◆
・3位になった気持ち
2連覇したかったので、とても悔しいです。
・準決勝について
バックをとった後から得点につなげられなくて、そこでポイントをとれれば良かったんですけど。ローリングが出せずにダメでした。
・今後について
今回の負けた試合の反省をしっかりしてまた次の試合に向けて頑張っていきたいと思います。

◆木村さん◆
・どんな気持ちで試合に臨んだか
1試合しか出ないので、そこで全部自分の力を出し切ると思って試合に挑みました。
・試合内容について
投げにくるというのも分かっていたけど、自分がくっついちゃったのでいけないと思います。
・試合に向けての準備は
自分は4月にけがをして、スパーリングとかを始めたのが10日前とかでした。でも試合に出るからにはそれは理由にはならないので、万全な状態ではなかったけど、力が出し切れなかったです。
・今後について
4月からずっと、勝てる試合を落としてきたので1試合、1試合で力を出し切れるようにこれから練習していきたいと思います。