【自動車】【自動車】平成最後の夏、掴み取った団体優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

全日本ジムカーナ選手権大会 8月19日 於・鈴鹿サーキット南コース

◆結果◆
〈団体の部 〉
第1位
〈個人の部〉
第3位 菊池崚斗(英4)1分26秒07
第5位 松澤貴裕(機4)1分26秒28
第22位 山口宗造(営2)1分29秒57

平成最後の夏に行われた全日本学生ジムカーナ選手権大会は、恵まれた天気の下、鈴鹿サーキット南コースにて開催。

主将菊池が28番目に走行し、先陣を切る。1走目では1分26秒07をマークし、このタイムは午前の部で全体2位の好タイム。
また2走目では若干走りを乱す場面も見られたが持ち直し1分26秒94を記録。

 

続いて69番目に走行したのは、山口。
1走目のタイムはPTするも記録は1分29秒57。2走目では、ノーミスで1分30秒07でフィニッシュ。

105番目での走行、4年松澤も魅せる。1走目でのタイムは1分27秒28。2走目は、タイムを大きく持ち直し1分26秒28の好記録。

 

個人の部では菊池が個人3位、松澤が個人5位での表彰入りを果たし、昨年の同大会における個人順位から大きな伸びを見せた。

 

 

 

また団体の部において、今大会は運も味方し、強豪中央大を抑え優勝。昨年度における同大会での6位という順位を大きく上回り、輝かしい成績で表彰台を華々しく飾った。

 

(氏郷実紀・秋山紗璃)