【陸上競技】【陸上競技】全日本駅伝まとめ 逆転Vで3冠へ王手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

第50回全日本大学駅伝対抗選手権11月4日 ・熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前

◆結果◆
1位 青山学院大学 5:13:11
2位 東海大学 5:15:31
3位 東洋大学 5:15:57
4位 駒澤大学 5:17:29
5位 帝京大学  5:18:34
6位 國學院大学  5:19:50
7位 法政大学  5:20:21
8位 城西大学 5:20:29
9位 明治大学 5:20:37
10位 神奈川大学 5:21:06
11位 日本大学 5:21:08
12位 日本体育大学 5:21:39
13位 順天堂大学 5:22:14
14位 中央学院大学 5:22:18
15位 早稲田大学 5:23:21
16位 立命館大学  5:24:46
17位 京都産業大学 5:32:23
18位 皇學館大学 5:35:06
19位 愛知工業大学  5:38:14
20位 広島経済大学  5:40:14
21位 第一工業大学 5:40:21
22位 大阪経済大学 5:41:44
23位 札幌学院大学 5:44:34
24位 新潟医療福祉大学 5:46:46
25位 東北大学 5:49:34

◆個人結果◆

1区 小野田勇次(営4) 27:29 (区間3位)
2区 橋詰大慧(史4) 32:21 (区間5位)
3区 鈴木塁人(総3) 34:42 (区間3位)
4区 林奎介(機4)  34:27 (区間2位)
5区 吉田祐也(教3) 36:23 (区間1位)
6区 吉田圭太(地2) 37:29 (区間1位)
7区 森田歩希(社4) 51:36 (区間2位)
8区 梶谷瑠哉(教4) 58:44 (区間3位)

8時5分、全日本駅伝の号砲が鳴り響いた。今回は第50回となる記念大会、区間距離変更も実施された。

青学大、1区を任されたのは当日エントリー変更の小野田。序盤は集団後方についていたが、残り1.5㌔で小野田がスパートをかけて集団が縦に広がった。1区終盤、日本学連の石井が小野田の前に出て惜しくも区間賞は獲得ならなかったが、2位の力走でタスキをつないだ。

小野田

そのタスキを受け取ったのはこちらも当日エントリー変更の橋詰。日本学連・帝京大・東海大とともに先頭集団を形成した。その後、東海大・日本学連が集団を抜け出すと、橋詰は少し間を離され3位で中継所へ。先頭東海大との差は4秒だった。

橋詰

 

3区、青学大からは鈴木が出走。単独で先頭を走る東海大の背中を追うが、なかなか距離を縮めることが出来ず、苦しい表情を見せる。最終的にはその差が37秒に広がり、悔しさをにじませた。

鈴木

続く4区には林。原監督の「4区で勝負」という宣言通り、林が前との距離を縮めていく。雨が強くなり、心配もあったがペースを落とすことなく2位でタスキ渡し。1位との差は26秒に縮まった。

 

林からタスキを受け取った5区は、3大駅伝初出場となる吉田(祐)。先頭との差を広げることなく安定感のある走りを見せ、中継所に。区間賞を獲得し、チームを優勝の波へと導いた。

吉田(祐)

6区は 𠮷田(圭)が出雲駅伝で区間賞を獲得した出走。好走を見せ、前を走る東海大の背中が少しずつ大きくなっていく。先頭との差を11秒にまで縮める快走で区間賞を獲得した。

𠮷田(圭)

 

それを待ち受けていたのは主将の森田。3㌔すぎ、前を走る東海大の背中をとらえると後ろにぴったりと付く。中間点を過ぎると、森田が一気に仕掛けてあっという間に単独トップへ。主将森田の力強い走りで、アンカー梶谷へタスキリレー。2位となった東海大には1分58秒差をつけ、優勝に大きく近づいた。

森田から梶谷へタスキ渡し(提供=東洋大学スポーツ新聞編集部)

梶谷は最長区となる最終8区でトップを独走。伊勢神宮に続くビクトリーロードを駆け抜けた。最終的には2位と2分20秒差をつけてゴール。出雲駅伝に続き、2冠目を獲得したことで、大学駅伝3冠に王手をかけた。

梶谷