【未分類】【硬式野球】任せて安心!エース河端中1日で連続完封!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球秋季2部リーグ 対東農大 9月11日~13日 於・大和スタジアム

9月1日に戦国東都の秋季リーグが開幕。今秋8季ぶりとなる1部昇格を目指す青学大は第2週の東農大戦が初陣、2勝1敗で勝ち越し勝点を獲得した。

勝点を手にした青学大の選手たち

第1戦 青学大6-0東農大

第1戦は今春腰の不調に悩まされながらも、防御率0.69の数字を残し最優秀防御率と最優秀投手の2冠を獲得したエース河端が先発。東農大打線を9回12奪三振無失点と完璧に封じた。
打っては4番三浦が3回にツーランを放つなど6得点で快勝した。

第2戦 青学大1-2東農大

連勝で勝ち点を獲得したい第2戦は、2年生右腕鈴木駿輔が先発。またこの試合青学大は、DH制を放棄し鈴木を1番投手の2刀流で起用。
すると初回、その鈴木がいきなり先頭打者本塁打を放つ。鈴木はこの夏のOP戦でチーム1の打率を残していた。河原井監もOP戦取材時に「鈴木駿輔を指名打者で試してみたい」とプランを立てていたが、その起用が的中する。

1番投手で先発した鈴木駿輔。打っては先頭打者本塁打、投げては9回途中2失点も負け投手。

しかし4回に適時打を浴び失点すると、9回は二死二塁から「勝負球が甘くなってしまった。あの1球だけが悔やまれる」と鈴木渾身の117球目が高めに浮きセンターにタイムリーを打たれ勝ち越された。
打線は7安打を放ちながらも、ここ一番での適時打を欠き初回以降は無失点と沈黙した。

第3戦 青学大7-0東農大

勝ち点を懸けた第3戦の先発は中1日の河端。初回から毎回のようにランナーを背負う苦しい展開が続くが「ランナーを出した後に切り替えて投げた」と要所を締め相手に得点を与えない。

力投する河端

打線は東農大先発の佐々木のチェンジアップに苦しめられた。

東農大先発の佐々木。ウイニングショットのチェンジアップが冴えた。

河原井監督が「ストライクゾーンを上げるように指示を出したけど、真っ直ぐと腕の振りが同じで見切れなかった」と振り返るように4回まで6個の三振を許してしまう。

チェンジアップに空振りする長野
浅井のバットも空を切る

しかし5回、6番西川尚の左前安打、8番山本の内野安打、9番前川の四球、2番長野が四球を選び押し出しで先制。続く3番浅井が左越え適時打で2点追加後、5番泉口の打席間での暴投でさらに1点追加し4-0とリードする。

四球を選ぶ長野。
先制のホームを踏む西川

6回にも3点を加え7点のリードを持って終盤に突入した。
その後河端は本来のリズムを取り戻し、テンポよく試合を締めた。「真っ直ぐが良かったのでスライダーやフォークといった変化球が生きました」と鋭く曲がる変化球を決め球に、9奪三振でまたも完封。136球を投じたが「腰に関しては全く問題ないです」と笑顔だった。

連続完封で吠える河端

任せて安心、絶対的エースの活躍でまずは勝点を獲得した。次戦は今春1位の日大。安定感抜群の右腕上原や、今春首位打者(.476)のスーパールーキー峯村、大学日本代表の上川畑など投打ともに充実した戦力を誇る。河原井監督は「春は赤子の手を捻るという感じでやられたからね。リベンジだよ」と闘志を燃やす。相手投手陣の層の厚さを考えると、大量得点での勝利は難しい。ロースコアの展開に持ち込み、先発の河端や鈴木、リリーフの上野ら投手陣がどこまで日大打線を封じ込められるかに勝利の行方が懸っている。(海野大輔)