【チアリーディング】【チアリーディング】アジア大会、悔いの残る12位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第6回 アジアインターナショナルオープンチャンピオンシップ 決勝  於代々木第一体育館

◆結果◆
Division1
総合 12/38位

 来月行われる関東選手権の先駆けとなる今大会。予選では178.5点で8位。規定演技を得意とするREESESの伝統からすれば決して満足のいく点数ではなかったが、更なる高得点を狙い決勝に挑んだ。
 スタンツを落ち着いて決めた青学大の演技は予選よりよい出来にも思われた。しかし評価は厳しく、得点は176.5点。まさかの結果に選手たちは笑顔の奥に悔しさを見せた。

矢野せいか(教3)主将コメント

「講評では、きれいさが足りない、完成度が低いと言われた。点数に繋がらない悔しさを知った。今大会は他チームもレベルの高い技を組み込んではいたが、大会全体としても完成度は低かったように思う。次の大会ではREESESのよさであるクリーンさ、きれいな強さを見せて、点数に繋がる演技がしたい。」

 関東選手権まであと3週間。より完成度を上げるため、青学大チアリーディング部の挑戦は続く。
(中山柚希)

12.jpg

16.jpg

14.jpg

41%5D.jpg

17.jpg