【レスリング】【レスリング】JOC杯 6人が表彰台!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

JOCジュニアオリンピックカップ 4月22,23日 於・横浜文化体育館

◆結果◆

男子 ジュニア

フリースタイル

60キロ級 吉川貴紘(済1) 3回戦敗退

60キロ級 土屋佑斗(総1) 3回戦敗退

66キロ級 掛川修平(営1) 2回戦敗退

120キロ級 岩城啓裕(総2) 3位

グレコローマンスタイル

60キロ級 成國大志(営2) 優勝

66キロ級 小西央記(済2) 3回戦敗退

74キロ級 磯田隆(済3) 準々決勝敗退

84キロ級 藤井達哉(済2) 優勝

96キロ級 後藤南斗(済1) 1回戦敗退

女子 ジュニア

48キロ級 澤田千優(総2) 準優勝

51キロ級 加賀田葵夏(マ2) 優勝

59キロ級 荒井香帆(社1) 3位

67キロ級 木村夕貴(済2) 1回戦敗退

 

個人賞

JOCジュニアオリンピックカップ賞 加賀田葵夏

オリンピックゴールドメダリスト賞 成國大志

 

4月22,23日にわたってJOCジュニアオリンピックカップが開催された。青学大からは新入生を含めた13名が出場し、3名が優勝するなど好成績を挙げた。

また、加賀田と成國が個人賞を受賞するなど、存在感を見せつけた大会となった。

 

▲澤田(青)


準々決勝、澤田は終始果敢に相手を攻め立てた。相手のバックを取り、4点の投げ技も決めた。しかし、澤田自身も「失点が多かった」と振り返ったように、相手にも点数を奪われ、試合の結果は15-6と、勝ったものの納得のいく試合運びではなかった。
準決勝。「少し落ち着いて」そう決めて試合に臨んだ。相手に一度も隙を見せず、立て続けに得点を重ね、12-0でテクニカルフォール勝ちとする。
迎えた決勝戦。開始早々、相手に足を取られ体制を崩し、バックを奪われる。その後ローリングを連続で決められ、1分49秒でテクニカルフォール負けを喫し、準優勝となった。

 

▲加賀田(赤)


初戦、加賀田は試合の開始の合図と共に積極的に相手へ向かって行った。開始1分30秒、相手のバックを奪う。その後もバックをとってからテンポよくローリングに持ち込み、1P2分29秒でテクニカルフォール勝ちとした。
準々決勝では、相手に得点を許しながらも自身で点数を稼ぎ、11-8で勝利を収める。
自分から攻めることを意識して臨んだ準決勝。相手は4月のクイーンカップで優勝した実力者。1Pでは0-1と我慢が強いられたが、2Pからは本来の攻めが次々と決まり、試合は8-1で勝利。
決勝戦、前の試合の勝利から加賀田の攻めの勢いと気持ちの強さは相手を圧倒した。1P、獲得した8点すべてがバックを奪うという加賀田の攻めの積極さがうかがえる。2Pも相手に1点も与えずに試合を終え、5分2秒でテクニカルフォール勝ち。優勝を決めた。

 

▲荒井(赤)

2回戦からの登場となった荒井は、積極的にポイントを取りに行く。しかし5分23秒に相手選手が怪我で棄権し準々決勝へ。

準々決勝では1Pで0‐1と相手にリードされる苦しい展開に。しかし2Pで6ポイントを奪取し6‐3で勝利を収める。

続く準決勝。相手に圧倒され得点を挙げることができず2分11秒でテクニカルフォール負け。今大会を3位で終えた。

 

▲岩城(赤)

1回戦、岩城は序盤に4-0でリードするが、相手に後ろに投げられ4-6と巻き返される。しかし2分20秒でフォールをとり、8-6でフォール勝ち。準決勝では、序盤から場外、ローリング、バックと相手の猛攻でポイントを連取され0-10で敗戦。今大会を3位で終えた。
▲成國(青)
2回戦からの登場で不戦勝、3回戦は12-4のテクニカルフォール勝ち、準々決勝は11-0のフォール勝ちと順調にコマをすすめた成國。準決勝では開始直後から攻め、バックをとるが、その後うしろに倒されて場外をとられ2-4とリードされる。しかしバックで2ポイントを取り返し同点に追いつく。2Pでは連続で場外をとり、相手を持ち上げるなど積極的に攻める。終盤、バック、場外でポイントを連取し9-5で判定勝ち。決勝では開始直後から両者とも譲らず拮抗する。1P中盤、成國が相手を持ち上げうしろへ倒す。相手にチャレンジされるが失敗し、5-0とリードする。2Pで連続で場外、終盤にバックをとり、9-0でテクニカルフォール勝ち。見事に優勝を勝ち取った。

▲藤井(赤)

藤井は初戦、序盤から積極的に攻め、ポイントを連取。さらにバック、ローリングでポイントを重ね、相手に攻め込む機会を作らせず、9-0でテクニカルフォール勝ち。準々決勝は初戦と同様に攻めの姿勢を崩さず、2Pでバック、さらに相手を持ち上げて落とし、8‐0でテクニカルフォール勝ち。準決勝では1Pで1ポイントリードし、2Pへ。中盤にバックをとり2ポイント、残り8秒で場外をとられるが、耐えきり4-1で判定勝ち。決勝では1Pで2ポイント連取。2P開始直後にバックをとり2ポイント、さらに相手を持ち上げきれいに背中から落とし5ポイントを決める。ここで相手からバックのチャレンジをされるが失敗し、10-0でテクニカルフォール勝ちとなった。藤井は前回大会に続く優勝で、連覇を達成した。

 

また、今回は表彰台に上がれなかった選手も、健闘し今後の活躍に期待がかかる。

▲吉川(青)

▲土屋(赤)

▲掛川

▲小西(赤)

▲磯田(赤)

▲後藤(赤)

▲木村(赤)

新入生が加わり新体制となった青学大レスリング部の勢いが止まらない。今後の活躍に注目だ。(圷彩那・猪又啓太郎)

~以下、選手インタビュー~

成國大志
―優勝したお気持ち
普段はフリースタイルをしていて今回は気分転換というのもあってグレコローマンスタイルに出場して、結果的にぶっちぎりの内容で優勝できてよかったです。
―今大会を振り返って
無駄な失点が少し多かったので、そこは反省して世界ジュニアに生かせるようにしたいと思います。
―意識したこと
組み合ってしまうと自分はどうしても飛ばされるというか、弱い部分があるので、そこは相手に付き合わないで、グレコローマンというよりかはフリー寄りのスタイルで挑んだのが良かったのかもしれません。
―世界ジュニアに向けての意気込み
グレコローマンの世界カデットに出場した時1回戦でロシアの選手にぼこぼこにされてしまって苦い思いがあるので、そこを勝ってメダルを取って、結果を残して帰ってこられるように頑張っていきたいと思います。

藤井達哉
-優勝したお気持ち
2連覇というのを意識してやっていたので、ほっとしてるというか、(周りが)みんな勝ってくれるやろという(雰囲気の)なかで勝てたのでよかったです。
-今大会を振り返って
いつもは自分から攻めてポイントを取るということがなかったのですが、今回は自分からポイントを取ってそのまま勝ったりすることも出来たので、いい感じかなと思います。
-意識したこと
自分からポイントを取りに行くということを意識していて、自分でポイントを取らないと何かあったら負けてしまう、一発とかで負けてしまうので、自分で取れるところは取っていくというのは意識してやりました。
-世界への意気込み
去年も出場して1回戦負けだったので、今年はとりあえず表彰台に乗れたらいいなと思います。

加賀田葵夏

-優勝したお気持ち

いつもは48㌔級に出ているんですけど、1つ上の階級で4月のクイーンズカップで優勝した子がいて、(今大会で)その子に勝てたことは良かったと思います。

-今大会を振り返って

1回戦と準々決勝ではあまり内容が良くなくて、前の大会で優勝した選手と準決勝で当たることがわかっていたのでちょっと不安だったんですけど、そこで自分で攻められて後半の2試合は良い試合ができたので、初戦から良い試合ができるように、次の大会からはそのような調整もできるようにしないといけないなと学んだ大会でした。

-1番苦戦したこと
点数的に負けている状態があまりなかったので、簡単に相手に点数をあげてしまったのが多かったところです。試合が終わってから、失点の回数を減らさないといけないなと思いました。
-次戦への意気込み
次の大きな大会は全日本選抜なので、そこで良い結果が残せるように頑張りたいです。

澤田千優

-準優勝したお気持ち
負け方や試合内容もあまり良いとはいえないので、悔しい気持ちのほうが大きいです。
-今大会を振り返って
1回戦は失点が多く、あまり思うような試合運びができませんでした。2回戦は自分はあまりやりきった感じはしなかったんですけど、周りからは落ち着いていたと言われたので、落ち着いてできてたのかなと思います。決勝は自分から攻めることがあまりできなくて、取られてばっかりになってしまい、結果負けてしまったので、全体的に良くなかったかなと思います。
-1番苦戦した場面
決勝は自分から攻めて失敗するのが怖かったので、あまり攻めずにみておこうと思っていました。タックルを切りきれなくて、試合の展開は考えていたんですけど、焦る前に終わってしまって気持ちの変化はありませんでした。
-次戦への意気込み
次は東日本に向けて、決勝で負けた選手ともまた当たるかもしれないので、対策を練ってしっかりと勝てるように練習していきたいと思います。