【陸上競技】【陸上競技】関カレ 駅伝シーズンに向けて視界良好!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第97回関東学生陸上競技対校選手権 5月24~27日 於・相模原ギオンスタジアム

◆結果◆

男子2部

【1500m予選】

〈1組〉 3着 松田岳大(国経4)3分50秒76=決勝進出

〈2組〉 2着 湯原慶吾(史1)3分57秒5=決勝進出

〈3組〉 2着 生方敦也(教3)3分51秒33=決勝進出

【1500m決勝】

1着 生方敦也 3分50秒76=優勝

7着 湯原慶吾 3分52秒85=入賞

8着 松田岳大 3分53秒14=入賞

【10000m決勝】

4着 鈴木塁人(総3)29分20秒84=入賞

26着 橋間貴弥(社4)30分35秒58

途中棄権 梶谷瑠哉(教4)

【ハーフマラソン】

5着 竹石尚人(総3)1時間5分10秒=入賞

16着 吉田祐也(教3)1時間6分15秒

24着 林奎介(機4)1時間6分48秒

【5000m決勝】

4着 橋詰大慧(史4)14分6秒28=入賞

10着 小野田勇次(営4)14分21秒10

13着 吉田圭太(地2)14分27秒61

長距離ブロックからは1500mで生方が優勝、また多くの入賞者を出し青学の強さを見せつけた。そして男子2部長距離種目の得点も1位となり駅伝シーズンに向けて実りのある大会となった。

ーーーーー

関東インカレ初日に行われた1500m予選では青学大の選手3人は余裕のある走りで危なげなく予選突破。続く2日目に行われた1500m決勝では最終周手前で猛烈なスパートをかけた生方が先頭でゴール。関東インカレデビューである湯原や最初で最後の関東インカレとなった松田の出場選手3人が入賞という素晴らしい結果を残した。

男子1500m・生方
男子1500m・湯原(右)と松田(左)
男子1500m表彰式の様子

<以上3枚、写真提供=中大スポーツ>

決勝が行われた5月25日は生方の誕生日。21歳幸先の良いスタートを切った。

ーーーーー

1日目午後に行われた10000mには鈴木が出場。惜しくも表彰台には届かなかったものの日本人トップでゴール。4位の好成績で入賞を果たした。

ーーーーー

最終日朝に行われたのはハーフマラソン。青学大からは林、竹石、吉田(祐)の3人が出場した。日差しが強い中でのレースとなったが3人とも序盤から集団を引っ張っていく。途中3人が先頭に並ぶ場面もあった。レース後半で先頭を走る選手から大きく離されたが、最終的に竹石は5着でゴールし入賞。林・吉田(祐)が後ろに続いた。

集団を引っ張る林
3人が横に並ぶ
最後まで粘り強い走りをした竹石
ハーフマラソン・吉田(祐)

ーーーーー

最終日午後に行われた5000mでは序盤から積極的なレースを見せた橋詰が青学大トップでゴール。最後まで留学生のスパートに懸命に食らいつき、去年より2つ順位を上げ4位入賞を果たした。小野田、吉田も前半から先頭集団につき粘りのある走りを見せたが、力及ばず入賞を逃した。(舘野七海・小島早織)

男子5000m・橋詰
男子5000m・小野田
男子5000m・吉田

 

~以下、選手コメント~

1500m 生方敦也選手

ー 今回のレースの総括

レース自体自分の好きなレース展開だったので良いペースで流れてそのまま裏の方に隠れててラスト1周手前から出て逃げ切れば勝てると思ったレースだったのでその通り自分のプラン通りいけたかなと思います。

ー自信はあったか

自分の好きなレース展開に持ち込めれば80%くらいは優勝できる確率はあったのかなと思ったんですけど、逆にスローなレースになったら負けるんだろうなって思っていました。

ー レース前に監督から声かけはあったか

やることはやったから楽しんでこいと。あと、こけるなと言われました(笑)

ーチームにとって3年生メンバーの現状

現状として竹石と塁人(鈴木)が抜けてその他はみんな一緒かなと思うんですけど、ここからどれだけ2人に追いつけるかが大切だと思います。また強い4年生が抜けてから自分たちの代で塁人、竹石だけに任せちゃうと絶対勝てないのでいかに自分たちの代が2人に追いつけるかが鍵なんじゃないかなと思います。

ー今後の目標

去年はここで怪我をしてしまい駅伝に絡めなかったので今年は出雲、全日本と走れるようにコンディションを調整して頑張っていきたいと思います。

 

1500m 湯原慶吾選手

-大会を振り返って
自分の1500mに関しては少しふがいない走りになってしまったんですけど、3年生の先輩(生方敦也選手)が意地を見せて優勝という結果を残してくれたり、10000mでは鈴木塁人選手が良い流れを作ってくれて、5000mやハーフでも先輩たちがいい走りをしていたので良かったと思います。

-どのようなレースプランだったのか
スタートが苦手なので後ろから落ち着いて行って、ラストに上げていくという感じです。

―今大会の思い出は?
大学入ってからの初めての大きな大会で、走っているときは楽しかったです。

―湯原選手から見たチームの雰囲気とは
高校の時は、みんなぎしぎししていて陸上だけを真剣にやっているイメージを持っていたんですけど、入ってみると上下関係もあまりなくて、楽しくやっているんだなと思っています。

―大会結果を踏まえて今後の目標
1500mよりも長い距離になれば、これよりも速いスピードにはならないと思うので、そういった1500mのイメージを持ちながら出雲駅伝などの三大駅伝にも出走して、最初からハイペースになっても焦ることなく走れればと思います。良い走りがしたいです。

 

1500m  松田岳大選手

ーレースを振り返って
他の2人も結構力があって、3人入賞できるかと期待されていた中で、自分は4年生ですけど1番力が無くて予選から1人だけ決勝行けなかったらどうしよう、とか決勝でも1人だけ入賞できなかったらどうしよう、っていうプレッシャーの中で結果入賞できたというのは自分にとっても成長できたレースだったと思います。

ー1500mレースの学内選考について
自分は出場できるかどうかっていう微妙なラインだったんですが、最後の関東インカレにでたいという気持ちが強かったので、最後の選考会(4/21の日体大記録会)で標準記録も切って、学内順位も3番には入れたのでそこでもしっかり結果を残せて良かったなと思います。

ー夏に向けて、駅伝シーズンに向けて
今回のレースでしっかりスピードをつけられたと思うので、次は5000mで13分台を目指して夏合宿でしっかり走り込んで出雲駅伝ではしっかりメンバーに絡んでいけるようにしたい。それでそのあと箱根駅伝に向けてやっていこうかな、と思います。

10000m 鈴木塁人選手

ーレースを振り返って
前期トラックシーズンの中で1番大事な大会だっので、そこでいい結果を出すっていうのを目標にやってきて、調子も上がってきていたので留学生たちにも積極的に付いていくことができて、自分としても大きく成長できたと思います。

ー留学生について行くことは初めから決めていた?
そうですね、レース中に調子も上がってきて良かったので自分の力を信じて行けるところまで行こうと思って走りました。レースプラン通り走れた感じです。

ー目標タイムや順位について
表彰台を目標にやってきて、あとちょっと届かなかった部分はまだまだだなあと思うんですが、日本人トップでゴールできたので、2部ではありますが大きな大会で結果を出せたことは自信になりました。

ー関東インカレとは自身にとってどんな大会か
大学1年から出させてもらって表彰台にも上がらせていただいて、去年もそして今年も出場できて、お祭りのような大会です。トラックシーズンバージョンの箱根駅伝のような感じ。すごくワクワクしてレースが待ち遠しいようなそんな大きな大会です。友達とかもたくさん応援来てくれて、自分の今までやって来たことを表現できるとてもいい機会。来年もいい結果を出せるようにしたいです。

ー夏に向けて、駅伝シーズンに向けて
去年は関東インカレの後に気が抜けて夏まであまり走りこめない部分があったので、今年は気を引き締めて夏までに5000m自己ベスト出すっていうのを目標にしたい。今が強くなる良いチャンスだと思うのでこれを機に調子上げて、夏しっかり走りこめば3大駅伝で区間賞を狙えるようになると思うので、まずは3大駅伝全部勝つことを目標にやっていきたいです。

ハーフマラソン 竹石尚人選手

ーレースを振り返って
目標が6位入賞だったので最低限それは達成できたので良かったと思います。

ー気温のコンディションについて
暑さ自体はそんなに苦手じゃなくて、コースも適度なアップダウンがあって自分に適していたので良い走りができたかな、と思います。

ー林・吉田(祐)と横に並ぶ場面があったが
4年か5年連続で日本人トップが青学の選手だったので1番狙うべきところはそこだったんですけど、やっぱり全体的に見たら5位入賞っていうのは物足りない部分があるので、しっかり練習して秋以降走れるようにしていきたいです。

ー足のコンディションについて
(今回は足はつりませんでしたか?)まぁ、ちょっと…(笑)でもつりに対するトレーニングとかしてたのでそんなにダメージはなかったです。

ー今後に向けて
自分は箱根の5区でリベンジすることを目標にやっているので、そのために夏もしっかり練習してチームの主力になれるようにしたいです。

 

5000m 橋詰大慧選手

ー今回のレースの総括

去年の関東インカレ10000mで6位だったのでそれ以上というのを目標にしていたのでまず4番でゴールできたのでよかったかなと思います。

ーレース前の調子

トラックシーズン始まって最初は全然ダメだったんですけどレースに出ながら段階を踏むごとに調子が良くなってきて関東インカレ2週間前くらいからいけるかなという感じだったのでレースも思い切り走れました。

ー現時点での自分自身の課題は

レース前に自信が出てしまう部分があってそれが最初レースに出てしまい耐えれないこともあるんですが、今回は後半耐えれたので今後も継続していきたいと思います。

ー今後の目標

まずチームとして関東インカレ2部の得点1位ということを目標にしててそれをクリアできてこの後トラックシーズンが終わったら駅伝シーズン3冠という目標があるので、今回関東インカレ2部1位で良いスタートが切れたので次は駅伝シーズンで3冠取れるように頑張りたいと思います。