【アイスホッケー】【アイスホッケー】神大に勝利!リーグ最終戦を白星で飾る!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学リーグ ディビジョンⅠグループB 於ダイドードリンコアリーナ

◆結果◆
青学大○6-2●神大
1P 2-1
2P 2-1
3P 2-0

2ヶ月に渡るリーグ戦もついに最終戦を迎えた。対するは神大。4年生が東京で試合をするのはこの試合が最後だ。既にリーグ4位は確定していたが、良い形で大会を終えるためにも勝利が必須であった。
青学大は先制点を奪うと、そのまま流れを掌握。第1・2ピリオドで1失点ずつしたものの、終始試合を優位に進め、6-2で見事勝利となった。

第1ピリオド、開始2分19秒で湯澤寿弥(文4)が先制点をあげ、幸先の良いスタートを切る。危なげなく試合を進め、残り7分を切ったところで矢野桂司(営4)が追加点。しかし、神大も積極的にゴールを目指す。一瞬の隙を狙われ、残り2分22秒で失点を許し、2-1で第1ピリオドを終える。

%e7%9f%a2%e9%87%8e%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab

%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%be%8c

第2ピリオド、序盤から両校共にペナルティを出し、ペースを乱す。パワープレーのチャンスで石崎湧一(国4)主将がオフェンスの先頭に立ち、開始3分でパックを押し込みリードを広げる。その数分後、キルプレーという不利な状況ながらも、湯澤が相手のディフェンスをかわし一人で相手ゴール前まで向かうと、今試合2得点目となるゴールを確実に決めた。しかし、その後青学大は再びペナルティを出し、キルプレー中に神大にゴールを奪われる。それでも4-2と2点リードで最終ピリオドへ。

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e9%81%b8%e6%89%8b

%e7%9f%b3%e5%b4%8e%e9%81%b8%e6%89%8b%e2%91%a1

%e5%8d%83%e8%91%89%e9%81%b8%e6%89%8b

第3ピリオド、開始48秒で渡辺大智(営2)が追加点をあげるが、その後激しい攻防が繰り広げられる。神大の強い当たりに押されるが、なんとかピンチをしのぎ、残り4分20秒で石崎主将のアシストを受けたゴール前の湯澤がハットトリックを決め、一気にリードを広げる。その後ペナルティを出すものの、無失点に抑え6-2。リーグ最終戦は白星となり、笑顔で終えることができた。

%e6%b8%a1%e8%be%ba%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%be%8c

%e6%b8%a1%e8%be%ba%e9%81%b8%e6%89%8b

%e6%b9%af%e5%b1%b1%e9%81%b8%e6%89%8b

%e6%b9%af%e6%be%a4%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%be%8c

全ての試合を終え、5勝5敗でグループ4位。入替戦進出を目指していただけに、決して納得のいく結果ではない。しかし、試合を重ねる度にチーム力を上げ、下級生も活躍するなど確かな成長を感じることのできたリーグ戦となった。
来年1月には日本学生氷上競技選手権(インカレ)を控える。全国から強豪校が集まる中、少しでも上位を目指すべく青学大の挑戦はまだまだ続く。(大澤佳奈)

石崎主将コメント
「(今日の試合は)2点入れられてしまったんですが、荒いチームに対してしっかり対応はできたと思います。体では負けていなかったですし、最終的な目標はインカレの(2回戦まで進むと当たる)東洋大戦なので、そこに向けてもっと仕上げたいです。(リーグ戦全体を振り返って)長いリーグ戦だったので練習がだらけてしまったりと練習中の波があったので、そこの質をいかに上げるかが課題です。一方で、チーム力はこのリーグ戦で確実に成長したと思います。(個人として振り返ってみて)全然ダメでした。大事な試合で入れられなかったので、その得点力もですけど、いかに自分のプレーとチームのプレーを一致できるかがキーポイントとなっているので、得点は目に見える形で出ますが、それ以外の面でも貢献していきたいです。(インカレに向けて)組み合わせはまだ発表されていませんが、1回戦で勝つために、練習試合も2試合しっかりやって、東洋大と対戦できるように頑張っていきたいと思います」

湯澤選手コメント(この試合3得点)
「(今日の試合は)4年生が東京でやる最後の試合だったので良い形で終われて良かったです。(リーグ戦全体を振り返ってみて)思うような結果は残せませんでしたが、来年に繋がるプレーはできたと思うので、来年は昇格できるように頑張ってほしいです。(インカレに向けて)アイスホッケーをやってきた中で最後の大会となるので、精いっぱい頑張りたいと思います」

矢野選手コメント
「(今日の試合は)楽に勝てるとは思っていなくて、ちゃんと勝ててほっとしている気持ちが大きいです。(リーグ戦を振り返ってみて)なかなか勝てなくて苦しかったんですけど、最後に勝って終われて良かったです。(インカレに向けての意気込み)10年近くアイスホッケーをやってきて最後になるので悔いのないように、そしてもう1回良い思いをしたいので、相手は上位校ですけど頑張りたいです」

最後のリーグ戦を終え、来年1月のインカレで引退する4年生からコメント
石崎主将コメント(FW)
「(4年間振り返って)最後の年が一番大変だったなと思います。自分が最上級生になっていろいろ思うことがあって、でもそれも4年生の楽しさだったなと。1~3年生の間に感じられなかったことを今になって感じているので、それを後輩もわかってほしいなと思います。(1年間キャプテンを務めて)自分が思うようなチームにはできなかったですけど、自分の理想像に向かって頑張ることはできたので後悔はありません!(一番印象に残っている試合は)2年生の春の日大戦ですね。自分が2点入れて、しかも勝てたので。(石崎主将にとってアイスホッケーとは)13年間やってきたので、あって当たり前の存在というか。家族みたいなものですね。(後輩へのメッセージ)自分が思っているようなチームができなくても、4年生は止まらずに前に進まなければならないのでリーダーシップを発揮する必要があると思います。来年度は4年生が2人しかいないですが、しっかりやってくれると思います!」

%e7%9f%b3%e5%b4%8e%e9%81%b8%e6%89%8b

吉田崇朗選手コメント(FW)
「(4年間振り返って)リーグ戦で入替戦に行けたのは1年目だけで、4年生で入替戦にいけなかったのは心残りではあります。それでも今年からチーム状況が変わった中で、チームとしていろんなことに取り組めたのは価値のあることだったなと思います。(1年間副将を務めて)僕たちの意向にみんながついてきてくれたのが何より嬉しいことで、今後も4年生が中心となって引っ張ってくという伝統を続けていってほしいです。(一番印象に残っている試合は)今年の日体大戦はチーム状況がガラッと変わった中で、ボロ負けせずに接戦できてモチベーションになったと思います。(インカレに向けての意気込み)1回戦をしっかり進んで、2回戦目に進んで東洋大と戦ってホッケー界を賑わせたいですね。(後輩へのメッセージ)頼りない4年生だったと思うんですけど、その中でも引っ張っていこうという姿勢は見せられたかなと思うので、良い部分は引き継いで、悪い部分は改善していってほしいと思います」

%e5%90%89%e7%94%b0%e9%81%b8%e6%89%8b

矢野選手コメント(FW)
「(4年間振り返って)期待されて入った選手ではないので、そういった周囲を見返してやろうとやってきました。こうやって主力として出られているのもそのおかげだと思います。(1年間副将を務めて)キャプテンをもっと支えられていたらなと思いますけど、自分の役割を常に考えて行動できたと思います。(一番印象に残っている試合は)たくさんあるんですけど、昨年度のインカレですね。地元である日光で試合して、お世話になった人が着てくださって。また、1つ上の先輩にも同じ日光出身の先輩がいて、その先輩方が気持ちよく引退できるように、僕も頑張ったしチームも頑張れたので、一番の思い出です。(矢野選手にとってアイスホッケーとは)小学校からずっと続けてきたので、来年なくなるのが想像できないですね。ホッケーを通して成長できた部分が大きいです。(後輩へのメッセージ)もっと頑張れ!!って感じですね笑」

%e7%9f%a2%e9%87%8e%e9%81%b8%e6%89%8b

湯澤選手コメント(FW)
「(4年間振り返って)楽しかったです!(一番印象に残っている試合は)2年生の春の日大戦ですね。勝てたので。(湯澤選手にとってアイスホッケーとは)自分の人生そのものです。(後輩へのメッセージ)来年はもっと結果を残せるように頑張ってください!」

%e6%b9%af%e6%be%a4%e9%81%b8%e6%89%8b

村田秀斗選手コメント(GK)
「(4年間振り返ってみて)1年目は正直つらくて、2年目から楽しくなってきて、夏からキーパーに転向してみんなが助けてくれて、最後は良い結果ではなかったですけど楽しかったです!(一番印象に残っている試合は)2年生の春の日大戦です。昨年度のサマーカップで大東大に勝った試合ですね。あとはインカレの北陸大戦のPSですね。(村田選手にとってアイスホッケーとは)就職してからこれほど真剣に取り組むことはないと思うんですが、生活の一部になっているのでまだ実感がわかないですね。なくなることがまだ信じられないです。(インカレに向けての意気込み)2回戦では東洋大と当たると思うので、少しでも相手を苦しめられたらなと思います。(後輩へのメッセージ)今年から体制が変わって、僕たちも迷惑をかけたこともあったし、これから人数が減って大変だと思うんですけど頑張ってほしいです!」

%e6%9d%91%e7%94%b0%e9%81%b8%e6%89%8b

小野健次郎選手コメント(GK)
「(4年間振り返って)1・2年生の時が大変だったという印象です。(キーパーへの転向で苦労したことは)動きも全く違うので、何からやればいいのかもわからず苦労しました。(一番印象に残っている試合は)昨年度のリーグ戦の神大戦ですね。自分も出ていたので。(小野選手にとってアイスホッケーとは)大好きな後輩達に会える大切な時間です!(インカレに向けての意気込みと、後輩へのメッセージ)もう少しで引退なので、後輩たちには良い形で来年に繋げてもらいたいし、自分たちも後悔したくないのでもう少し頑張りたいです」

_s__19218604