【硬式野球】【硬式野球】延長13回の熱戦制す!2季連続の2部優勝へ王手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球秋季2部リーグ戦 対立正大 第1回戦 於府中市民球場

◆結果◆
青学大 000 110 000 000 1|3
立正大 001 100 000 000 0|2

◆出場選手◆
1(遊) 遠藤康平
2(二) 吉澤岳志
3(右) 佐藤将
4(三) 西村大樹
5(左) 長野勇斗
6(捕) 山田誠也 →(打) 前川直哉 →(捕) 小坂井智朗
7(指) 丹治光生
8(一) 内田遼汰 → (走) 鈴木拓夢 → (一) 吉澤輝一
9(中) 徳本健太朗
投手 → 岡野祐一郎 → 葛川知哉

9月5日に開幕した秋季リーグ戦もいよいよ終盤。ついに最終カードとなる立正大戦を迎えた。今カードで立正大相手に勝ち点を挙げれば2季連続の2部優勝が決まる青学大。勝利だけを見据え立正大に挑んだ。

この試合先発は岡野祐一郎。
%e5%b2%a1%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93
先制は許したくない岡野だったが3回、ヒットと盗塁でチャンスを広げられると、相手の4番に適時打を許し1点を失う。しかし、後続を打ち取り最少失点で切り抜ける。

リードを許した嫌な流れを断ち切りたい青学大は4回。この回先頭の佐藤将主将がチームを救うライトへの本塁打を放ち、すぐさま試合を振り出しに戻す。
%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%83%b3

%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%a4%e3%83%b3
このままの勢いで逆転したいところだったが追加点は挙げられず。

流れが青学大に傾いたと思われたものの、その裏に相手打線に連打を許し1失点。なおも1死2塁のピンチを背負うが、岡野はここでも安定したピッチングを見せそれ以上の失点は許さない。

早々に追いつきたい青学大は続く5回。この回先頭の徳本健太朗は打ち取られるも、続くバッター・遠藤康平が左中間へ本塁打を放ち、再び同点に戻す。
%e9%81%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0

%e9%81%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%a9%e3%83%b3

%e9%81%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81
両チームともに点を奪われては奪い返し、優勝を争うチーム同士の戦いにふさわしい接戦となりゲームは後半戦へと入る。

6回、7回と相手打線をテンポよく打ち取った岡野。しかし8回、四球や足を絡めた攻撃で1死1、3塁のピンチを背負う。ここで岡野に代わり葛川知哉がマウンドへ。
%e8%91%9b%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93
最初の打者を四球で出塁させ、1死満塁と絶好のチャンスを作られる。しかしここから葛川が圧巻のピッチングを披露。続く打者を内野ゴロ、三振に打ち取りこの試合最大のピンチを無失点で切り抜ける。

その直後の9回の攻撃で青学大も大きなチャンスを作る。この回先頭の長野勇斗がレフトへのヒットで出塁すると、
%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93
代打・前川直哉がバントで送り1死2塁。続く丹治光生が相手のエラーで出塁、内田遼汰が四球を選び1死満塁のチャンスを作る。しかし、後続が倒れ得点ならず。互いに追加点を奪えず、2-2で延長戦へと入る。

延長戦に入った後も両チームともにスコアボードに0が並ぶ緊迫した試合展開となる。この均衡を破ったのは青学大。13回の表、この回先頭の佐藤が四球で出塁し、続く西村大樹が犠打で送り、1死2塁。長野はレフトフライに倒れるも、続くバッターはこの日途中出場の小坂井智朗。
%e5%b0%8f%e5%9d%82%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0
ライトへの適時二塁打を放ち、この試合初めてリードを奪う。
%ef%bc%93%e7%82%b9%e7%9b%ae%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%a4%e3%83%b3

%e5%b0%8f%e5%9d%82%e4%ba%95%e4%ba%8c%e5%a1%81
味方に貴重な援護をもらった葛川はその裏の攻撃もしっかりと抑えゲームセット。4時間12分に及ぶ死闘の末、立正大相手に競り勝った。

この勝利で2部優勝へ王手をかけた青学大。しかしまだまだ気は抜けない。先勝したよい流れを切らさずに連勝で勝負を決められるか。優勝への強い気持ちを胸に再び立正大へ戦いを挑む。(笠原優香)

☆葛川コメント☆
(今日の試合を振り返って)
緊迫した終盤で1点取られてはいけない場面で出させてもらって、とりあえず抑えることとよい形で抑えて味方に流れを持ってこようと思って投げました。
(8回満塁のピンチで意識していたことは?)
とりあえずひとりずつアウトを積み重ねるしかないというのと絶対に点をやってはいけないっていうその2つだけを意識していました。
(今日のコンディションは?)
結構調子はよくて、自信を持って投げることができました。
(今後へ向けて)
とりあえず次勝って2部優勝しなければ次進めないので次も勝って、春果たせなかった1部昇格を目標にしてやっていきたいです。

☆遠藤コメント☆
(今日の試合を振り返って)
勝ち点を取れば優勝だったのでとりあえず「初戦は大事だ」ってみんなで言ってたのでどんな形でもいいので勝ちに行こうという風に臨みました。
(ホームランについて)
ずっと打てなくてチームに迷惑をかけていて1番で使ってもらって、逆に強気で行けたっていう感じで結果ホームランになってチームにちょっと貢献できたのでよかったなと思います。
(1番で意識していることは?)
1番は初回出塁したいと一番思っているんですけどそれができなかったんで、でもまた試合でチャンスが来ると思っていたのでそこに備えて絶対に打とうと思っていました。
(次へ向けて)
絶対に次も厳しい戦いになると思うので、ここで一息はついたんですけど、もう一回切り替えて次も今日と同じような気持ちで絶対に勝ちに行くという気持ちを忘れずに自分たちのやるべき野球をすれば勝てると思っているので、次も全力でやっていきたいです。

☆小坂井コメント☆
(今日の試合を振り返って)
延長だったんですけど葛川が粘り強く投げてくれて、自分はバントのミスがあったんですけど最後ああやって打ててよかったです。
キャッチャーをやったのが久々だったんですけど、バントミス以外は盗塁を刺したりっていうのもありますし、チームに貢献できたかなと思います。
(今後に向けて)
次1勝すれば優勝なので、もう次で終わらせるという気持ちでチーム一丸となって頑張っていきたいです。