【アイスホッケー】【アイスホッケー】東海大に悔しい敗北、リーグ後半戦は黒星発進に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学リーグ ディビジョンⅠグループB 於ダイドードリンコアリーナ
◆結果◆
青学大●2-4○東海大
1P 1-0
2P 1-2
3P 0-2

本日からリーグ後半戦がスタート。東海大と2回目の対戦となった。
第1ピリオドは先制点を決めリードするも、第2ピリオドで同点となり、第3ピリオドでは相手に流れを掌握され2-4で敗北となった。

第1ピリオド、激しい攻防となるが、#1中川原渉太(文1)のセーブで無失点に抑える。さらに終盤の#9矢野桂司(営4)のゴールで先制し、1-0で第1ピリオドを終える。

img_8000

第2ピリオド、追加点の欲しい東海大に押され、開始4分47秒でゴールを許し同点とされる。ペナルティーなどで流れをなかなか掴めない青学大だったが、#18石崎湧一(国4)が放った鋭いシュートがゴールに突き刺さり、再びリードを奪った。しかし、東海大も黙ってはいない。ゴール前に攻められた際に隙を狙われ、パックを押し込まれる。2-2の同点で最終ピリオドへ。

img_8069

img_8126

第3ピリオド、序盤から相手に攻められ、開始5分22秒でゴールを許し、流れを掌握されてしまう。うまくパスを繋ぎ追加点を狙いたいが、キルプレー中に再び失点。終盤にすかさずタイムアウトをとり悪い流れを断ち切ろうとするが、最後まで決定打は出ず、2-4で試合終了となった。

img_8146

前半戦は2勝3敗で4位と振るわない成績となったが、後半戦はまだ始まったばかり。ここからの巻き返しに期待だ。(大澤佳奈)

石崎主将コメント
「(今日の試合は)最初先制して、次同点にされて、もう一回逆転されて、と形としては良い流れで最後第3ピリオドに入れたんですけど、チームや個人のミスで逆転されてしまって、そこから立て直すことができなかったのでそこが今後の課題だと思います。内容としては、特別何かが劣っていたわけではないですけど、チーム力で負けてしまったと思います。(リーグ前半戦を振り返って)実際前半の5試合ともやっていることは変わらなかったので、今後も同じことを続けていくしかないと思います。振り返ってみたとき、内容としては負け試合も悪くなかったので、後半戦は元気がない感じですがこれから頑張りたいと思います。(次の試合に向けて)前回勝っている相手ですが、自分たちのホッケーは変えずにしっかり良い形で大東大戦や専大戦につなげたいです」