【陸上競技】【陸上競技】復路も制し、箱根三連覇達成!サンキュー大作戦大成功!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第93回 東京箱根間往復大学駅伝競走 1月2日・3日 芦ノ湖⇔大手町

◆復路成績◆
第1位 青学大 5時間30分25秒
◆総合成績◆
第1位 青学大 11時間4分10秒

◆復路オーダー・記録◆
6区 小野田勇次(営2) 1位=6時間32分33秒(区間2位=58分48秒)
7区 田村和希(営3)※ 1位=7時間38分13秒(区間11位=1時間5分40秒)
8区 下田裕太(教3)※ 1位=8時間42分34秒(区間1位=1時間4分21秒) 区間賞!
9区 池田生成(社4) 1位=9時間52分29秒(区間2位=1時間9分55秒)
10区 安藤悠哉(教4)主将※ 1位=11時間4分10秒(区間4位=1時間11分41秒)
※当日変更7区 林奎介(機2)→田村、8区 吉永竜聖(総3)→下田、10区 中村祐紀(国3)→安藤主将

往路での優勝から一夜明け、迎えた復路。青学大は7区、8区、10区でエントリーを変更し挑んだ。まずは6区・小野田が区間2位の快走で勢いをもたらす。続く7区・田村にまさかのアクシデントが起こるも、8区・下田がそれをカバーする走りで後続との差を広げ優勝をほぼ手中に収める。その後、9区・池田、10区・安藤主将が安定した走りを見せ、総合優勝を果たした。

img_1976
フィニッシュテープを切る安藤主将〈写真提供=青学新聞編集委員会〉

6区を任されたのは、前回大会で1年生ながら同区間を区間2位で走った小野田。「33秒しか差がなかったので緊張して迎えた」と話した小野田だが、軽快な走りで序盤の上りを通過する。その後も昨年とほぼ同じタイムで走り、芦之湯では2位の早大との差を1分に広げる。しかし、激しい下りに入った7㌔付近から小野田に差込みが起こり、大平台では早大にその差を46秒まで詰められてしまう。差込みが治まってからはペースをぐんぐん上げ、2位早大との差を2分8秒まで広げ1位で7区・田村にタスキを渡した。

img_3049
下る小野田〈写真提供=青学新聞編集委員会〉

出雲・全日本で区間賞を獲得し、駅伝男とも呼ばれる田村。今大会では勝負を決めに行く7区での起用となった。田村が「10㌔までは自分が思い描いていたレースができた」と話すように、区間記録に迫るペースで序盤を走っていく。しかし、16㌔を過ぎた頃、田村に異変が起きる。年末に体調を崩した影響による内臓疲労で給水で水分補給を思うようにできず、脱水状態に陥いる。苦しい表情を浮かべながらも歯をくいしばり、必死で前に足を運ぶ田村。苦しい走りとなったが、最後は笑顔で下田にタスキリレー。この時、後ろを走る早大との差は1分21秒だった。

8区を走ったのは、昨年に続き2度目となる下田。区間新記録を狙いスタートした。下田は序盤から速いペースで入って、攻めの走りを見せる。平塚中継所での差を約1分広げ、茅ヶ崎を通過する。その後も快調に飛ばし、後続を大きく引き離す下田。区間新記録も狙えるペースの走りを続けていたが、強い日光と風が襲う遊行寺坂でペースを落とし区間新記録には一歩及ばず。それでも2位との差を5分32秒に広げた下田の走りは、青学大の優勝を大きく手繰り寄せるものとなった。下田は「区間2位と2分差をつけられたのは自分としても評価できるかなと思います」と振り返った。

img_0916
8区・区間賞の下田

下田からタスキを受けたのは、関東インカレ2部ハーフマラソン2連覇の実績を持つ池田。暑さと距離にめっぽう強い選手だ。原晋監督からは「オーバーペースになるな」との指示を受け、落ち着いてレースに入ることを意識した。本人は「少し力んでしまって、きつかった」と話したが、危なげない走りで2位との差を6分30秒に広げ、安藤主将の待つ鶴見中継所に到着した。

img_5131
最初で最後の箱根駅伝となった池田

アンカーを務めたのは、1年間チームをまとめ、引っ張ってきた安藤主将。チームメイトが待つ大手町へ向け出走した。独走状態でタスキを受け取り、「気を楽にして走れた」と安藤主将。晴れやかな表情で一歩一歩前進する。10㌔地点では今年度、寮長を務めた田村健人(教4)から給水を受け、笑顔も見せた。その後も安定した走りで最後の直線にさしかかると沿道からの大声援にガッツポーズで応える。悠哉コールをする選手たちに迎えられ、ガッツポーズでフィニッシュテープを切った。

img_2637
アンカー・安藤主将

悲願の箱根三連覇、大学駅伝三冠を成し遂げた青学大。チームは歓喜の渦に包まれた。中でも、青学生として最後の駅伝となった4年生の喜びや達成感はひとしおであるはずだ。卒業後も競技を続ける選手は世界を目指す。
下級生も来年度に向けそれぞれが目標を定め、取り組んでいく。全ての選手の活躍、箱根4連覇に期待したい。(舟橋冴香)

以下、監督、選手、主務のコメントです。
原晋監督
――三連覇三冠を達成した感想
ホッとしました。素直にうれしいです。
――4区5区の距離変更など、一筋縄ではいかない駅伝だったと思いますが、いかがでしたか?
距離変更は青学だけでなく他の大学も平等なのであまり、気にしませんでした。他の大学はあまり気にせず、自分たちにとってはベストの状態で挑もうと思いました。
――復路の区間変更について
3パターン用意していました。より安心して三連覇三冠を達成するためにギリギリまで悩んでいました。ある意味贅沢な悩みだったと思います。自分たちが最高のパフォーマンスができるように組みました。
――秋山選手について
秋山、よくやってくれたと思います。スイッチが入った時の秋山は強いです。
――小野田選手について
6区にはゲームチェンジャーの小野田を起用しました。平地でも山下りでもOKということだったので、ロードレースの様子を見て決めました。
――田村選手について
体調を崩しており、12月30日に寝込んでいた。風邪ですね。風邪が回復しきっていませんでした。ゆっくり休んでほしいです。
――池田選手について
池田はチーム1の練習熱心で努力家。関カレでは調子が良かったが、8月に練習のし過ぎで貧血を起こしてしまった。
――青学生に向けてメッセージをお願いします。
「青学ってすごいんだぞ」ということを伝えたい。みんなで個の色合わせて、個性を生かして、自分にできることをやってほしいですね。

1区・梶谷瑠哉
――三連覇三冠を達成した感想
正直、初駅伝で三連覇三冠っていうすごい結果がついてきたっていうのは本当に嬉しいことだなと思います。
――1区に決まったタイミングとその時の気持ち
12月中旬くらいに走るかも知れないっていうのは言われていて、その中で不安はあったんですけど練習の中で自信に変えていくことができました。
――レースを振り返って
レース自体はスローペースで、自分は秒差なくもって来いということだったので、それが一番かないやすいスローペースでラッキーだなと思っていて、ラストであれだけ勝負できたなら、練習をもっと積めればもっと戦えるかなとは思います。
――山の準備はしていましたか?
5区は候補に上がってはいましたが、ただ名前があっただけで。5区は何も考えていなかったです。
――今後の目標を教えてください。
しっかり青学大で柱になれるように、まずは練習を積めるように、故障しないようにやっていくことと、駅伝で活躍できるようにしていくということですね。

2区・一色恭志
――三連覇三冠のかかった今大会にプレッシャーはあったか
三連覇へのプレッシャーはあまりなかったです。
――レースを振り返って
自分のペースで走るのが得意なので、集団でのレース展開には走りにくさもありました。順位だけは押さないようにと意識して、走ったが最終的には特に良くも悪くもない凡走だったと思います。
――最後の駅伝でしたが
これまで3回2区を走ったが、4年生で(最後ということもあり)特別に感じました。ゴールの瞬間も今までは特別何か思うことはなかったが、今回はグッとくるものがあった。
――ゴール地点で、どのような思いで安藤主将を迎えたか
「4年間お疲れ様」という気持ちを迎えました。
――今後の目標を教えてください。
まずはびわ湖毎日マラソン、そして世界陸上の選考に残ることです。

3区・秋山雄飛
――三連覇三冠を達成した感想
入学したときはまさか優勝するとすら思わなかったので、正直本当に嬉しいです。
――3区に決まったタイミングとその時の気持ち
3区の担当は直前に決まって、正直監督も自分も不安だらけだったんですけど、結果的に走ることができてよかったです。
――直前に調子が上がったのですか?
そういうことですね。
――レースを振り返って
レース前の自分のシュミレーションではもしかしたら山梨学院さんが前にいるかもしれないって思っていたんですけど、意外や意外神奈川大学さんが40秒近く前にいてかなり動揺していたんですけど、レース前にトレーナーの方やみんなからプラス思考とかで考えてメンタルの部分をちゃんと強化しておくようにって言われておりましたので、動揺することなく、むしろここで逆転したらヒーローだっていう気持ちで走りました。落ち着いて走ったらジリジリとつまってきたので、13㌔地点くらいで一気に抜いてやろうと思って抜きました。
――監督からかけられた言葉を教えてください。
ラスト1㌔くらいで区間2位と5秒差だと知らされて、湘南の神になるぞって思いました。
――湘南の神はその時から頭にあった言葉ですか?
そうですね。俄然やる気が出ました。
――4年間で印象に残ってること
やっぱり初優勝したときの箱根駅伝で自分はメンバーじゃなかったのでそれが一番悔しかったという気持ちが大きかったです。
――今年度を振り返って
つらい記憶の方が多くて、何とも言えないです。
――下級生へメッセージをお願いします。
今季もずっと不調の中、それでもこの場にあがることができたので、後輩には最後まで諦めず腐らずに自分の目標を目指していってほしいです。
――今後の目標を教えてください。
世界の舞台に出たいとは思っているのでまずはそのために日本選手権の標準記録っていうのを抜こうと思っています。

4区・森田歩希
――三連覇三冠を達成した感想
素直に嬉しいという気持ちが一番あるんですけど、その中で自分がしっかり優勝のメンバーとして入れたことが嬉しく思います。
――4区に決まったタイミングとその時の気持ち
4区はエントリー直前の12月26日くらいのミーティングで発表されてたんですけど、正直最初は4区というのは考えていなかったので驚きました。この区間でしっかり戦うことができたら来年につながるなと思って、そこはプラスに考えました。
――レースを振り返って
今回は3区の秋山さんがよい位置でタスキを持ってきてくれたので自分のところは気持ちよく走らせてもらいました。その中で少しでも貞永さんに楽をしてもらおうと思って差を広げようと思ったんですけど、そこまで差は広げることはできずに最低限の走りという形になりました。
――全日本の時は2位で、今回はトップでタスキを受け取りましたが何か違いはありましたか?
全日本の時も結局はひとりで走るっていう形だったので、あまり変わらなかったですけど今回は少し後ろが離れていたので少し余裕をもって走ることができたので、そこは全日本とは違ったかなと思います。
――監督からの指示を教えてください
気温が高くなるとのことだったので後半15㌔からしっかり勝負していこうという感じで言われていたので、前半は抑えていけという感じで言われていました。
――タスキリレーの時の声の掛け合いについて
秋山さんにもらった時は「頑張れ」って言ってもらって、貞永さんに渡すときは「お願いします」と言って渡しました。
――今後の目標を教えてください。
近い大会でいうと立川ハーフで上位入賞してユニバーシアードのハーフマラソンに出たいという思いがあるので、それが目標です。来年度の三大駅伝に向けては主要区間を走って区間賞をとりたいというのが目標です。

5区・貞永隆佑
――三連覇三冠を達成した感想
まだ自分が走ったという実感がないですね。
――5区に決まったタイミング、その時の気持ちは?
12月10日にエントリーメンバーが発表されて、その後はまだ茂木さんと争っていたんですけど、その5日後、1週間後に決まりました。本当に素直に言うと、嫌でした(笑)。プレッシャーの方が強かったです。
――山候補に以前から挙げられていましたが、どのような対策をしていましたか?
日頃のコアトレーニングだったり、そういうところを山対策にしていました。
――当日のレースプランは?
相手の大学との兼ね合いもありますけど、「自分は自分のリズムで」と思って走っていましたね。
――監督からの指示はありましたか?
前半を抑えて走れと言われていました。他には何も言われなかったです。
――特にきつかったポイントは?
登りは結構スイスイ登れて楽しかったんですけど、頂上に行ったら風が強くてそこからがつらかったです。
――タスキリレーの際に森田選手と声を掛け合いましたか?
覚えてないですね。僕が上がっていたので、緊張で。
――今後の目標をお願いします
トラックシーズンが4月から始まるのでそこで力をつけて、その後の駅伝シーズンに向けてしっかり走れるようにしていきたいと思います。

6区・小野田勇次
――三連覇三冠を達成した感想
素直に嬉しいですかね。特にそれ以外はないです。
――6区に決まったタイミング
担当区間は10日前くらいに言われて、5区が不安だと監督はずっと言っていて、2位か3位くらいでくるんじゃないかなと思っていました。先頭で来たので気は楽にはなったんですけど、33秒しか差がなかったので緊張して迎えました。
――2年連続で6区を走る手応え
最初の5㌔は抑えて入ったんですけど、去年と同じくらいで入れたんで、力はついてきているのであとは、自分の体調管理をしっかりやればいけると思いました。
――監督からの指示を教えてください。
33秒だけど慌てるなと、リラックスして行けと言われました。
――タスキリレーの時はどんな言葉をかけましたか?
僕は「お願いします」って言って、渡しました。
――今後の目標を教えてください
箱根駅伝で6区区間賞は最大の目標なので、それに向けてしっかりやって行きたいなと思います。

7区・田村和希
――三連覇三冠を達成した感想
率直に嬉しいですし、今年1年間それを目標にやってきたので本当に4年生には笑顔で終わってもらえてよかったです。
――7区が決まったタイミングは?
12月30日に体調が思わしくないということで監督に「1日だけ休ませてください」と打診して、その時点で「往路は厳しいです」と監督に伝えて復路にまわりました。元から3区か7区という感じだったので、体調不良がなければ3区だったかな。それだったら秋山さん走れなかったんですけどね(笑)。結果オーライという感じです。
――レースプランを教えてください。
10㌔までは自分が思い描いていたレースができて、これはいけるなと思ったんですけど、やっぱり体は正直で結局こうなっちゃったかなという感じで。(12月30日の体調不良の影響?)体の方は全然よかったんですけど、内臓疲労の方があって水分補給をした時にうまく吸収されずに上がってきた感じで、スピードを上げたくても上げられなかったです。
――監督からの声掛けは?
最初は「いいぞ」って感じだったんですけど、きつくなってからは「深呼吸しろ」とか気になっていたと思うので心配をかけてしまいました。
――下田選手とのタスキリレーについて
きつすぎて声は掛けていないんですけど、とりあえず笑顔で渡そうと心掛けて、その時できたそれなりの笑顔はできたかなと思います。下田に関しては「任せろ」と言ってくれて、出雲、全日本と不調で僕が埋める感じだったんですけど、今回は下田が僕の悪かった走りを埋めてくれる走りを、『任せろ』と言ってくれたので任せられるなと思いました。
――卒業する4年生との印象深い思い出は?
先輩としては一番長く3年間一緒に生活だったり練習だったりしている中でやっぱり一番思い入れがあります。特にこれというのはないんですけど、今年は本当にチームワークのよさというのが出て、去年の先輩方は強かったんですけど、今年は今年でチームでカバーし合う強さがあったと思うので、来年以降も個人が強くなることも当たり前ですけど、こういうチームを作っていきたいなという気持ちになりました。
――今後の目標をお願いします。
チームとしては僕が最上級生になる最後の年は箱根四連覇、1年生で優勝した時から自分の中で掲げているんですけど四連覇を取りたいです。個人としては、まだわからないんですけどマラソンの挑戦、去年10000mの日本選手権の標準を切ったので日本選手権という日本のトップレベルの舞台で戦えるかというのも挑戦ですし、いろいろな挑戦が最後の4年で高いレベルでできると思うので、どういう結果になるかわからないですけど、果敢に攻めてチャレンジしていきたいと思っています。

8区・下田裕太
――三連覇三冠を達成した感想
1年間箱根に向けていろいろやってきたので、ここで結果を残せてよかったです。
――8区に決まったタイミング、その時の気持ちは
27、28日くらいだと思います。復路だったら8区と考えていたので、8区で来たら、往路のメンバーを見ても混戦になるだろうな、自分のところでしっかり勝負を決めたいという気持ちでしたね。
――どのようなレースプランを考えていましたか?
本当はもう少しゆったり行ければよかったんですけど、ペースがあまりわからずに自分が行けると思ったところでおしていったら結構15キロできつくなってしまい、ラスト止まってしまった。もうちょっとゆっくり行ければ前のタイムは抜けたと思います。
――監督からの指示は?
ゆっくり行け、ゆっくり行けと言われていたんですけど、やっぱり区間新というのが頭の中にあって突っ込む形になってしまいましたね。
――タスキリレーの際に田村選手に何と声を掛けたのですか?
あとは任せろと言いました。
――4年生とは最後の箱根でしたが
いろんな方と仲良くさせてもらっていたので、その4年生にこういう形で少しでも恩返しができて本当によかったと思います。
――今後の目標をお願いします
マラソンのことはまだわからないんですけど、東京オリンピックに向けてやっていこうということは変わらないので、今できることを一つずつやって結果を残せればと思います。

9区・池田生成
――三連覇三冠を達成した感想
最高です。
――9区に決まったタイミングとその時の気持ち
29日前後です。頑張ろうと思いました。
――レースを振り返って
めちゃくちゃしんどかったんですけど、応援のおかげで何とか走りきることが出来ました。
――レースプランを教えて下さい。
最初落ち着いて入って、リズムよく淡々と刻もうかなと思ったんですけど、少し力んでし
まって。でもきつくなった分最後まで耐えることが出来たのかなと思います。
――監督からの指示は?
ゆっくり入らなくてもいいけど、オーバーペースになるなという風に言われていました。
――暑かった?
暑いのは得意なので。
――タスキリレーの際にかけた言葉は?
安藤には「あとは任せた」と言いました。
――4年生の存在は?
当たり前なんですけど、大事な仲間ですね。
――4年間を振り返って印象に残っていることは?
たぶん今日だと思います。4年間の最後の日なので今日です。
――下級生へメッセージをお願いします。
冗談抜きで箱根はしんどいから練習頑張れって言いたいです。
――最初で最後の箱根だったが?
思い入れはすごく強かったんですけど、その気持ちがレースに出たかなと思います。
――復路のエース区間を任されたが?
自分はチーム10人の中で一番遅いんで、そんなに気負わずに他の人に任せたという気持ちで気楽にスタートできました。

10区・安藤悠哉主将
――10区をどのような気持ちで走りましたか?
前のみんなが無事にタスキをつなげてくれて、しかも良い位置で受け取ることが出来たので気を楽にして走ることができました。
――主将としてこの1年を振り返って
前半はケガをしていて苦しい日々が続きました。ケガが治って復帰してからは、4年生が助けてくれて、何とか引っ張っていくことができました。
――4年生、チームにメッセージをお願いします。
4年間ずっと一緒に頑張ってきて、そして助けてもらった。本当に感謝しています。
これからまだまだ強くなっていくと思うし、それだけの力を持っているのでこれからの成長に期待したい。頑張ってほしい。

主務・小関一輝
――三連覇三冠の感想
とりあえず素直にうれしいです。1年間これをずっと目標にやってきたので達成できてほっとしているというのが正直なところです。
――主務という立場からチームを見続けてきて、チームはどう成長してきたと思いますか?
最初はチーム全体がバラバラで、一人一人の目標がどこに向かっているのか正直よくわからない状態だったんですけど、合宿とか練習とか試合とかそういうものを重ねていくにつれて、チームの一体感というものが出来てきて、徐々に駅伝シーズンになってくれば出雲駅伝だったり全日本大学駅伝、箱根駅伝とひとつひとつを勝ちに行くというチームの雰囲気が出来てきたので、大会ごとのステップを踏むごとに少しずつ成長できていた。その結果として三冠を達成できたのではないかなと思います。
――主務として苦労したことは?
3月あたりまで、合宿とかも続いてきたんですけどなかなか僕自身が上手く回していなくて…チームをまとめる上で指示出しだったり、先読みして予定を組み立てて選手をスムーズに動かしていくっていうのがなかなか難しかったので、そういった面で苦労しました。それからは結構4年生の他のメンバーとかもどんどん積極的に声をあげてくれるようになったのでその面では僕の気づかない所をフォローしてくれたりして本当に助かって、チームとして形になってきたなと思います。
――主務としてよかったなと思ったこと
試合で勝ったことですかね。箱根駅伝、出雲、全日本でも最後ゴールテープを切って、みんなで笑顔でワイワイはしゃげてそういうことができるチームになったということが、本当にやってきてよかったと思える瞬間ですね。
――下級生へメッセージをお願いします。
今回三冠して来年もプレッシャーがかかるかもしれないですけど、つまらない思いをしてやっていても仕方がないので、とりあえずまずは走ることを楽しんで、日々の努力をしっかりやってくれれば結果は自然とついてくるものだと思うので、楽しんでやって頑張ってほしいと思います。