【アイスホッケー】【アイスホッケー】神大との接戦を制し、最終戦につなぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

関東大学リーグ戦 対神奈川大 11月11日 於・東伏見ダイドードリンコアイスアリーナ

◆結果◆

青学大〇2-1●神奈川大
1P 1-1
2P 0-0
3P 0-0

GWS

1本目 #11佐久間俊人(総3)×

2本目 #9渡辺大智(営3)〇

3本目 #12石川優介(総2)〇

リーグ後半戦は3連敗中。なんとしてもここで連敗を止めたい青学大。GWS戦に突入するも見事接戦を制し、勝利をおさめた。

第1ピリオド、開始わずか24秒で相手にゴールを奪われた。早々に守備を乱され、リズムを崩されたかと思われた。しかし7分11秒、#76湯山隼(営4)から#11佐久間が繋ぎ#9渡辺がゴールを決め、同点に追いつく。その後、両チームともにチャンスを作るも得点にはつながらず、一歩も譲らない展開。残り3分13秒、相手の攻撃に押される場面であったが、なんとかゴールを守り切った。残り10秒、終了間際に#9渡辺がシュートを放つも、惜しくも外れ、1-1と同点で第1ピリオドを終える。

第2ピリオド、開始1分20秒で相手にシュートを打たれるも、キーパー#32佐藤諒(史1)のナイスセーブを見せる。中盤両チームでペナルティ選手を出しながら、白熱した試合を繰り広げる。残り2分5秒、#55ウィルソン海(総1)がシュートを打つも、追加点を上げることはできなかった。1-1のまま勝負の第3ピリオドへ。

第3ピリオド、開始早々、青学大にゴールチャンスが訪れる。しかし決定的な一打が出ず、得点には結びつかなかった。第3ピリオドも折り返しの10分、#11佐久間が思い切ったシュートを見せるも、相手キーパーに阻まれた。その直後、隙をついた激走を見せた#11佐久間がそのままもう一度シュートするがまたしても得点ならず。その後両チーム激しいぶつかり合いを続けるも、決定的なゴールは出ないまま、1-1で試合終了。

同点のため、各チーム3名ずつによるゲームウイニングショット(GWS)が行われた。

相手チームの1人目がゴールを決め、迎えた#11佐久間は惜しくもゴールならず。2本目は相手のゴールが外れた直後、#9渡辺が難なくゴールを決めた。3本目、相手選手がシュートを外したため、これを入れれば青学大の勝利が決まる大一番。登場したのは#12石川。相当なプレッシャーの中、スピード感のあるプレーを見せ、放たれたパックはゴールに吸い込まれた。

 

 

 

見事な勝利で、連敗もストップし残るはあと1戦。チームで戦うその青学大らしさを、最終戦でも見せてほしい。

~以下、監督、選手インタビュー~

監督
―試合を振り返って
今日は主力の2人が怪我で出られなかったんですけども、全員で戦った結果、最後GWSで勝てたのが結果的には良かったです。人数が少ない中で、怪我人が出ちゃうとだいぶ苦しい展開になってしまうので、とりあえず勝ててよかったなと。リーグ戦もあと残り1試合なので、最後に圧倒して勝って最後締めくくって、12月のインカレに向けてまたエンジンをかけたいなと思ってます。

―リーグ最終戦に向けて、選手たちに何を伝えたいか
とにかく人数が少ないので、怪我人2人が次の試合に復帰できるかどうかわからないですけど、全員で体張って全力でチームを盛り上げて、みんなで頑張っていかないと勝てない。このまま最後の1試合、全員でホッケーをしよう、締めくくろう、と。

湯山主将
―今日の試合を振り返って
この連戦の中で、守りの面と攻めの面で意識してやってきたと言ってきたんですけど。最初の1ピリ、あんな形で1点取られてしまって、ちょっと守備が崩れたんですけど、そこからみんなでコミュニケーションを取ってまた点を取り返すことができて良いゲームになったかなと思います。あとレギュラーで出てるメンバー2人が怪我してる中で新しく組むパートナーとかだったんで、本当にコミュニケーションはみんなでちゃんと取っていくという話になっていたので。そこの点は青学らしくしっかりとコミュニケーションだったり、まあ仲の良いチームなんでね、しっかりと良くできたなって思います。

―3ピリ後、GWSに仲間を送り出す気持ち
頼む、といった感じでしかなかったんですけどね(笑)今日怪我で出られなったメンバーが2人ともFWだったので、まあ彼らも打ちたいだろうし、俺出てたら点取れてたのにな~とか思ってるかもしれないんで、そのメンバーの気持ちも多分みんな酌んで、チームのためにチームで勝とうっていう風に言ってたんで。そうやって選手は向かってくれたと思います。

―リーグ最終戦に向けて
立教が次の相手なんですけど、相手はまだ勝ってないので僕らに勝つために全力で来ると思うので、しっかりと勝てるように守りの面も攻めの面も意識して、泥臭く青学らしく勝ちたいなと思います。

#12石川選手
―今日の試合を振り返って
今日の試合は接戦で、本当に今日勝たないと下の入れ替え戦が見えてくる状況で、もう何としても勝ちたい試合だったので、序盤で点を取られたりとか、アクシデントが多くてちょっとバタバタしちゃった部分があったんですけど、1ピリの後半からしっかり立て直して自分たちのホッケーをやったので、最後GWSまで行ったんですけど結果として勝利につながったのが1番良かったと思います。

―最後GWSで決めたときの気持ち
ベンチから優介って言われたときに、うおおお!みたいな、心臓が口から出るんじゃないかと思って(笑)でもこれ決めたら勝ち、外しちゃっても次がまだあるからって考えてポジティブに行ったんすよ。ネット揺れた瞬間、もう涙出そうでしたよ。うおおお!って思ってガッツポーズして、みんなこう寄ってきたときがいちばん幸せでした。もう涙出てたかも知れないですちょっと。やばかったすね。めっちゃ嬉しかったです。

(杉本理紗)