【硬式野球】【硬式野球】投打のかみ合った好ゲーム!勝ち点を手にし、優勝へあと一歩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球秋季2部リーグ戦 対駒大 第2回戦 於府中市民球場

◆結果◆
駒 大 010 000 000|1
青学大 100 001 11x|4

◆出場選手◆
1(遊) 遠藤康平
2(二) 吉澤岳志
3(右) 佐藤将
4(三) 西村大樹
5(左) 浅井洸耶 → (打左) 丹治光生
6(指) 小坂井智朗 → (指) 三浦颯大
7(捕) 山田誠也
8(一) 内田遼汰
9(中) 徳本健太朗
投手 葛川知哉

第1回戦で延長戦の末勝利を手にした青学大。勝ち点を奪い、優勝へ弾みをつけるべく第2回戦に臨んだ。

試合は1回から動く。
吉澤岳志がセンターへのヒットで出塁すると、
%e5%90%89%e6%be%a4%e3%81%95%e3%82%93
佐藤将の内野ゴロの間に進塁し2死2塁。
バッターボックスには4番・西村大樹。
%e8%a5%bf%e6%9d%91%e3%81%95%e3%82%93
ライトへのタイムリーを放ち、1点を先制。第1回戦の勢いそのままに先取点を奪う。

この試合の先発は葛川知哉。
%e8%91%9b%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93
2回こそ1点を失い1-1の同点とされるが、その後は徐々にリズムを立て直し最少失点で切り抜ける。

追加点を奪いたい青学大。しかし2回、3回とランナーを出すものの、併殺に打ち取られ得点に結びつかない。
両チームとも追加点を挙げられぬままゲームは後半戦へ。

そして迎えた6回。この回先頭の徳本健太朗がヒットで出塁すると、
%e5%be%b3%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93
続く遠藤康平が死球を受け、0死1、2塁。吉澤が犠打を決め、1死2、3塁とチャンスを広げると、ここで打席には佐藤将。
%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93
セカンドへのゴロで1点を追加し、2-1と再び駒大からリードを奪う。
%ef%bc%96%e5%9b%9e%e5%be%97%e7%82%b9
なおも2死3塁のチャンス。続く4番西村が敬遠され、2死1、3塁となるものの後続が打ち取られ、さらなる追加点は挙げられない。

続く7回。山田誠也がレフトへのヒットで出塁すると、
%e5%b1%b1%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93
内田が犠打を決め2死2塁となる。
%e5%86%85%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%93
続くバッターは、この日全打席出塁し、好調ぶりが光る徳本。
期待通りレフトへの適時三塁打を放ち、1点を追加。
%e5%be%b3%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93%e4%b8%89%e5%a1%81

%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93%e5%be%b3%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93
じわじわと駒大を突き放しにかかる。

これで勢いづいた青学大は8回。吉澤がレフトへのヒットで出塁すると、
続く佐藤が三塁線をしぶとく抜き
%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92
0死1、2塁のチャンス。西村が犠打で送り、1死2、3塁とすると続く丹治が四球を選び、1死満塁に。
このチャンスで打席には代打・三浦颯大。
%e4%b8%89%e6%b5%a6%e3%81%95%e3%82%93
代打起用に応えるレフトへ適時打を放ち、1点を追加。これで4‐1とリードを3点に広げた。

そして最終回。葛川が相手打線を3人で抑え、試合終了。序盤こそ不安定な立ち上がりを見せたが、終盤には持ち直し、1失点で完投勝利を手にした。
%e6%9c%80%e5%be%8c
投打のかみ合った最高の形で勝利し、勝ち点を挙げた青学大。2季連続の2部優勝も目前に迫ってきた。ここで気を緩めることなく、再び頂点へ。チーム力を生かした戦いぶりで、最終カード・立正大戦へと向かっていく。(笠原優香)

☆佐藤主将コメント☆
(今日の試合を振り返って)
投打ともにバランスよく試合を進められて、内容がすごくよい試合でした。今季で一番よい試合だったかもしれません。
(第1回戦、第2回戦と接戦をものにしているが?)
もっと点を取れたら理想的ですけど、一人ひとりがしっかりと仕事ができているので1ずつ点を取れているのでよかったです。
(最終カード・立正大戦に向けて)
最後勝ち点を取るか取らないかで全然変わってくるので、1週間開きますし、しっかりと調整して万全の状態でやりたいです。

☆葛川コメント☆
(今日の試合を振り返って)
序盤、今日は調子が悪くて四死球でランナーをためて結構苦しい展開の中で投げていたんですけど、そのなかで1点で抑えたっていうのはよかったですし、後半の攻撃にもつながったかなと思います。
(秋季リーグ戦を通して)
先発っていうよりは中継ぎで大事な場面とか、延長とか抑えてたので、結構良い感じかなと思っていたんですけど、今日はあまり良くなかったです。
(先発に関して)
1戦目は取っていたので、今日落としてもまた明日があると思っていたので、自分ができることをのびのびやろうと思っていました。先発に関する気負いはなかったですね。
(最終カード・立正大戦に向けて)
勝ち点を取らないと優勝がなくなってしまうので相手も強いですけど1部復帰っていうことがあるので一戦一戦自分の力もしっかり出して勝ち点を取りたいです。

☆徳本コメント☆
(今日の試合を振り返って)
1点1点取れて、ちょこちょこ点数を取っていく、相手が相当嫌がる点の取り方ができたのでよい試合の展開だったなと思います。
(意識していたことは?)
全然調子が悪かったので、思い切って行こう、思い切って振ろうということだけを今日は意識していました。
(ご自身の役割はどのようにとらえている?)
9番なので打点を挙げることはなかなかないので、塁に出て得点圏に進むというのが役割だと思っています。
(最終カード・立正大戦に向けて)
勝てば優勝なので死ぬ気でやります。