【硬式野球】【硬式野球】勝ち点逃し優勝厳しい状況に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

東都大学野球秋季2部リーグ 対拓大 10月9日~10月10日 於・府中市民球場

前節は投打がかみ合わず精彩を欠いた青学大。優勝するためには勝ち続けるしかない中で迎えた今節は第1戦を先勝したものの、続く2戦を落とし、優勝は厳しい状況になった。

第1戦 青学大7-6拓大

第1戦はまさに総力戦だった。青学大の先発は鈴木駿(聖光学院)。今秋はここまで二刀流での出場だったが、この日は投球に専念するためにDH制の解除はなかった。しかし初回エラーで出したランナーを置いて、拓大3番の野村に左中間への一発を浴びた。ここから守備陣のエラーと四死球でリズムを崩した青学大はこの回6失点。

しかし直後の攻撃で4番三浦(酒田南)の三ゴロ、泉口(大阪桐蔭)の適時打で2点を返し反撃を開始する。

5回には徳本(龍谷大平安)の適時打と山本龍(智辯和歌山)の2点本塁打で3点を返し1点差とする。

投げては救援陣が大活躍。上野(霞ケ浦)が3回2/3、斎藤(聖光学院)が7回のロングリリーフ、武田(木更津総合)が1/3回、山田(桐光学園)、竹本(健大高崎)、森(富山第一)とつなぎ相手打線を無失点に抑える活躍をみせた。

9回裏には9番西川藍(龍谷大平安)が二死二塁から起死回生の一打を放ちついに同点とする。

試合は延長12回、1番山本皓(敦賀気比)が二塁打を放つと、続く徳本が右越えの適時打で試合を決めた。

 

 

第2戦 青学大1-2x拓殖大(延長11回サヨナラ)

前日の勢いで一気に勝ち点を奪いたい青学大は満を持してエース・河端(高岡商)を先発のマウンドへ。

青学大打線は序盤からチャンスを作り、1回1/3で拓殖大先発・大谷(亮)をKO。しかしあと一本が出ず先制点を奪えない。一方、ランナーを出しながらも「要所で冷静にギアを上げられた」と語った河端は要所で三振を奪い四回まで好調・拓殖大打線を0に封じてきたが、五回裏に二本の単打で先制点を奪われる。

すると六回表、青学大打線はすかさず反撃に出る。主将・長野(三重)がヒットで出塁すると盗塁で二進、「昨日の打席でいい感覚がつかめた」と語る一年生井上(日大三)がライトへの同点タイムリー。リーグ戦初スタメンの起用にバットで応えた。

その後試合は膠着状態に入り、青学大打線もチャンスを作りながらも得点を奪えない。一方先発・河端も粘りのピッチングでホームを踏ませず、打線の援護を待ち、試合は延長へ。

しかし延長十一回裏ノーアウトから四球でランナーを置き、拓殖大三番・野村勇に左中間を破られついにサヨナラ負け。河端は「自分が十五回まで粘れれば」と悔やんだが10回0/3を投げて2失点のエースの堂々たるピッチングを誰も責めることはできない。

優勝戦線残留へ、勝ち点のかかる第三戦では打線の奮起が期待された。

第3戦   青学大4-7拓大

第3戦は初回に3番泉口がライトへ先制本塁打を放つも、先発の鈴木駿が3回途中まで3失点と踏ん張れない。

本塁打を放った泉口

6回にはヒットとエラーを絡めて2点を返すと、7回には西川尚がソロホームランを放ち1点差と迫る。反撃ムードの青学大はその裏に河端を投入するが、まさかのツーランホームランを浴び3点差になった。その後の反撃も及ばず勝ち点を逃した。

青学大はこの節を終えて4位と、優勝が厳しい状況になった。次節の国士大戦が4年生にとっては最終戦となる。