【男子バスケットボール】【男子バスケットボール】筑波大に快勝し、決勝進出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学選手権 於代々木第二体育館

準決勝 対筑波大

◆結果◆

青学大○99-68●筑波大
 1Q 29-20 
 2Q 14-13
 3Q 26-11  
 4Q 30-24

◆スターティングメンバー◆

#3  小林遥太(営3)
#56 比江島慎(史4)
#8  張本天傑(国3)
#7  野本建吾(総2)
#25 永吉佑也(総3)

 12日は準決勝・筑波大学との試合が行われた。結果は、リバウンド、ディフェンスからの速攻で相手を上回った青学大の圧勝。本日13日は、いよいよ決勝戦!相手は、因縁のライバルである東海大だ。

 前半、青学大はインサイドから得点を重ねる。#8張本が相手のファウルを誘い、フリースローのチャンスを作る。#7野本、#25永吉もゴール下からきっちり加点。#3小林もレイアップシュートで得点を決める。一方の筑波大は、3Pシュートなどアウトサイドからの攻撃で攻める。前半途中、大峰がコートに。積極的にシュートを狙いに行く。青学大の10点リードで前半を折り返す。
 3Qに入り、青学大が連続得点を決める一方、筑波大はなかなか得点できず、ここで一気に差が開く。25点リードで4Qへ突入。#56比江島のドライブ、#8張本のダンクなど青学大の勢いは止まらない。そのまま試合終了。99-68で筑波大に勝利し、決勝へと駒を進めた。

DSC_5364%20%281%29.JPG
写真=永吉選手

DSC_5406.JPG
写真=野本選手

◆長谷川健志監督コメント
――今日の試合について

 出だしだったので仕方ないが、もっとシンプルにいけばいいのに構えてしまって、大事に大事にオフェンスしすぎてターンオーバーして逆に相手に思い切りのいいプレーをさせてしまった。

――今年度よりスタメンに起用された野本選手は?

 野本は良くなっている。一番成長している。野本も天傑も良く動けるし、3番とか4番とかあまり区別したくないので、臨機応変にプレーさせたい。

――今年度の青学大が目指すところは?

 走ることはベース。あとは、レイアップに持ち込むだけではなくて、3対3の中でちょっとしたスクリーンを使うとか、アングルを変えてインサイドとか、4人くらいまでのところの攻め方をもっとうまくすることで、もっとアドバンテージが上がると思う。
 畠山が怪我をして、出られないのが大きい。本来なら、小林と畠山の2ガードとかも使いたい。ベンチで声を出してもらっているが役に立っている。

DSC_5497.JPG
写真=船生選手

DSC_5453.JPG
写真=大峰選手

DSC_5503.JPG
写真=笠井選手

◆張本天傑選手(国3)コメント
――今日の試合について
 相手の筑波大学はトーナメントやインカレなどでよく対戦するチーム。お互いをよく分かりきった中で、どう対応していくかが、今日のポイントだった。高さは青学の方が有利だった。前半は攻守の切り替えが上手く出来ず得点されてしまった場面もあったが、後半は持ち直すことができた。

――今日の試合の勝利の決め手は?
 一番の差はレイアップシュートの数で、青学は15本だったのに対し、筑波は3本だけだった。あとは相手のファウルから得たフリースローも勝利の決め手になったと思う。

――チーム全体でハッスルプレーをすることが課題とのことでしたが、その課題はクリアできましたか?
 今日は体調があまり優れなかったので、自分はあまりハッスルできなかった。チームでは野本がハッスルプレーを一番していた。そのプレーからみんなが元気をもらい、3Qから挽回することができた。

――明日の決勝・東海大戦への意気込み  明日は因縁の対決。勝つ自信はあるので、お互い全力でプレーして良い試合をしたい。

◆小林遥太選手(営3)コメント
――今日の試合について

 全体的に気合いが入っていて、ディフェンスからの速攻を中心にやるように言われていて、上手く出来て点差が開いたので良かったと思います。

――アウトサイドのシュートの課題について

 全体的に(スタメンの身長が)大きくなったので、シュートが苦手なんて言われていて、まったくその通りだと思います。筑波はアウトサイドからのシュートが入っていたので、見習わないといけない点だと思いました。

――今日も青学は、リバウンドやレイアップで相手を上回っていましたが

 リバウンドは、天傑、永吉、野本がオフェンスリバウンドとかも取ってくれるので、そういうところは頼りになる。ディフェンスでも、リバウンドを取ってくれるのでブレイクにもつながると思う。そこが強みなので、明日もそこを中心にやりたいと思います。

――明日の決勝、東海大戦に向けての意気込み

 東海はディフェンスとかも粘り強い。今日みたいに楽に点差は開かないと思うので、粘り強くやっていく。また相手も大きいので、リバウンドとかも負けないようにして、相手よりハッスルして優勝したいです。

◆大峰龍盛選手(国4)コメント

――今日の試合を振りかって
 点差は離れたんですけど、自分もチームも、まだまだやれるところがあったと思う。明日は、こういうわけにはいかないと思うので、気を引き締めて頑張りたい。

――リーダーシップをプレーで示せることはできたか

 周りが決めることなので、自分ではなんとも言えないが、自分は地味なところ、声などを出して頑張りたい。

――明日への意気込み

 いつも通りやれば大丈夫だと思うので、試合に出たら、声を出したり、リバウンドに絡んだり、チームに貢献できるようにしたい。