【レスリング】【レスリング】成國が2連覇2冠! 入賞者6名で存在感を見せつける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

全日本学生レスリング選手権大会 8月28〜31日 於 駒沢体育館

 

◆結果◆

〈グレコローマンスタイル〉

59㌔級 成國大志(営2)=優勝

難波陽(営4)=準優勝

66㌔級 小西央記(済2)= 3回戦敗退

阿部結太(総3)=3回戦敗退

71㌔級 大山允長(営3)=2回戦敗退

磯田隆(済3)=2回戦敗退

75㌔級 中山理希(英3)=1回戦敗退

80㌔級 藤井達哉(済2)=優勝

98㌔級 後藤南斗(済1)=2回戦敗退

岩城啓祐(総2)=3回戦敗退

130㌔級 伊藤匠汰(済3)=2回戦敗退

 

〈女子〉

48㌔級 加賀田葵夏(マ2)=準優勝

澤田千優(総2)=第3位

55㌔級 佐々木なつみ(済4) =2回戦敗退

58㌔級 廣瀬瑠実(マ4)=第3位

岩崎理栄(社3)=1回戦敗退

60㌔級 荒井香帆(社1)=1回戦敗退

69㌔級 木村夕貴(済2)=2回戦敗退

 

〈フリー〉

57㌔級  金井利樹(済4)=1回戦敗退

61㌔級  成國大志(営2)=優勝

土屋佑斗(総1)=1回戦敗退

吉川貴紘(済1)=2回戦敗退

65㌔級  竹之内岳(済3)=ベスト16

掛川修平(営1)=3回戦敗退

70㌔級  三木雄平(済1)=3回戦敗退

74㌔級  磯田隆(済3)=3回戦敗退

86㌔級  藤井達哉(済2)=棄権

 

 

 

 

 

8月28日から31日までの4日間、全日本学生レスリング選手権(全日本インカレ)が開催された。1・2日目は男子グレコローマンスタイルと女子、3・4日目は男子フリースタイル。青学大からは24名が出場、多くの選手が表彰台に上った。

 

 

男子フリースタイル 

57㌔級の金井、61㌔級の土屋、吉川は初戦で敗退。

 

61㌔級 成國大志

 

1、2日目に行われたグレコ59㌔級で優勝を果たした成國。今大会2冠、さらにフリー61㌔級2連覇をかけて臨んだ。

1回戦シードで迎えた初戦の2回戦、順調に得点を重ね4分半の時点で8-0とする。しかし相手に背中から倒され押さえ込まれ、フォールを取られそうになる。このピンチを何とか回避し、終了間際にさらに2ポイントを追加して勝利する。

3回戦、4回戦、準々決勝は相手に1ポイントも与えず、強さを見せて準決勝まで勝ち上がる。 準決勝は相手に先制され追う展開に。しかしすぐさまバックを奪い同点とすると、ローリングを2度決めてリード。さらに得点を重ね、相手も追い上げを見せるが10-6で判定勝ち。決勝へコマを進める。 決勝も成國ペースで試合が進む。序盤から有利な体勢を続けると、場外も含め3-0で試合を折り返す。しかし2Pで相手にバックを取られると、ローリングを決められ3-4と逆転されてしまう。それでも落ち着いていた成國は、相手の片足を持ち上げるなどで得点し7-4とする。終盤はもつれ合い、相手も必死に食らいつくが、耐え凌ぎタイムアップ。見事に優勝を勝ち取った。

 

65㌔級 竹之内岳

 

2回戦スタートとなった竹之内。序盤から攻めの姿勢で相手の足をつかみにかかる。開始27秒で4ポイント先取、試合のペースをつかむ。勢いにのると、バックをとって点を重ね10-0。わずか55秒でTフォール勝ち。初戦を突破した。

3回戦は相手の棄権により不戦勝。迎えた4回戦、1Pは拮抗した展開に。足をとられそうになるも、素早い反応でふせぐ。1ー0で2Pに突入。4分35秒、右足をとられ耐えるが倒される。さらに続けてバック、ローリングをとられ1-7。終盤、組んでこらえるが追加ポイントは得られず。4回戦敗退となった。

 

65㌔級 掛川修平

 

1回戦は開始直後に相手の足を捉え、次々とローリング。開始20秒で10-0と快勝した。

2回戦は、両者ともに攻めるスピード感のある試合が繰り広げられた。開始1分13秒、相手の足を捉えるが、直後にバックをとられ0-3と先制される。ここで掛川も負けじとバックをとる。さらに連続でローリングをきめ、一気にポイントを稼ぎ、8-3と逆転。バックをとって追加ポイント、10-3。後半は苦しい表情を浮かべていたが、終了ブザーとともに笑顔を見せた。

続く3回戦、相手の素早いタックルに倒される。両足をとられローリング。一気にポイントをとられ、27秒で10-0。勢いのある1年生ルーキー、惜しくも3回戦で敗退した。

 

 

70㌔級 三木雄平

 

1回戦は不戦勝。

2回戦、相手を倒して2ポイント先取。両者譲らない組み合いが続き、2-0で1Pを終える。2P開始直後、フェイントを使ってしかけるが、かわされる。バックをとり、連続ローリングをきめて8-0。最後は相手の左足をつかんで歩き、勢いで倒して場外へ。4分26秒、10-0でTフォール勝ちとなった。

続く3回戦、開始15秒、素早いバックで2ポイント先取。しかし、足をとられ立て続けにローリングをきめられて2-8。その後も足を狙うが、一瞬の隙にバックをとられる。腕で首からそらされ、フォール。2-12。1分15秒で無念の敗退となった。

 

74㌔級 磯田隆

 

1回戦、場外で先制すると相手の両足を取ったタックルで試合を支配。3分42秒でTフォールとする。

2回戦も1回戦同様、積極的にタックルを仕掛ける。2点先取するも、相手に倒され同点とされる。しかし4点の技を決めるなど怒濤の攻めを見せ、1分を残してTフォール勝ちとなった。

3回戦は相手の素早い動きに苦戦する。なかなか相手を捉えきれず、バックを取られ失点を重ねる。結局ペースを掴めないまま無得点でTフォール負け。3回戦で姿を消すこととなった。

 

成國をはじめ、多くの選手が入賞、勝ち上がりを見せた今大会。青学大レスリング部は存在感を放ち、その名をとどろかせた。今後の活躍から目が離せない。(長尾凜・圷彩那)

 

 

 

~以下、入賞者インタビュー~

 

藤井選手(男子グレコ80㌔級 優勝)

ー優勝の感想

(自分は)2年生なんですけど、今まで学生の大会で優勝することがなかったので、とりあえず、インカレっていう大会で優勝できてほっとしている部分が大きいです。

ー今大会にどんな気持ちで臨んだか

去年世界ジュニアでインカレに出てなくて、初めてのインカレだったので、組み合わせ見たときに優勝も狙える感じだったので、優勝したいと思って臨みました。

ー決勝は拮抗した展開となったが

1ー1で1ラウンド目かえってきて、セコンドの長谷川コーチがとりあえずもう一回でていったら反則っていうか、パッシブで点数とれるっておっしゃっていたので、コーチの言う通りの作戦が、上手く当てはまったのかなと思います。

ー今後の目標

グレコローマンの試合が続いて、10月に全日本学生グレコローマン選手権、12月も天皇杯があるので、そういうところで結果残せるように頑張っていきたいと思っています。

 

 

加賀田選手(女子48㌔級 準優勝)

―準優勝という結果について

優勝を目標にやってたので、悔しいです。

―決勝戦を振り返って

試合の全体的な流れとして、自分のペースに持っていけなかったのが良くなかったと思います。点差が広がった時にあせって取り返せなかったのが敗因かなと思います。

―今後の目標

次は9月の最後に大会があるので、国内では最近優勝できていないので、優勝して12月の全日本につなげられる試合をしたいなと思います。

 

澤田選手(女子48㌔級 第3位)

ー3位という結果について

去年は2位だったので、インカレでは優勝を目指していました。決勝まで行く前に負けてしまったのは悔しいです。内容的にもせっていて、勝ちきれなかったのがとても悔しいです。

ー準決勝を振り返って

自分が試合のペースを運んでいたのにもかかわらず、ポイントを簡単にあげてしまったり、取りきれなかったりっていうのがあって、とても悔しい結果になりました。

ー今後の目標

今回の反省を生かして、今自分が足りないところや他の選手の見習っていきたいところを、日々の練習でやっていきたいと思っています。

 

 

廣瀬選手(女子58㌔級 第3位)

ー3位という結果について

満足はしていないです。最後の大会だったので、優勝できたら良かったんですけど、満足はしていないです。

ー準決勝の試合を振り返って

組み手とか、練習でやってきたことが出せなくて、悔しかったです。

ー今後の目標

9月の後半に試合があるんですけど、それが最後になるので、それに向けて頑張っていきたいと思います。

 

 

成國選手(男子グレコ59㌔級・フリー61㌔級 優勝)

ーフリー2連覇とグレコとの2冠について

いやー、もうほんっと、めちゃくちゃ嬉しいです。ほんと(笑)グレコの時から体重落としてて、それをしながらの試合だったので。当日計量になるって噂があって、これが両スタイルでとれる最後だと思ったので、それができてほんとに良かったです。

ーフリーの決勝を振り返って

相手が、高校の時から結構試合してて、苦手意識があって、いつもいい勝負してたので、正直どうかなとも思ってたんですけど、まあ最後は体力で勝って、普段の練習が報われたなと思います。

ーガッツポーズの心境

この大会にかけてきたので、狙って優勝できたのは本当に嬉しかったです。無我夢中だったので勝手に出てきてしまった感じです。

ーグレコ決勝は難波選手との青学対決だったが

減量しながらの試合だったので、ほんとにきつくて、反対側誰が上がってくるかなって思っていたんですけど、陽先輩が上がってきてくれて、やりやすかったし、ありがたかったです。でも、先輩だからといって、手を抜くわけでもないので、勝てたことは良かったと思います。

 

ー今後の目標

次は国体があるので、国体では今大会出てこなかった樋口先輩とか、あともう一人強いのがいるんですけど、それと当たることになるので、しっかり学生チャンピオンていう意地をもって優勝して帰ってきたいです。

 

 

難波主将(男子グレコ59㌔級 準優勝)

ー決勝は青学対決となったが

後輩だったので負けられないという気持ちはあったのですが、彼も強かったので。負けてしまったのは悔しいけど、悔いはなく自分の出し切れることは出せました。青学同士で決勝というのは初めてだったので、記録という部分でも残るし、自分の中でもいい思い出ですね。

ー準決勝という結果について上出来ですね。優勝は目指してはいたけれど、体重も足りなかったりして、絶対優勝という思いも強いわけではなかったので、結果としては満足してます。

ー今後の目標

今回は2位だったので、次のグレコローマン選手権では優勝目指して頑張っていきたいと思います。