【硬式野球】【硬式野球】専大撃破で首位浮上!見えた悲願の1部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球 秋季2部リーグ 対専大 3回戦 於・明治神宮野球場

◆結果◆
専 大 000000000 |0
青学大 00200003×|5
◆スターティングメンバー◆
1(中)徳本健太郎
2(一)小坂井智朗
3(三)西村大樹
4(左)長野勇人
5(遊)遠藤康平
6(指)山田誠也
7(二)吉澤岳士
8(右)前川直哉
9(右)西川尚希
P 河端優馬→及川豪→葛川知哉

善波監督は満面の笑みを見せ、「凄いね。選手たちは凄い力を持っている」と選手を讃えた。秋季2部リーグ対専大の第3戦。負ければ優勝が消える土壇場で、粘りを見せた青学大が遂に首位に立った。

試合は立ち上がり、投手戦の様相を呈する。青学大は力強い投球が魅力の河端、専大はプロ注目のサブマリン高橋をマウンドへ送り込む。青学大の河端は最速143キロの直球を中心に力で勝負。「前半直球が狙われているのはわかっていたが、それでも直球中心の投球を心掛けた」と強気な投球。対する専大の高橋は下手から130キロ台中盤の直球と、100キロ台の変化球で青学打線を翻弄。対照的な両投手の投げ合いとなった。

剛腕の河端は143キロを計測

試合が動いたのは3回裏、青学大の攻撃。9番の西川(尚)が四球で出塁すると、続く徳本の打球はセンターへ。弾道が低く中直と思われた。しかし強烈なバックスピンがかかっていたのか打球はグングン伸び、センターの頭を優に越える適時三塁打。徳本を三塁に置き、続く2番の小坂井は初球を捉え右犠飛。効率よく2点を先制した。

先制のホームを西川(尚)

しかし専大の高橋は落ち着いていた。その後2回連続で三者凡退に封じ、ドラフト候補の貫禄を見せつける。青学打線も果敢にスイングを仕掛けるが、突破口を作れないでいた。
すると6回表、専大打線が青学大に牙を剥く。一死から3、4番の連続安打と四球で一死満塁。ここで河端は、これまでの直球中心の投球から一変。4球連続で変化球を投じ6番打者を三振に打ち取った。続く左の7番打者を迎えたところで青学大ベンチが動く。善波監督は「(7番打者は)左だったから決めていた」と迷わず左腕の及川へスイッチ。及川はこのピンチを三振で切り抜けチームを救った。及川は8回二死まで投げ無失点。球速こそ130キロ前後だが、一球一球の間合、ストライク先行の投球は見ていて安心感があった。

好リリーフの及川

後を受けた三番手の葛川は大阪桐蔭高校出身で、高校時代は西武の森とバッテリー。大きな身体を余すことなく使ったフォームは迫力満天。マウンドを楽しんでいるように投げる姿からは、怪我に泣いた今シーズンの苦労も伝わってくるようだった。

4年生リレーの及川(左)と葛川(右)

及川と葛川の好投に触発された打線は8回裏、7番主将の吉澤岳が右線三塁打を放つ。吉澤はここまでノーヒットに抑えられていたが、「この打席はノーステップでいった」と臨機応変な対応が実った。その後一死一三塁となり、打席には徳本。この打席では徳本の読みが光った。追い込まれた後、インハイの直球を振り切ったファールで粘る。多くのバッテリーはこの後、外の抜いた球を選択することが多いが、徳本はもう一球直球が来ると読んだ。するとその読みが見事的中。右中間への適時三塁打を放ち、貴重な追加点を演出した。続く代打の三浦も左中間へ適時二塁打でダメ押しの追加点。勝負を決定づけた。

最終回も葛川が続投。きっちり三人で締め価値ある一勝を手にした。

快投した葛川

青学大は今日の勝利で首位に浮上。しかし勝ち点では駒大、拓大と並ぶ混戦で全く予断を許さない状況だ。次節の駒大戦は、勝ち点を取ると優勝が決まる大事な一戦となる。今節で得た勢いそのままに、駒大を撃破し2部制覇、そして悲願の一部を摑み取れ。記事(海野大輔) 写真(秋山紗璃)