【レスリング】【レスリング】天皇杯 それぞれの想い胸に来シーズンへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

天皇杯全日本レスリング選手権 12月20〜23日 於 駒沢体育館

◆結果◆

フリースタイル
61㌔級 藤田雄大(マ3)=3位
70㌔級 竹之内岳(済3)=1回戦敗退
70㌔級 松田健悟(職員)=2回戦敗退

グレコローマンスタイル
55㌔級 難波陽(営4)=ベスト8
63㌔級 大山允長(営3)=3位
80㌔級 藤井達哉(済2)=3位

女子
50㌔級 加賀田葵夏(マ2)=ベスト8

 

代々木第二体育館が改修工事のため、駒沢体育館で行われた天皇杯。今年度を締めくくるこの大会は4日間に渡って実施され、青学大からは3選手が3位入賞を果たした。

 

藤田雄大

1回戦、2回戦を共に判定勝ちでコマを進めた準決勝。
開始15秒でバック取られポイントを先取されるが、2分過ぎに取り返し同点に。
しかし1P終盤、危うくフォールされそうになるが巧くかわし1P終了。
2P、1:45で足を取って4-6と詰め寄る。しかし追加点はならず、あと一歩のところで決勝進出を逃したものの、「格上の相手にいい勝負ができて、自分なりのレスリングができた」と手ごたえを口にした。

 

竹之内岳


天皇杯初出場となった竹之内。
1点を先取されるが、1P残り15秒で技をかけ4点を得る。そこからバックを取られるが、ここで1Pが終了し難を逃れる。
2P、4:15で足をかけられ大きく投げられ6-6に。厳しい体勢で耐えたものの、力尽き4:48でフォール負け。悔しい1回戦敗退となった。

 

松田健悟コーチ


1回戦は拮抗した展開に。2分、相手の警告から1点を獲得。1P残り30秒で相手の足を取り2点追加。
2Pの終盤に相手の猛攻を受け警告から1点を失うも、場外で1点追加。4-1の判定勝ちで2回戦へ。

2回戦の相手はこの大会で優勝を果たすこととなる乙黒圭祐(山梨学大)。怒涛の攻撃を受け、得点を奪えないまま1:49でTフォール負けを喫した。

 

難波陽

1回戦は1Pから相手に大量リードを許し、苦しい展開に。0-6で試合を折り返す。
後がない中迎えた2P、難波が仕掛けたが相手に2点が入る。試合終了かと思われたが、チャレンジが認められ2-8で再開。
ここから難波が反撃の狼煙を上げる。相手の警告から1点を得ると、一気に畳み掛ける。投げ技を3回決め11-10と大逆転、最終的にはフォールで相手を下した。

勢いそのままに臨みたい2回戦だったが、相手に圧倒され、1:04でTフォール負けとなった。

 

 

大山允長

1回戦シードで迎えた準々決勝。
2分、相手にパッシブが与えられ1点を先手。パーテールポジションからローリングを仕掛け、2点を追加し1Pを終える。
残り1分半のところで相手にバックを取られポイントを奪われる。
また、大山もパッシブを受け4-3。パーテールポジションからローリングを決められ、残り時間1分を切ったところで4-5と逆転される。
しかしここで大山が仕掛ける。4点の技を決め、8-5と勝ち越しに成功。このまま試合は終了し、準決勝へ進んだ。

準決勝も、お互い得点がないまま時間が進む。しかし2分に大山は大きく投げられ4点を失う。そのままフォールを取られ試合終了。決勝進出とはならなかった。

 

藤井達哉

1回戦、2回戦と判定勝ちで確実に駒を進めてきた藤井は、準決勝で80㌔世界選手権代表の前田に苦戦をしいられた。
序盤は互いに組み合う展開となったが、開始1分過ぎにバックをとられて先制される。さらにパーテールポジションから失点し、0-5で1Pを終える。
2Pで何とかポイントを重ねたい藤井は開始1分で相手を場外に押し切り、さらにパッシブで3-5。しかし、相手のパーテールポジションから押さえ込まれ、終盤にローリングを決められて3-12。20秒を残し、Tフォールで試合終了となった。
決勝には進むことができなかったものの、新ルールへの対応など、藤井にとって収穫のある大会となった。

 

加賀田葵夏


〈写真提供=スポーツ東洋〉(3枚目のみ)

1回戦、お互いが仕掛け合う激しい展開に。しかし要所要所で得点した加賀田が5-0とリードし、試合を折り返す。
2Pも加賀田が得点を重ね9-0とするが、もつれ合いから4点を奪われ9-4と差を詰められる。
しかしそれでも慌てず2点を追加し、最後は5:12でフォール勝ちとなった。

2回戦は優勝候補の筆頭に挙げられた登坂(東新住建)との対戦。メディアの注目が集まる中での試合で先手を取ったのは登坂。0-2とされる。しかし加賀田も負けじと2点を奪い同点に。
再びリードを許し1Pを終えるが、2Pに入り再度追いつく。このまま逃げ切りたいところだったが、残り1分で足を取られ4-6と勝ち越される。
残り数秒のところで攻めるが得点には至らない。最後のプレーにチャレンジを申請するが認められず、最終スコア4-7で惜敗した。

 

今大会をもって今年度の公式戦は終了、年を越してチームは新体制となる。1年間の戦いを経て、選手はそれぞれの想いを胸に更なる高みを目指す。来シーズンも青学大レスリング部は輝きを放つ。(長尾凜・圷彩那)

 

~以下、選手インタビュー~

藤田選手
―今大会の総括
昨年の天皇杯は出られなくて2年ぶりの天皇杯だったんですけど、入賞もできて、準決も格上の相手にいい勝負ができて、自分なりのレスリングができたのでよかったです。
―準決勝を振り返って
最初点を取られて、自分も取り返して、その後だいぶ離されてしまって、そこが1番の敗因だったと思います。そこから追いかけて取りにいったんですけど、その大きなポイントが敗因になって負けてしまったと思います。
―2017年を振り返って
前半は大会とかも出ていなくて、いろいろあって休んでいたんですけど、最後は天皇杯も出場できて入賞することもできたので、いい形で終わることができたと思います。
―今後の目標
次は明治杯になるんですけど、今まで入賞したことないので、上位入賞目指して頑張りたいと思います。

大山選手
―今大会の総括
今回は資格があって出たわけじゃなくて、監督とコーチに推薦してもらって出させてもらったので、出させていただいたことに感謝しているのと出るからには結果を残さなければならないと思っていました。僕はもともと71㌔級で、今より2階級上に出てたんですけど、今回から63㌔級ができたのと自分の体重の減少も見越してそっちで勝負してみようと思って出ました。結果1回勝って1回負けて3位、結果的にみたら全日本3位っていう肩書がついて良かったんですけど、準決勝でかなり実力差というか簡単に負けてしまったのが残念だし、今まで教えてくれたコーチに申し訳なかったです。
―今大会での目標
63㌔級はオリンピック階級ではないので、正直なところメンバー見たらいけなくはないと思って、優勝できるんじゃないかという感じでいったんですけど、そんなに甘くはなかったですね。
―準決勝を振り返って
相手の選手とは練習でやったことあるんですけど、投げ技が上手い選手で、僕も投げ技中心なので仕留めるか仕留められるかの勝負でした。相手の有利な体制になって、待ってて案の定仕留められちゃって、何もできずに負けたのと一緒なので、気持ちで最初から負けていたと思います。準決勝やる前から試合モードだったかっていうとちょっと抜けてた部分もあったので、そういう面も含んだトータル面で負けていたんだと思います。
―2017年を振り返って
もともと体重が70後半から80㌔近くまであったんですよ。でも僕の勝手な私情で痩せたいと思って65くらいまで落としました。昨年は71㌔級でインカレ準優勝、今年は71㌔級のグレコで1コケで、でもまた階級落として全日本選手権3位みたいな。波乱万丈というか、自分のわがままな部分もあったんですけど、最後に結果を残せて結果オーライです。(笑)僕はレスリングはオリンピックってわけじゃなくて、人生のプラスというか楽しくやるっていうモットーなので全日本3位でも十分うれしいんですけど、来年はもっと上目指せるようにしたいですね。
―今後の目標
半年後にある全日本選抜では63㌔級で優勝できるように。体でかくて一回体重落としているので力負けはしないと思ってたんですけど、思ってた以上に筋力も落ちていてその階級で勝てるような筋力や持久力アップ、技術の向上を目指したいです。来年の東日本リーグ戦にも出場しようと思ってて、後輩のためにも、チームに貢献してリーグ戦の順位を上げたい。来年は4年生なので自分のことだけじゃなくてチームのことも考えて青山学院のレスリング部を向上させていきたいと思います。あとは就活頑張ります(笑)

藤井選手
―今大会の総括
明治杯3位で第4シードだったので、表彰台は最低限と思っていました。ルールや階級が変わってそれを試す1番最初の試合だったので、どんなもんかなって思いながら、やっていました。
―準決勝を振り返って
相手が全日本チャンピオンの人で、スタンドではそんなに差がなかったですけど、ルールが変わってグランドが重要になってきて、やっぱりグランドで負けちゃったっていう部分が大きかったので、そういうところを対応していく、ルールに適応していくしかないかなって思いました。
―2017年を振り返って
インカレ優勝できたのは良かったんですけど、全グレで負けてしまって、それ以外でも6月の明治杯で勝てるところ落としちゃったりとか、良かった時と悪かった時の差が大きかったかなと思います。
―今後の目標
ルールに適応していくのが一番重要なことなんですけど、その先のこの階級の全日本チャンピオンが目指すところです。