【硬式野球】【硬式野球】拓大相手に勝ち点奪取!2部優勝に望みつなぐ勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球秋季2部リーグ戦 対拓大 第2回戦 於サーティーフォー相模原球場

◆結果◆
拓 大 000 000 000|0
青学大 001 000 00x|1

◆出場選手◆

1(指) 長野勇斗
2(二) 吉澤岳志
3(右) 佐藤将
4(三) 西村大樹
5(左) 浅井洸耶
6(捕) 山田誠也
7(遊) 遠藤康平
8(一) 内田遼汰
9(中) 徳本健太朗
投手 近藤卓也 → 岡野祐一郎 → 葛川知哉

雨天順延の影響を受け、未消化試合となっていた拓大との第2回戦がようやく行われた。拓大との決着がつかないまま迎えた国士大戦では、惜しくも勝ち点を落とした青学大。その悔しさを胸に、勝ち点がかかった大事な一戦に臨んだ。

この試合先発を任されたのは近藤卓也。
%e8%bf%91%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93
初回から危なげないピッチングを見せ、相手をテンポよく打ち取る。

先取点を取りたい青学大は3回、2死無走者でバッターボックスには1番長野勇斗。
%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93
一塁線に飛んだ打球がファーストベースに当たり、二塁打となる。
続くバッターは吉澤岳志。
%e5%90%89%e6%be%a4%e3%81%95%e3%82%93
レフトオーバーの適時二塁打を放ち、欲しかった先取点を手にした。
%e5%be%97%e7%82%b9
しかし、その後は得点を奪えず、1-0のままゲームは後半戦へと入る。

6回からは岡野祐一郎がマウンドへ。
%e5%b2%a1%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93
1死から連打を浴び、得点圏にランナーを進められるが得点は許さない。
続く7回はきっちり3人で抑え、8回からは葛川知哉がマウンドへ上がる。
%e8%91%9b%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93
9回に2死3塁の最大のピンチを背負うもなんとかしのぎゲームセット。3回に奪った1点を最後まで守り切り、拓大相手に勝ち点を挙げた。
この結果により駒大に並びリーグ2位につけた青学大。2部優勝へ望みをつなぐ大きな勝利となった。続く第4カードの相手は駒大。今日の勝利で弾みをつけ、着実に勝ち星を重ねたい。(笠原優香)

☆善波監督コメント
(秋季リーグ戦が始まってチーム状況は?)
選手たちはみんな一生懸命やっている。国士の3回戦は采配ミスで負けて、チームとして苦しい状況を作ってしまった。打てない中でも、ゲームを物にできたというのは本当によくやっていると思う。
(投手陣に関して)
いい調子だと思う。決して調子がよいというわけではないけども、その中でも守備の面で我慢ができている。
(次の大事な2カードに向けて)
本当に選手たちは『勝ちたい』という気持ちでやっている。ふざけてやっているような選手がまずいない。それが空回りしなければいいなと思っている。後は選手を信じて、選手に任せていきたい。

☆佐藤主将コメント
(今日の試合を振り返って)
ピッチャーが本当に粘り強く投げてくれたと思います。
(チームとしての雰囲気は?)
国士大に勝ち点を落として、自力優勝がなくなったんですけど、今週国士舘も勝ち点を落として。また盛り返していこうという感じでやっています。
(今後へ向けて)
勝たなきゃいけない試合ですけど、それはいつも思っていることなので、いつも通り戦っていきたいです。