【その他】【広報】大相撲 渋谷青山学院場所開催!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

 

大相撲 渋谷青山学院場所 8月8日 於・青山学院記念館

 

8月8日、青山学院大学記念館で行われた大相撲の夏巡業では、学生や外国人観光客、およそ5000人が集まった。大学構内で巡業が行われることは珍しく、青山学院大学では初めての開催である。

 

青山学院大学レスリング部の部員たちは、前日から土俵づくりなどを手伝い、土俵入り前には力士と一緒に稽古に参加した。取り組みには難波選手、小西選手、三木選手、伊藤選手の4名が参加し、ひとまわり、ふたまわり大きい力士相手に、勇猛果敢に立ち向かった。

▲小西選手

▲三木選手

 

▲伊藤選手

▲拍手の中、会場を後にする選手たち

 

土俵入り前には、初切という相撲の禁じ手を面白おかしく紹介する見世物が披露され、会場は笑いに包まれた。また、外国人向けには、館内説明が英語で実施された。そのほかにも、握手会が行われたり、学生食堂では、特別メニューであるちゃんこ鍋などが用意されたり、多くの人でにぎわった。

今回は、特に外国人や学生など相撲観戦経験が無い人でも気軽に楽しめるように様々な工夫を凝らしたという。

▲初切を行う力士たちの様子

青山学院大学の堀田宣彌理事長は、「キリスト教の大学で日本の神事をやってもいいのかという意見もあったが、相撲は日本の国技であり、おおらかな教育をしようとおもった。毎年の恒例行事にしたい」と来年の開催に向けて積極的である意向を示した。

 

会場が一番の盛り上がりを見せたのは結びの一番。注目の一戦は横綱白鵬が横綱日馬富士を寄り切って勝利した。

会場は多くの拍手で包まれ、青山学院大学初の大相撲地方巡業は無事閉幕した。

(塚原梨紗子)