【アメリカンフットボール】【アメフト】健闘するも1部昇格ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

1部2部入替戦 12月17日 於・アミノバイタルフィールド

◆結果

青学大●15-19〇東海大

(前半) 6-7

(後半) 9ー12

青学大アメフト部LIGHTNINGは「Break」をチームスローガンに、歴史を変えることを意識してこの1年闘ってきた。1部昇格へ、勝負の入れ替え戦。晴天の下、多くの応援が駆け付けた。

前半から両チーム譲らない、熱い接戦が繰り広げらる。後半は出だしから青学大が流れを掴む。しかし試合時間残り4分、相手に逆転を許すとペースは戻らず、そのまま試合は終了。1部昇格とはならなかった。

来シーズンこそはチームLIGHTNINGが歴史を変える瞬間を魅せてくれるか期待がかかる。

(杉本理紗)

~以下、監督・主将インタビュー~

加藤明広監督

―試合を振り返って
入替戦まで来ることができて、勝つことはできなかったですけど、今年のチームで課した目標を90%くらい達成できたのかなと思います。でもやはり今回の4点差というのは、たった4点じゃなくて大きな4点だということを、もう一度選手全員が考えなきゃいけないなと思います。ただ今年のチームは初戦で負けていて、そのあとに6連勝して入替戦への切符を掴んだので、本当にすごく成長したチームだと思います。今日の悔しさを忘れないでいけば、必ず来年もう一度こういう場に出て勝てるようなチームになると思います。

川口純平主将

―試合を振り返って
結果4点差というところなんですけど、実力の差はほとんどなかったと思います。1つのパスミスであったり、1つのタックルミスであったり、そういうところが勝負の分かれ目だったかなって思います。

―試合中の声掛け
ピンチな時もあったと思うんですけど、ここで止めれば勝てるぞ!とか、常にポジティブなことを言って、お互い励ましていましたね。

―次のシーズンに向けてメンバーへ
今年は下級生も試合に出ていたので、彼らを中心に引っ張っていってくれれば、来年こそ1部に行けると本当に思っているので頑張ってほしいと思います。