【男子ラクロス】【男子ラクロス】明学大に惜敗…。最終戦こそ勝利を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学リーグ2部Aブロック 第4戦 9月30日 於・都立大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森第二球技場

◆結果◆

青学大●6-8○明学大

1Q 2‐2
2Q 1‐4
3Q 2‐0
4Q 1‐2

◆メンバー◆


9池上祐樹(済3)
4神津俊輔(総4)
DF
78飯塚浩正(国済4)
16山口慈人(マ3)
15松本友佑(済2)
MF
7武藤健(心4)
8青木虹(営4)
66冨永一真(済3)
23伊藤遼太郎(総3)
31山田輝(法3)
24鈴木文哉(国政4)
55江松大貴(総4)
61富井達己(営4)
36福田治哉(教4)
11望月大地(法3)
57古林聖渚(営3)
81清滝大志(営4)
AT
0加藤玲偉(営2)
1勝大(営3)
2阿部鉄男(済3)
3塚本敬太(物4)

 

爽やかな秋晴れの中行われた一戦では、接戦を繰り広げた。

この日は集中応援開催日となっており、女子ラクロス部やOB・OGをはじめとする多くの観客がスタンドを埋め尽くした。また、応援団・チアリーディング部も応援に駆け付け、パフォーマンスや試合後のエール交換などで会場を盛り上げた。

 

第1Qは両者一歩も譲らず互角の展開に。序盤、右サイドから青木が幸先よく先制点を奪う。

勢いそのままに追加点を狙うが、逆に攻め込まれ立て続けに失点し1‐2とされる。しかし青学大は残り2分のところで今度は左サイドから冨永のショット成功で第1Qをイーブンで終える。

第2Qは5分を過ぎたところで失点するが、数分後にゴール正面から塚本がショット成功。しかしこの後失点が続き3点ビハインドで試合を折り返す。

第3Qでは相手の猛攻をゴーリー神津を中心に凌ぐと、青学大が攻勢に出る。15分に塚本がこの日2点目となるショットを決めると、終了間際には勝大のショットがゴーリーセーブされるも、こぼれ球を清滝のショット成功で1点差に詰め寄り最終クォーターへ。

第4Q、まずは追い付きたい青学大。武藤主将や勝が積極的にショットを打つが、枠を捉えきれない。逆に前掛かりになったところを突かれ失点を許す。残り5分のところで福田のショット成功かと思われたが、このプレーの前にファールがあったため得点は取り消されてしまう。それでもめげない青学大は、勝のショット成功でスコアは6‐8に。残り時間はわずかながら攻め込むも、このままタイムアップ。あと一歩のところで惜敗となった。

第2Qで差をつけられたが第3Qで追い上げを見せた。しかし肝心の最終クォーターで勝ち越せなかったのは、「いくらシュートを打っても決めきらなければ意味がない。その部分の甘さが出た」と武藤主将は振り返る。
この試合の結果を受けて入れ替え戦出場の可能性は断たれてしまったが、リーグ戦はあと1試合残っている。次戦は是が非でも勝利を掴みとり、有終の美を収めたい。(長尾凜)

 

~以下、監督・選手コメント~

関口監督

-試合の総括
相手のキーマンを決めていて、7番がキーマンだねってずっと話をしていて、7番に取られるとちょっとキツイなって話をしてたんですけど、その選手に立て続けに4点くらい取られてしまって、それを抑えきれなかったのが敗因だと思います。途中修正しきれなかったのは、1番私のミスかなと思います。
-第3Qで追い上げたが第4Qで取りきれなかったのは
第4Qではなかなか厳しいところがあって、その前に流れがくるかなと思っていたんですけど、呼び寄せきれなかったですね。
-今日に向けてどんな準備をしてきたか
今日に向けては相手のキーマンのことと、明学さんが外からのショットがあんまり入らないという認識で対策をしてきました。オフェンスに関しては、あまり今までやってきたことと変わらず、という感じでしたね。前回の試合から、フルフィールド、ハーフアンドハーフのつなぎのところが上手くできていなかったので、そこを重点的にやりました。
-集中応援について
たくさんの人に応援していただいて、父兄の方もそうですし、OB・OGの方に本当にたくさん来ていただいて、力になりました。でも勝てなかったので申し訳ないです。
-次戦に向けて
やることはそんなに変えずに、我々が1年間通してやってきたことを信じてやっていけば勝てると思うので、細かいところだけちょっと修正して、最後勝っていきたいなと思います。

 

武藤主将

-試合の総括
流れを掴めそうなところで掴みきれず、点も決めたいところで決めきれず、あと一歩のところで勝利を逃してしまったなという印象です。
-第3Qで追い上げたが第4Qで取りきれなかったのは
練習の時から特に、自分自身も、決めきる、いくらシュートを打っても決めきらなければ意味がないと思っているので、その部分の甘さが出たかなと思っています。
-今日に向けてどんな準備をしてきたか
相手がどういったシステムの守備を組んできても対応できるように、全員が足を動かしてオフェンスに参加して、あとは絶対楽しくラクロスをやろうということを意識しました。
-集中応援について
つらい時だったりゲームが厳しい状況でスタンドを見るとかなり多くの方が応援にいらしてくださっていて、そういった方々の姿や声援は本当に励みになりました。
-次戦に向けて
今シーズンもう上への入れ替え戦へ進めることはなくなってしまったんですけれども、1年生が1年生大会で3位を取っていたり、今年も4年生が少ないという状況なので、来年度以降必ず1部昇格や日本一を目指していけるチームだと思うので、そうするためにも今年はまず絶対2部に残して、これからの青学の土台を作っていければと思います。

 

塚本選手

-試合の総括
今日の試合勝ったら入れ替え戦に続ける、今日勝って次の試合に勝てば入れ替え戦に進めるという状態で、絶対勝ちたかったんですけど、やっぱり自分たちのミスが相手の攻撃に対して流れてしまったことが敗因だと思いました。
-どんな気持ちで臨んだか
今年の目標が1部昇格だったので、絶対勝って入れ替え戦に進むっていうのを意識したんですけど、悔しかったです。
-自身の2得点について
このチームのオフェンスリーダーとして1年間やってきました。自分自身リーグ戦を3戦やって、あまり調子が良くなく活躍できていなかったので、この2点はすごいうれしかったですけど、それが勝利に繋がらなかったのはとても悔しいと思いました。
-集中応援について
応援もすごく自分の力になって、ワンプレーワンプレーがいつもより動けているなという感じがありました。
-次戦に向けて
とにかくこのリーグ戦、勝って終わりたいと思います。

 

〈NEXT GAME〉

関東学生リーグ2部Aブロック 第5戦
千葉大学 西千葉キャンパス サッカー・ラグビー場
10月14日 vs東京理科大