【サッカー】【サッカー】ベスト4進出ならず 残り2戦に全国の望み託す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

アミノバイタルカップ2017第6回関東大学トーナメント大会 3回戦 於・味の素スタジアム西競技場

◆結果◆
青学大●0-4○神大
(前半)0-0
(後半)0-4

得点者 なし

◆メンバー◆
GK
12北原慶太(2年)
DF
3池庭諒耶(2年)→76分 5小田倉康太(4年)
4中島康輔(4年)
6佐藤凌輔(2年)
17椿健太郎(3年)
MF
8瀬川泰樹(3年)
10小泉佳穂(3年)→60分 23齋藤雄士(4年)
13小田寛貴(4年)→78分 18木村快(3年)
16尾ノ上幸生(2年)→78分 30清水映心(1年)
FW
9窪園大地(4年)
29菅原大雅(1年)

 

アミノバイタルカップ3回戦は、ともに関東2部に所属するチーム同士の対戦となった。

前半は一進一退の攻防が続きスコアレスで試合を折り返したが、後半に大量4失点を喫し、準決勝進出とはならなかった。

 

▲選手入場時

 

▲前線にボールを運ぶ中島

 

▲ドリブルで仕掛ける小田

▲中盤で攻撃を組み立てた瀬川

▲空中戦で強さを見せた菅原

▲豊富な運動量でチームに貢献した佐藤

▲最後尾から攻撃の起点となるボールを供給した北原

▲前線へフィードを送る池庭

▲途中出場でキャプテンマークを巻いた小田倉

▲スタンドから声援を送る選手たち

 

今大会の上位7チームに、全国大会である総理大臣杯の出場権が与えられる。6日、9日に行われる順位決定戦で、青学大は出場権獲得を狙うこととなった。
次戦の相手は昨年の総理大臣杯、関東大学リーグ戦で二冠を達成している1部の強豪・明大だ。連戦となるが、全国への切符を手にするために負けられない一戦となる。(長尾凜)

 

~以下、監督・選手インタビュー~

流郷監督
-試合の総括
連戦、休みがない中で、うちの主力が怪我で出られないということもあり難しい試合になると思っていました。実際、前半までは頑張れたと思いますが、後半はやはり選手層なども含めて相手の方が上回ったなという試合でした。
-明日への意気込み
選手にも言っているのですが、全国大会に出るのが目標ではなくて、自分たちを強くするということが目標なので、そのために明日、どちらにせよ1部の自分たちよりカテゴリーが上のチームとやるので()、思いきって戦って自分たちの実になるような試合をしたいと思います。

中島選手
-試合の総括
今日勝ったら全国で、ベスト4という試合でみんな気持ち入って試合に臨んだんですけど、自力の部分で後半相手に上回られて結果的に0-4となってしまいました。ですが、終わったことは言ってもしょうがないので、明日の試合に向けてやっていくだけです。
-明日への意気込み
明日は明治か順大になると思うんですけど()、どちらも1部で上位のチームなので、どっちのチームが来ても勝ってそこで全国を決められるように今日またしっかり準備してやっていきたいと思います。

次戦の相手は、同会場で14時より行われた明大vs順大の敗者。明大が1-2で敗れたため、明日の対戦相手は明大に決定した。

 

〈NEXT MATCH〉
アミノバイタルカップ2017第6回関東大学トーナメント大会 順位決定戦 於・東洋大朝霞グランド
7月6日(木) vs明大 18:00 kick off