【陸上競技】【陸上競技】全カレ、今年も入賞多数!実りの秋に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

天皇賜盃第87回日本学生陸上競技対校選手権大会 9月6~9日於 川崎市等々力陸上競技場

9月6日から9日にかけ、日本学生陸上競技対校選手権(全カレ)が行われ、青学大からは昨年の19名を上回る25名の選手が出場。入賞数でも昨年を上回り、実りのある大会となった。

短距離ブロック

男子

短距離ブロック男子からは関東インカレ110mH6位入賞の中野昴(国政3)と昨年度全カレ800m4位入賞の齋藤未藍(経シス 院1)が出場。

中野は予選、今大会優勝の泉谷(順大)や栗城(国武大)に先行を許すもしっかりと食らいつき準決勝進出を決めた。惜しくも決勝に手は届かなかったものの、最終学年となる来期に向けてこの経験は大きいはずだ。

齋藤は予選、激しい上位争いの中で4着。タイムで準決勝進出を決める。準決勝のレースでは序盤から先頭に飛び出し、トップで1周目を通過。すると、後続がペースを上げ、レースは大混戦の様相を見せる。先頭から7着までが0秒55に詰まったハイレベルのレースで齋藤は7着、惜しくも決勝進出を逃した。

(男子800m予選を走る齋藤)

女子

短距離ブロック女子は14人の選手が出場し、100mの足立紗矢香(社4)、100mHの金井まるみ(国政3)、走幅跳の佐々木明日香の3選手と4×100mリレーで入賞。全国の舞台でも青学スプリンターが存在感を示した。

今年度関カレ優勝の足立は向かい風の吹く中、確実に予選、準決勝を通過。関カレとの二冠はならなかったが、大きなプレッシャーがかかる中6位入賞を果たした。

(100mで6位に入賞した足立)

今年度関カレ3位の金井も今シーズン好調の勢いに乗り、予選、準決勝を通過。全体1位タイのタイムで決勝に駒を進めた。決勝でも得意の前半の飛び出しから流れに乗り、2着でフィニッシュ。見事、準優勝を決めた。

(女子100mH準決勝を走る金井)

今期6mジャンパーとなり好調の佐々木明日香も初の全カレでも自信をもって試技に臨み、6位に入賞。冬季練習から重ねた努力が花開いた。

4×100mリレーでは予選でいきなりエース山中日菜美擁する関西の強豪・立命館大学と同組に入り、金井-伊藤有那(営2)-佐々木梓(教2)-足立のオーダーで臨んだ。足立が「立命館と一緒位にゴールできたら」と語ったレースはその言葉の通り青学大と立命館大のハイレベルな一騎打ちに。先着こそ立命館大に譲ったが両校ともに全カレ記録をマーク。青学大は44秒89の青学大新記録で「リレーの青学」の新たな歴史を刻み、優勝への機運は高まっていた。

決勝では夏場から好調の上村希実(教3)を投入。金井-伊藤-上村-足立のオーダーで表彰台の頂を目指した。エース足立の4人抜きの激走などがあったものの、日本学生記録をマークした日体大らに及ばすあと一歩のところで表彰台を逃した。それでも「昨年の4位とは意味が違う」と安井監督が語るように10月に行われる日本選手権リレーや来年度に大きな期待が持てる2本のレースであった。

(笑顔の青学大の選手たち)

長距離ブロック

長距離ブロックからは10000mの吉田祐也(教3)と5000mの𠮷田圭太(地2)がそれぞれ日本人トップの3位に入賞。10月の出雲駅で幕を開ける駅伝シーズンに向けて全国の舞台で存在感を示した。

短距離ブロックは後半シーズンや日本選手権リレーに向け、長距離ブロックは駅伝シーズンに向け。今後も陸上の青学から目が離せない。(記事・竹石季緒 記録・小島早織、下地早穂子 写真提供・因幡弘之様)

〈結果〉

男子2部
【110mH】
予選
〈2組〉 4着 中野昴(国3)  14秒26
準決勝
〈1組〉 8着 中野昴  14秒59

【800m】
予選
〈2組〉 4着 斎藤未藍(経シ1)  1分51秒78
準決勝
〈1組〉 7着 斎藤未藍   1分51秒35

女子1部
【100m】
予選
〈3組〉 2着 上村希実(教3)  11秒96
〈6組〉 1着 足立紗矢香(社4)  12秒02
準決勝
〈2組〉 2着 足立紗矢香  12秒00
〈3組〉 5着 上村希実   12秒47
決勝
6着 足立紗矢香  11秒98=6位入賞

【200m】
予選
〈1組〉 3着 久野なつ(営1)   25秒24
〈5組〉 3着 佐々木梓(教2)   24秒82
〈6組〉 5着 奥村ユリ(教1)   25秒34

【400m】
予選
〈5組〉 5着 奥村ユリ   56秒47

【800m】
予選
〈6組〉 4着 奥田静香(史4)   2分14秒88

【100mH】
予選
〈3組〉 2着 金井まるみ(国政3)  13秒89
〈6組〉 5着 松田彩佳(教3)   14秒66
準決勝
〈3組〉 1着 金井まるみ  13秒75
決勝
2着 金井まるみ  13秒61=2位入賞

【走幅跳】
6位 佐々木明日香(経3)   5m91=6位入賞
14位 今濱美咲(マ3)   5m75

【三段跳】
29位 金子史絵奈(済1)     11m81

【4×100mR】
予選
〈1組〉 2着 青学大(金井-伊藤-佐々木梓-足立) 44秒89 =NGR,青学記録
決勝
4着 青学大(金井-伊藤-上村-足立)   45秒11=4位入賞

【4×400mR】
予選
〈4組〉 3着 青学大(奥田真-奥村-佐々木梓-藤井) 3分47秒72

【1500m】予選
〈1組〉湯原慶吾(史1)3:52.92 5着
〈2組〉生方敦也(教3)3:48.84 4着
〈3組〉髙橋勇輝(国経1)3:52.88 13着

【10000m】決勝

吉田祐也(教3)29:47.93 3着=入賞
鈴木塁人(総3)30:17.50 9着
森田歩希(社4)30:24.09 10着

【5000m】決勝
𠮷田圭太(地2)14:08.75 3着 =入賞
橋詰大慧(史4)14:26.28 10着
小野田勇次(営4)14:27.18 11着