【女子バレーボール】春季リーグのリベンジ果たす 快勝に笑顔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

秋季関東大学女子1部バレーボールリーグ 10月28日(土) 於・青山学院大学相模原体育館

 

◆結果◆

青学大○3-0●筑波大

第1セット 25ー23

第2セット 25ー18

第3セット 25-23

 

◆メンバー◆

1 比金みなみ(史4)
2 奥山奈映(総4)
3 雨谷果林(法4)
4 坪川夏音(法4)
5 兼若真由(経4)
6 若松佳奈美(総4)
7 高木晴香(国経4)
8 吉岡可奈(比4)
9 山野辺輝(営4)
10 古谷瞳子(法3)
11 及川真夢(国経3)
12 宇治川景(総3)
13 角崎良蘭(現デ3)
14 根岸真昼(比3)
15 野嶋華澄(比2)
16 堀内玲楠(国経2)
17 及川佑加(法2)
18 市川彩(総2)
19 宮下聖果(総2)
20 立石優華(経2)
21 高津友香(マ2)
22 吉戸日菜子(法1)
23 大崎千裕(比1)
24 島村愛(総1)
25 目黒安希(総1)
26 浅川萌香(マ1)

 

この日の対戦相手となった筑波大。青学大は今年の春季リーグの決勝戦で敗れたリベンジに燃えていた。

 

第1セット、攻撃に緩急をつけることで相手チームのブロックを散らしペースを掴む。

 

相手コートの後方が空くと、そこをめがけてボールを打ち込むなどレース展開を見極めながら正確に点を重ねていき、まずは第1セットを先取した。

(強烈なアタックをきめる及川選手)

つづく第2セット、両チーム譲らない展開が続くが後半は青学大の勢いが加速する。第1セット同様、相手の不意を突くような絶妙な攻撃を繰り返し、相手チームを惑わせる。ここで相手のミスも重なり青学大にとって有利な展開が続いた。

その結果25-18と大きく点差を離し、第2セットを連取。

 

第3セットはじめ筑波大にリードを許したものの、その後はじりじりと点差を詰めていった。あっという間に14-14の同点に追いつくと、1点2点と青学大が相手チームを引き離し始める。相手チームの強い攻撃にも体勢を崩すことなくボールをつなぎ、白熱した試合を魅せた。

 

(確実にボールを拾っていく坪川選手)

(トスを上げる比金主将)

その後相手チームに猛追されながらもリードを守りきり25-23で第3セットも獲得。

セットカウント3-0とストレート勝ちを果たした。

今試合、興味深かったのは選手一人一人がいつも以上に楽しそうにプレーしていたことだ。得点すると手を高く上げて喜びを表現し、コート内の選手同士が手を取りあう。失点した時でも互いに声を掛け合い、常に「次」を見ているようだった。

笑顔を意識して臨んだという今試合。明るい雰囲気づくりが今回の勝利につながったと言えるだろう。

明日は秋季リーグ最後の試合となる。今日の勢いのまま勝ちきれるか、青学大の選手たちの笑顔が見られることを期待したい。

(小島早織)

 

~以下、監督・選手インタビュー~

秋山監督

ー試合の総括

リーグ戦けっこう負け続けていて苦しかったんですが、負けたことでチームの修正するポイントとか色んなものが浮き彫りになってきて、ちゃんとそこに向き合って改善していったことで成長していきました。先週天皇杯の試合があって、トーナメントで負けたら終わりっていう状況で勝ちきれたっていうのは選手も自信になって今日の勝因にもなったのかなと思います。

ー今日活躍したと思う選手は誰か

全員ですね(笑)誰かに頼るっていうバレーはしてきていなくて、逆に誰か1人が良くて勝ったっていうのもチームとしては反省になってしまうので今日は苦しい場面でもみんなで戦う、しかも最初のメンバーだけじゃなくて途中から入る子たちもちゃんと力を発揮してそれぞれが役割を果たしてくれたので良かったです。

ー春季リーグでの筑波大戦と比べて今日の試合はどうだったか

大事な場面で相手がミスをして助けてくれたっていうのもあるんですけど、うちが(青学大が)苦しいときに我慢してもうひとこえ頑張れるようになったと思います。春の場合は、ここぞというときにうちがミスをして落としてしまったので、今日はしっかり我慢して勝ちきれたのは大きいと思います。

ーリーグ戦最終日に向けて

今日はいい形で勝てたと思うので、より勢いを出していきたいんですが、今日と全くチームカラーの違うチームと対戦するので、リズムも早くなりますし。このチームで最後のリーグ戦になるので、本人たちも悔いがないように、そして全カレに繋げられるようにみんなでもう1回気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

 

比金主将

ー試合の総括

これまでリーグ戦4連敗して、全部で5敗してるんですが、今回は何が何でも勝とうという気持ちで練習をしてきました。先週天皇杯があって、そこで3戦3勝できて、ただ筑波大にはまだ1回も勝っていなかったので全員で勝ちにいくっていう話をしていました。出だし勢いがあって、いい試合ができたんですが2セット目3セット目は相手チームがやり返す気持ちできたので少し流れ悪くなってしまった。でも今まではそのままバタバタと崩れてしまうところを何とか踏ん張って逆転して最後競ったところで勝ちきれたのは良かったです。明日まだ1戦残っていて、大事な試合になってくるので、まだつめるところをしっかりつめて明日に向かいたいと思います。

ーどのような気持ちで試合に臨んだか

筑波大は誰がどう見ても高さがあって攻撃力もあるチームだと思うんですけど、それに勝つには私たちが我慢強く戦わなければいけないと思ったので、攻撃も徹底して入って、声かけもしっかりやっていきました。

ー試合中の笑顔は心がけているか(試合中の明るい雰囲気の訳)

ミスとかが続いてみんなの表情も暗くなってきてしまうと周りにも伝染してそのままバタバタとなるのが今までの試合だったので、どんな状況でもしっかり笑顔でプレーしていれば本来ミスしそうなところでミスをしなくなったりすると思うので、表情は全員で明るくいこうという話はしていました。

ーリーグ戦最終日に向けて

4年生にとっては最後のリーグ戦で最後の1戦になると思うんですが、4年生が今までやってきたことをしっかり出し切って自信とプライドを持って4年生中心となって全員で勝ちに行きたいと思います。