【サッカー】【サッカー】首位早大に大敗を喫す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学2部リーグ 第7節 5月27日 於 相模原ギオンスタジアム

◆結果◆
青学大●1-5○早大
(前半)0-1
(後半)1-4
得点者
72分 大竹颯

◆メンバー◆
GK
12北原慶太(2年)
DF
3池庭諒耶(2年)
4中島康輔(4年)
14加倉井拓弥(2年)
28藤原慶人(1年)→75分 8瀬川泰樹(3年)
MF
6佐藤凌輔(2年)
7山田武典(4年)→64分 33大竹颯(2年)
16尾ノ上幸生(2年)
30清水映心(1年)→55分 18小田寛貴(4年)

FW
9窪園大地(4年)
10小泉佳穂(3年)

集中応援開催日となった今節の相手は、圧倒的な実力で首位を走る強豪・早大。

400人を越える観客が見守るなか、キックオフの笛が鳴らされた。

前半から青学大は早大の素早いプレッシャーに苦しめられ、なかなかパスが通らない。
開始3分、左サイド自陣でボールを奪われるがフィニッシュには至らず。
7分、ボールを奪うと相手陣内で山田が倒されFKを獲得。山田自ら供給したボールに池庭が頭で合わせるが、ゴール右へとそれてしまう。


直後の8分、右サイドからシュートを放たれるも、北原が素早い反応でゴールを守る。
青学大は前線からプレスに行くが、相手はフィールドをワイドに使い試合を優位に進める。
青学大のチャンスは40分、佐藤、小泉が前線にボールを運び、最後は左サイドでフリーになった尾ノ上がシュート。しかしこれはGK正面、得点には結び付かない。


前半再三シュートを打たれるが、北原のビックセーブが光り相手に得点を許さない。


このまま無失点で試合を折り返したかったが、45+2分にCKをニアで合わせられ失点。1点ビハインドで後半を迎える。
後半も、先にリズムを掴んだのはのは早大だった。
54分、60分と立て続けに得点を許し、0-3と突き放される。
まず1点がほしい青学大は62分、小泉がペナルティアーク付近からシュートを放つが、GKにセーブされる。


すると迎えた72分、ゴール前窪園からのボールを相手GKが弾くと、「こぼれ球には反応しようと入った試合だった」と語った途中出場の大竹が押し込み2点差に詰め寄る。

これで流れを掴みたいところだったが、9分後に失点。さらにアディショナルタイムにも追加点を許し、終わってみれば5失点と、早大に力の差を見せつけられる結果となった。

次節の相手は早大同様、昨年まで1部で戦っていた国士大。今節の経験を生かし、今季3勝目を狙う。(長尾凜)

 

〜以下、監督・選手コメント〜

流郷監督
-試合の総括
終始球際だったり踏ん張って走る、切り替えを早くするといったところで相手の方が上で、色々戦術的に狙いがあったとしてもその部分で相当差があったのでこういう形になったのかなと思います。
-前半は粘り強い守りができていたが
そうですね、でも実はやりたい守備ではなかった。やっぱりちょっと隙があって。もう少し自分たちの攻撃的な守備から奪ってカウンターというのを狙いたかったですが、いまひとつはまらなくて、それでもなんとか凌げてたんですけど、やはり前半のロスタイムに入れられたのが大きかったと思います。
-パスがなかなか繋がらなかったが
普段やっている環境よりプレッシャーが激しいという中で判断が出来なかったり技術が発揮できないというところで、力がなかったんだなと思います。
-次節国士大戦への意気込み
今日早大と対戦して昨年まで1部でやってたスタンダードを感じましたが、とはいえ1部の試合ではないというか、同じ2部のチームなので、そこに勝たないと目標を達成できないので、国士大も強いと思うので、もう一回ベースのところを見直してとにかくみんなで頑張って走って戦っていきたいと思います。

山田選手
-試合の総括
相手は早大ということで、強いというのは分かっていましたが、それに対して今週1週間は球際だったり気持ちの部分で戦うところを頑張って練習してきたんですけど、やはり相手が上回ったのかな、と。全然自分たちの方が足りなかったなと痛感しました。
-前半は粘り強く戦えていたが
キーパーがすごく耐えてくれてて、前半ゼロでいければよかったんですけど、最後気の緩みが出て0-1、一番取られたくない時間帯に取られて後半ということになったんですけど、自分たちの力不足かなと思います。
-パスがなかなか繋がらなかったが
相手のプレッシャーが早かったのもあって、普段そういう状況下でプレーできていなかったのがミスの原因かなと思います。
-次節への意気込み
来週の国士大も上位陣で、今日と同じような相手のレベルだと思うんですけど、もう本当に上がっていくしかないのでこの悪い状況を変えて、来週もう一回団結して頑張りたいと思います。

大竹選手
-試合の総括
実力差が目に見える結果でも内容でも出てしまって、交代選手が流れを変えなきゃいけないと思ったんですけど、あまり力になれなかったのが自分の今日の試合の反省です。
-得点シーンを振り返って
練習からこぼれ球だったり、クロスには絶対に入っていけって監督さんから言われています。点を取ることがFWとして一番大事だと思うので、そういうこぼれ球とかには反応しようって入っていった試合だったので、運良くこぼれてきて良かったなっていう感じです。
-集中応援について
いつもは大学とかでやると応援が響かなかったり、試合が見えづらいってこともあって、若干グダグダしてしまうところもあるんですけど、今日は結構(応援が)響いたのもあるし、チア部の方が応援にきてくれて、いつも以上には応援が聞こえたので、より頑張らなきゃなというのは感じてました。
-次節への意気込み
今日までで7節やってきて、前回の試合は相手が相手というのもあって点が取れたんですけど、FWとして全然点が取れてない状況が続いていて、今日はサブだったんですけど、1週間でスタメンは全然変わると思うので、自分がスタメンで出て点を取りたいなと、点を取って勝ちたいと思っています。