【硬式野球】【硬式野球】延長戦の末見事勝利!駒大相手に幸先のよい先勝スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球秋季2部リーグ戦 対駒大 第1回戦 於府中市民球場

◆結果◆
青学大 000 000 000 02|2
駒 大 000 000 000 00|0

◆出場選手◆
1(遊) 遠藤康平
2(二) 吉澤岳志
3(右) 佐藤将
4(三) 西村大樹
5(左) 浅井洸耶
6(捕) 山田誠也
7(指) 三浦颯大 → (指) 丹治光生
8(一) 内田遼汰 → (打) 小坂井智朗 → (一) 吉澤輝一
9(中) 徳本健太朗
投手 岡野祐一郎

未消化試合となっていた対拓大第2回戦に勝利し、勝ち点を挙げた青学大。続く第4カードの相手は駒大だ。2部優勝にはもうひとつも勝ち点を落とせない状況の中、大事な戦いに挑んだ。

この試合先発を任されたのは岡野祐一郎。
%e5%b2%a1%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%e9%a7%92%e5%a4%a7
5回まで毎回相手に出塁を許す苦しい展開となるが、要所を締めるピッチングを見せ得点を許さない。
岡野の粘投を援護したい青学大だが、駒大先発の東野からなかなかヒットを打てず。0‐0のままゲームは後半戦へと入る。

先取点を取り、主導権を握りたい青学大は6回。2死満塁の絶好のチャンスが訪れる。しかしここはこの回から代わった駒大・白銀に後続を抑えられ、得点を奪えない。

続く7回。浅井洸耶が四球を選びノーアウトのランナーを出すと、続く山田誠也がきっちりと犠打を決め、1死2塁とする。
%e6%b5%85%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93%e4%ba%8c%e5%a1%81
何とかチャンスを広げたい青学大は三浦颯大に代わりこの回から丹治光生を代打で起用。
%e4%b8%b9%e6%b2%bb%e3%81%95%e3%82%93
その丹治が犠飛を放ちランナーを三塁に進める。このまま先制したい青学大だったが後続が打ち取られ、この回も得点ならず。もどかしい時間帯が続く。

一方の岡野は7回、8回を三人で打ち取る完璧なピッチングを披露。尻上がりに調子を上げ、味方の援護を待つ。
%e5%b2%a1%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%e9%a7%92%e5%a4%a7%ef%bc%93

青学大は9回も1死2塁と得点圏にランナーを進めるものの、後が続かず。なかなか得点に結びつかない。

この回を抑え、延長戦に持ち込みたい青学大。しかし岡野にこの試合最大のピンチが襲う。先頭打者にいきなり二塁打を許すと犠打と四球で満塁に。だが、その後は後続をきっちりと打ち取りこの回を無失点で切り抜けた。そして試合は延長戦へと入る。

10回を3人で抑えられ、迎えた11回。青学大は1番からの好打順。先頭の遠藤康平がセンター前に運ぶ。
%e9%81%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93
続く吉澤岳志が犠打を決め、1死2塁に。3番・佐藤将が四球で出塁しさらにチャンスを広げる。ここで打席に立つのは、現在5割を超える驚異的な打率を残し、リーグ首位に立つ西村大樹。
%e8%a5%bf%e6%9d%91%e3%81%95%e3%82%93
期待通りセンターへの適時三塁打を放ち、2点を先制。欲しかった先取点を手にした。
そしてその後は駒大に得点を与えることなくゲームセット。
%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88
エース岡野の完封勝利で駒大に先勝する幸先の良いスタートを切った。
%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%92
2部優勝に向け、負けられない試合が今後も続く青学大。一時は消えた自力優勝のチャンスが再び生まれ、より一層勝利への執念が強まった。このままの勢いで一気に頂点まで上り詰められるか。今後の戦いぶりから目が離せない。(笠原優香)

☆岡野コメント☆
(今日の試合を振り返って)
味方が点数を取れない中でも粘り強く最後まで投げられたので、今日は今季で一番良かったと思います。
(9回のピンチの場面について)
外野フライが無ければ、内野ゴロや三振だったらこの回行けると思っていたのでピンチの場面で先頭バッターをショートゴロで打ち取ることができたんで、もう一人は強気で抑えました。
(秋季リーグ戦を通してご自身の調子は?)
だんだん秋季リーグ戦の中で徐々に上がってきていると思います。
(練習で特に意識している点は?)
コースにしっかり投げる。コントロールを意識して投げるように練習しています。
(今後の意気込み)
駒大と立正大戦を取れば優勝になるので、もう一度入替戦に行って後輩のためにも1部にあげて引退できるように頑張りたいと思います。

☆西村コメント☆
(今日の試合を振り返って)
満塁で回ってきて中途半端な情けない打球を打ってしまった。将さんが今日はつないでくれていたので2回目のチャンスでは打たないとと思って。初球振っていって明らかに力が入っていた。ベンチをみたら善波監督が『力入ってる』ってやってたんで、力を抜いて来たボールを打とうと思って。そしたらたまたま左中間に抜けてくれました。
(好調の要因)
力を抜いて打席に入れているので、タイミングでピッチャーとの間がたぶんうまく合っているのかなと思います。
(粘り強さはどこから?)
2ストライクで追い込まれてから左肩を開かないで閉じることを意識しているので低めのボール球も見切れるのかなと思います。内に来たら回転しようという意識で。それを意識して今回はやっているので三振も多分1つしかしてないので意識していることができているのかなと思います。
(次への意気込み)
1回自力優勝がなくなってから(2部優勝の)可能性が出てきたので、もらったチャンスなのでどんどん攻めて、春行けなかった1部に。全員が『絶対に勝ちたい』という気持ちでやっています。