【硬式野球】【硬式野球】再びの死闘は非情な幕切れ…2部優勝叶わず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球秋季2部リーグ戦 対立正大 第3回戦 於サーティーフォー相模原球場

◆結果◆
青学大 000 010 000 001 1 |3
立正大 000 001 000 001 2x|4

◆出場選手◆
1(遊) 遠藤康平
2(二) 吉澤岳志
3(右) 佐藤将
4(三) 西村大樹
5(左) 長野勇斗
6(捕) 小坂井智朗
7(指) 丹治光生
8(一) 内田遼汰
9(中) 徳本健太朗
投手 → 葛川知哉

第1回戦を延長戦の末に勝利で飾ったものの、後が続かず1勝1敗で迎えた立正大との第3回戦。勝てば優勝、入替戦への切符を手にできる大事な一戦が幕を開けた。

青学大は初回からチャンスを作る。2死ながら3番・佐藤将主将がセンターへのヒットを放ち出塁。
%e4%bd%90%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93
続く西村大樹もレフトへのヒットを放ち2死1、2塁と得点圏にランナーを進める。
%e8%a5%bf%e6%9d%91%e3%81%95%e3%82%93
ここで先制したいところだったが後続が倒れ、この回無得点。
その後も4回まで毎回のようにヒットは出るものの得点に結びつかず、迎えた5回。2死で1番・遠藤康平がバッターボックスへ。
%e9%81%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%91%e6%9c%ac%e7%9b%ae%e3%83%90%e3%83%83%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0
初戦に引き続き、チームを救う本塁打を放ち先制に成功。
%e9%81%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%91%e6%9c%ac%e7%9b%ae%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%84
欲しかった先取点を手にし、ベンチ、スタンドが歓声で湧き上がる。

青学大の先発を任されたのは、立正大との初戦でリリーフし圧巻のピッチングを見せた葛川知哉。
%e8%91%9b%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%93
この試合でも立正大打線を5回までノーヒットで完璧に抑え込む。1‐0と1点リードで試合は後半戦へ。

ここまで好投を見せていた葛川だが6回。この回の先頭打者にヒットを許し、犠打と長打で1点を失う。なおも犠飛を決められ2死3塁のピンチ。しかしここも続く打者を内野ゴロで打ち取り、逆転は許さない。

7回以降は互いに譲らず、点を奪えない時間帯が続く。1‐1のまま9回を終了し、初戦に続き延長戦へ。

延長に入っても続投し、要所を締める気迫のピッチングを見せる葛川を援護したい打線だが、10回、11回と無得点に終わる。しかし迎えた12回。この回先頭の長野勇斗がセンターへのヒットで出塁する。
%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92
続く小坂井智朗が犠打をきっちりと決め、
%e5%b0%8f%e5%9d%82%e4%ba%95%e3%81%95%e3%82%93
1死2塁。続く打者は丹治光生。
%e4%b8%b9%e6%b2%bb%e3%81%95%e3%82%93
右中間への適時二塁打を放ち均衡を破る。これで2‐1と勝ち越す。
%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%a4%e3%83%b3

%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93%e5%be%b3%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93

この1点を守り切りたい葛川。しかし先頭バッターに二塁打を許し、犠打で1死3塁とされる。続く打者に犠飛を決められ、再び同点に。絶対に次の1点をやれない青学大。しかし続く打者にもヒットで出塁、二盗を許し、2死2塁のピンチ。何とか抑え込みたい青学大と試合を決めたい立正大の意地がぶつかり合う。しかし、ここでも葛川の気迫が勝り、後続を三振に打ち取る。まだまだ試合は終わらせない。

流れを引き戻したい青学大は続く13回。先制本塁打を放った遠藤がこの日二本目となる値千金の本塁打をレフトスタンドに運び、再び1点差とする。
%e9%81%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93
%e5%90%89%e6%be%a4%e3%81%95%e3%82%93%e9%81%a0%e8%97%a4%e3%81%95%e3%82%93
さらに続く吉澤岳志がライトへのヒット、佐藤が四球を選び0死1、2塁の追加点のチャンス。ここで一気に畳み掛け点差を広げたいところだったが後続が倒れ、1点止まり。

今度こそリードを守り切りたい青学大。しかし四球、二盗でチャンスを広げられるとセンターへのヒットでまたもや同点に追いつかれてしまう。続く打者を内野ゴロで抑えるも、1死2塁とピンチは続く。ここまで粘りのピッチングでチームに流れをもたらし続けた葛川。しかし続く打者の打球は非情にも右中間に抜け、サヨナラ負けでゲームセット。死闘の幕切れはあまりにも残酷だった。ベンチから一斉に走り出し、歓喜の輪ができる立正大に対し、呆然と立ち尽くす青学大ナイン。その対照的な光景が勝負の結果を痛いほどに物語っていた。
%e8%a9%a6%e5%90%88%e7%b5%82%e4%ba%86

2季連続の2部優勝は成し得なかったが青学大の強さを随所で示した今季。主将、学生コーチを中心にまとまり、高いチーム力でリーグ戦を戦い抜いた。いつもチームの先頭に立ってきた4年生はこの試合で引退。2部優勝、1部昇格の夢は後輩たちに託された。4年生の思いも胸に、来年こそは悲願達成へ。青学大の挑戦から今後も目が離せない。(笠原優香)