【女子バレーボール】【バレーボール】課題が多い試合 それでも価値のある勝利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

秋季関東大学バレーボールリーグ戦 9月24日 於・青山学院大学記念館

◆結果◆
青学大○3-0●東女体大

1セット 25‐22

2セット 25‐22

3セット 25‐19

 

◆メンバー◆
1 比金みなみ(4年)

2 奥山奈映(4年)

3 雨谷果林(4年)

4 坪川夏音(4年)

5 兼若真由(4年)

6 若松佳奈美(4年)

8 吉岡可奈(4年)

9 山野辺輝(4年)

10 古谷瞳子(3年)

11 及川真夢(3年)

12 宇治川景(3年)

14 根岸真昼(3年)

15 野嶋華澄(2年)

16 堀内玲楠(2年)

17 及川佑加(2年)

19 宮下聖果(2年)

20 立石優華(2年)

25 目黒安希(1年)

 

勝利を勝ち取る まさにこの言葉通りの試合だった。相手の東京女子体育大学との、今年前期の戦績はぎりぎりでの勝利。難敵を相手に、ホームの青学大記念館で選手たちは宙を舞った。

第1セット、両者は長いラリー戦が目立つ。「拾い」が強みの青学大だが、東女体大もブロック、レシーブとよくつないだ。前衛が3枚の時は、19番ライトの宮下にボールを集めてブロックをひきつけ、最後はレフトが叩き込む。11番のミドルブロッカー及川はクイックだけでなく、ブロードも使い、相手のブロックを散らしてスパイクを絞らせない。半ば追いかける展開が続いたが、最後は夏からの課題としていたサーブで第1セットを先取した。

第2セット。青学大はブロックをクロスに閉めたため、空いたところを、東女体大の55番皆川のライトからのストレートスパイクが決まる。ブロックアウトも多く、完全な青学の流れには持ち込めなかった。が、青学大は1、2点差のリードを保ちながら、25-22でこのセットをもぎ取った。

セットカウント2-0で迎えた第3セット。ラリーが長いゲームが増え、青学大は東女体大の特徴や癖をつかみ始めた。そこからは早かった。点差は大幅にリードし、終わってみれば25-19。圧倒的勝利とはいかなかったが、セットカウント3-0で勝利した。

 

~以下、監督・選手インタビュー~

秋山監督

―試合の総括

この夏にサーブで主導権を握るってことをチームとして取り組んできて、サーブはある程度機能してたんですが、サーブレシーブのほうが崩されてしまって、相手のサーブにも崩されてしまっていたので展開的には私たちがやりたい試合なかったというか…。今日は勝ちきれたのはすごく良かったんですが、でもまだまだ修正していかないと今後勝っていくには厳しいかなと思います。

―攻撃面について

バリエーションはたくさんあるんですけど、それをどの場面で出すかっていう状況判断をもっとうまくやっていかないといけない。相手のブロックが待っているところに攻撃していくことも多かったので、うちは身長が低い分ブロックをいかに散らせるかが重要なので持ってるバリエーションを使うタイミングをちゃんと見極めて的確に使っていけるような攻撃をもっとできるようにしたいと思います。

―相手の攻撃と青学大の守備について

相手のアタッカーのリズムだったりとか癖っていうのをいち早く見極めてブロックで抑えるのかレシーブで拾うのかというところが最後まではっきりしていなくて、今日の相手のアタッカーに関してはブロックを利用してくる選手だったのでそこをどう自分たちが修正して対応していくかが大切。うちは守備を強みにやってきているので、ブロッカーがもう少しレシーバーに任せたりできるようにもっと練習していきたい。

―今回の対戦相手と相性がいいと思うが(春季リーグでも3-0で青学大が勝利)どのように試合に臨んだか

あまり相性がいいとは思ってなくて、どこのチームもそうなんですが前回3-0で勝ったとしても今回の試合も今日みたいに拮抗してギリギリで勝ってので、逆に3-0で負けることもあり得たのでそういう意味では緊張感をもって取り組んでいかなければいけない。相性などはあまり気にせずにやっていきたい。

―次戦に向けて

相手の対策ももちろんあるんですけど、やっぱり自チームのことでもっと修正しないといけないこととか精度を上げないといけないところがあるので一本一本にこだわりを持って精度を上げて次の試合に臨みたいと思います。

比金みなみ主将

―試合の感想

序盤、苦しい展開が結構続いたんですけどその中でも全員集中して自分たちの武器であるサーブで攻めることに徹底して攻めなおしてストレートで勝ちきれたので良かったと思います。

―攻撃について

サーブで崩される時もあったんですが、サイドが2段トスの時にしっかりつないでくれてよかった。ただもう少しセンターを絡めて攻撃を組み立てていけたらさらにいい展開が作れたかな、と思います。

―夏休みにどんなことに重点を置いて練習したか

サーブは結構重点を置いてやっていました。あと、私たちはそんなに身長が高くないのでレシーブも徹底したり。でもまずは1本目のサーブの精度を上げることを意識して練習していました。

―今回の試合にどう臨んだか

相手チームは1番の杉選手がすごく活躍しているのでそこを徹底的にマークして、攻撃においてもパワー系の選手が揃っているのでその選手たちに対してどうやって粘り強く食らいついていけるかが勝負だと思っていました。サーブで崩してブロックでワンタッチかけて、そこから自分たちのペースで展開していくことを心がけていました。

―次戦に向けて

これからどんどん強いチームと当たっていくし、そんなに簡単には勝てないと思うのですが、どのチームにも全力できちんと対策もしたい。自分たちが武器としているサーブで攻めてレシーブで粘って攻撃につなげるというのをぶらさずにやっていきたいと思います。