【硬式野球】【硬式野球】1点が遠く惜しくも敗戦…2部優勝の行方は第3回戦に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球秋季2部リーグ戦 対立正大 第2回戦 於府中市民球場

◆結果◆
立正大 011 010 000|3
青学大 000 002 000|2

◆出場選手◆
1(遊) 遠藤康平
2(二) 吉澤岳志
3(右) 佐藤将
4(三) 西村大樹
5(左) 長野勇斗 →(走) 鈴木拓夢
6(捕) 小坂井智朗 → (捕) 三浦颯大
7(指) 丹治光生
8(一) 内田遼汰 → (打) 渡邊郁也
9(中) 徳本健太朗
投手 近藤卓也 → 及川豪

立正大との第1回戦で延長の末、辛勝した青学大。この第2回戦で勝利を収めれば2部優勝が決まるという大事な試合だったが、1点が遠く惜しくも敗れた。

この試合の先発を任されたのは近藤卓也。
%e8%bf%91%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93
1回を無失点で切り抜けるものの、続く2回、ノーアウト満塁のピンチを背負う。その後の打者に四球を与え、押し出しで1点を献上。しかし続く打者をしっかりと打ち取り、1失点でこの回の攻撃を終わらせる。

何とか追いつきたい青学大。しかし第1回戦に引き続きこの試合でも先発を担った黒木を打ち崩せず、得点を奪えない。

一方の近藤は苦しいピッチング。3回に本塁打を許し、5回にも1点を追加され0‐3と相手打線にじわじわ点差を広げられる。

後半戦の6回からは及川豪がマウンドへ。
%e5%8f%8a%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93
この回を3人できっちりと抑え、味方の援護を待つ。

その裏の攻撃で、ついに青学大が反撃を開始する。2死から佐藤将主将が四球で出塁すると、続くバッターは西村大樹。
%e8%a5%bf%e6%9d%91%e3%81%95%e3%82%93
レフトへのヒットを放ち2死1、2塁とする。続く長野勇斗の打席間のボークで2死2、3塁とチャンスを広げると、長野がセンターオーバーの適時三塁打を放ち一気に1点差に詰め寄る。
%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%93%e5%a1%81
6回からマウンドに上がった及川が相手に追加点を許すことなく、2‐3で迎えた9回裏。6回に打点を挙げた長野がレフトへのヒットで出塁する。
%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0
続く三浦颯大が犠打で送り1死2塁。このチャンスを得点に結び付けたい青学大だったが、後続が倒れ万事休す。この試合で2部優勝を決めることはできなかった。

この結果により優勝の行方は第3回戦へゆだねられることになった。この敗戦の悔しさを胸に是が非でも第3回戦では勝利を掴み取る。(笠原優香)