【女子バスケットボール】【女子バスケットボール】リード守り快勝!4回戦へ駒を進める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第7回関東大学女子バスケットボール新人戦3回戦 6月4日 於 東京女子体育大学

◆結果◆

青学大〇71-54●國學院大

1P 20-10

2P 14-11

3P 22-22

4P 15-11

前日を勝利で飾り、迎えた3回戦。終始攻守がかみ合った青学大は、リードを保ったまま快勝で4回戦にコマを進めた。

第1ピリオドから試合は激しい攻め合いの展開となった。國學院大は積極的に攻めるが、シュートがなかなか決まらない。一方青学大は山本、村井、田中がそれぞれ複数回に渡ってゴールを決め、20-10とリードし終える。

第2ピリオドは両チームともゴール数は少なかったが、ドリブルやパスなどシュート以外での攻防が多く繰り広げられた。青学大はここでも田中の3Pシュートなどが決まり14-11とし、その差をさらに広げる。

第3ピリオドは、序盤國學院大が連続シュートなどで盛り返す。しかし終盤は青学大も村井のゴールなどで巻き返し、完全に流れを渡さなかった。このピリオドだけでは22-22と、完全に互角だった。

そして第4ピリオドも村井の3度のシュート成功を含め、効率的に得点を重ねた青学大は15-11で勝利。

結局青学大は一度もリードを譲らず、前日に行われた武蔵丘短大戦に続いての快勝。試合内容が良いだけに、今後の戦いに期待がかかる。(釣井大次郎)

 

〜以下、監督・選手コメント〜

斎藤監督
-試合の総括
昨日今日の連戦だったので、少ない人数でよくやったと思います。先手を取ってそのまま逃げ切れたのが良かったのだと思います。疲れがあったと思うがそれなりに頑張ったと、今日は評価できる試合でした。
-相手に一度もリードを許さなかったが
欲を言えば前半(点差が)開いていたから後半も開きたかったのですが、やはり疲れがあり、ファールコントロールもしながらやっていたので、そういう意味ではしょうがないのかなと。冷静にやれたと思います。
-試合前にどんな声掛けをしたか
今日はみんないけると思っていたのだと思いますが、いつもの通りやってくれということですね。
-次戦への意気込み
いい気持ちで次戦やりたいと思います。

山本選手


ー試合の総括
個人的には全然ダメだったが、11番の田中やセンターの村井とかが頑張ってくれたこと、今日は特に2年生が頑張ってくれたことが良かったかなと思います。
ー昨日の試合が今日に繋がったか
昨日の試合で出来なかったことを修正して今日の試合に臨めたと思うし、自分たちのプレーが出来て今日は勝利することが出来たと思うので良かったです。
―常にリードする展開だったが
自分たちのやるべきこと、自分たちの走るプレーが出来れば自分たちの流れになると思っているし、今日はリバウンドをとってからしっかり走れていたと思うので勝利につながったと思います。
ー次戦への意気込み
次からが本当に勝負になってくると思うので、この1週間しっかり練習をして、もっと自分たちの得意なところを磨いて臨むことが出来ればいいなと思います。

 

〈NEXT GAME〉

第7回関東大学女子バスケットボール新人戦4回戦 於 白鴎大学

6月10日(土) vs日女体大